イーキャンパー  キャンプをもっと楽しもう!

インフォメーション

この記事は 2016年10月08日 に以下のカテゴリに投稿されました 鉄道.

この記事のタグ

, , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,


ジオラマ作るのにもよいと思うんだな『世界の絶景鉄道』 – 鉄道ファン待望の絶景写真集(パイ インターナショナル )から発刊です

テレビでも番組として成り立つぐらい(時間短いけど)ですからね。

世界中の素晴らしい景色とともに、そこを走る鉄道をとり上げた写真集です。

もちろんその壮大な景色と列車を楽しんでもよいと思うのだけれど、なかなか見ることのできない形式だと思うので、最近楽しんでいる方が増えているようにも思う、鉄道模型のジオラマ作成にもすごく良いのではないかなぁって思う。

このアングルから見たこの景色を N ゲージなりで再現するわけだね。

素晴らしい作品が完成するとよいですねぇ。

多分すごく参考になると思う、写真集『世界の絶景鉄道』がパイ インターナショナルから発刊されます。

鉄道ファン待望の絶景写真集『世界の絶景鉄道』発売
株式会社パイ インターナショナル

株式会社パイ インターナショナル(豊島区)は、2016年10月13日(木)に書籍『世界の絶景鉄道』を刊行いたします。

世界の絶景鉄道 - パイ インターナショナル

世界の絶景鉄道 – パイ インターナショナル

山岳、渓谷、高原、砂漠、断崖絶壁、海・川沿い、田園風景など美しい風景・絶景をさっそうと走る列車を捉えた、ダイナミックな絶景写真集。

~「はじめに」より~
道路交通が発達した現代からは想像しづらいが、近代以降の輸送手段の先鞭をつけたのは鉄道である。輸送路として都市と都市を結ぶためには、当然のように人跡未踏の地にも線路が敷設された。現代のような土木技術がないため、トンネル掘削や橋梁架設はできるだけ避けられたが、それでもやむを得ず造られた構造物には、当時の最大限の技術が惜しみなく導入された。このように自然を切り開きつつも自然との闘いを最小限に止めたことで、鉄道は絶景を生んだ。輸送手段の開拓者だからこそ、鉄道には絶景がよく似合うのである。

誌面イメージ

名瀑に迎えられる尾根へのプロローグ/ゴルナーグラート鉄道(スイス)

名瀑に迎えられる尾根へのプロローグ/ゴルナーグラート鉄道(スイス)

新しい登山電車で火山ドームの頂上へ/ピュイ・ド・ドーム展望鉄道(フランス)

新しい登山電車で火山ドームの頂上へ/ピュイ・ド・ドーム展望鉄道(フランス)

開業の頃の客車も残るアニマス渓谷の鉄道/デュランゴ・アンド・シルバートン狭軌鉄道(アメリカ)

開業の頃の客車も残るアニマス渓谷の鉄道/デュランゴ・アンド・シルバートン狭軌鉄道(アメリカ)

貨物列車が独占する美しい海岸線の鉄路/キウィ・レール南本線(ニュージーランド)

貨物列車が独占する美しい海岸線の鉄路/キウィ・レール南本線(ニュージーランド)

奥羽山脈を越える起伏に富んだ山岳路線/JR東日本陸羽東線(日本)

奥羽山脈を越える起伏に富んだ山岳路線/JR東日本陸羽東線(日本)

書籍概要
書名:『世界の絶景鉄道』
http://pie.co.jp/search/detail.php?ID=4833
仕様:B5判正寸(257×182mm)/ソフトカバー/ 128 Pages (Full color)
定価:(本体1,900円+税)
ISBN:978-4-7562-4833-6 C0072
発売日:2016年10月13日
発売元:パイ インターナショナル

書籍に関するお問い合わせ
株式会社パイ インターナショナル
〒170-0005 東京都豊島区南大塚2-32-4
TEL:03-3944-3981
ホームページ:http://pie.co.jp/
フェイスブック:https://www.facebook.com/pieinternational
ツイッター:https://twitter.com/PIE_BOOKS


コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ