イーキャンパー  キャンプをもっと楽しもう!

インフォメーション

この記事は 2017年03月23日 に以下のカテゴリに投稿されました .

この記事のタグ

, , , , , , , , , , , ,


待望の続編!『続・秩父藪尾根単独行』発行 – これは読ませてもらうのが楽しみです!

みんな同じだったのかと思うと、すごくうれしい。

続編を待っていた皆さんお待たせしました。

秩父藪尾根単独行の続編、続・秩父藪尾根単独行がインプレスホールディングスから、発刊されたそうです。

まだ手元には届いていないのですが、読むのがすごく楽しみです!

秩父の道なき尾根や急登を独り辿る充実感や高揚感『続・秩父藪尾根単独行』発行 YAMAKEI CREATIVE SELECTION『秩父藪尾根単独行』待望の続編!
株式会社インプレスホールディングス

インプレスグループで電子出版事業を手がける株式会社インプレスR&Dと、山岳・自然分野のメディア事業を手がける株式会社山と溪谷社は、新刊『続・秩父藪尾根単独行』(著者:坂井勝生)を発行いたしました。

『続・秩父藪尾根単独行』
http://nextpublishing.jp/isbn/9784635886550

続・秩父藪尾根単独行 - インプレスホールディングス

続・秩父藪尾根単独行 – インプレスホールディングス

著者:坂井勝生
小売希望価格:電子書籍版 1050円(税別)/印刷書籍版 2100円(税別)
電子書籍版フォーマット:EPUB3/Kindle Format8
印刷書籍版仕様:四六判/モノクロ/本文258ページ
ISBN:978-4-635-88655-0
発行:株式会社山と溪谷社

<<発行主旨・内容紹介>>
山と溪谷社が展開する次世代型小部数出版サービス「YAMAKEI CREATIVE SELECTION」からの新刊です。おもに一般の著者向けのラインナップ「Frontier Books」として発行しました。

「私の好む山歩きは登山道を使わず、道なき尾根や谷を上り下りする類のものである。ゆえに登山道を歩く場合より苦労することも多いが、それに見合うだけの充実を得ることも多いのである」

偶然、地図のなかに登山道の空白地帯とも呼ばれる場所を見つけ、以後、魅入られたように秩父の道なき尾根や谷を歩いた著者による貴重な記録です。
2014年に発行し、忽ち話題になった『秩父藪尾根単独行』の待望の続編です。
(本書は、次世代出版メソッド「NextPublishing」を使用し、出版されています。)

<<目次>>
大谷(三等三角点) 中尾から出原へ
三ッ山 バラクチ尾根往復
品刕 伊豆沢左岸尾根から天宮尾根へ
白石山 長合沢から池原へ
三ツドッケ 仙元林道からシャクナン尾根へ
矢岳(二) 近場ノ谷から北尾根へ
篠戸山 事上沢左岸尾根から右岸尾根へ
塚山・土坂峠・大久保山 上武国境を行く
小持山・大持山(二) オクスヤマ沢右岸尾根から西尾根南支稜へ
父不見山 上州万場から武州吉田へ
大ドッケ(二) マツマラ沢左岸尾根からバラモ尾根へ
白岩山 桂谷右岸尾根から猿鼻ノ尾根へ
焼山 牛喰谷左岸尾根から三角山へ
和名倉山 ヒルメシ尾根から仁田小屋尾根へ
二子山 小島沢から甲仁田山、小島沢右岸尾根へ
バクチ小屋 モミ谷左岸尾根からモミ谷ノ頭東尾根へ
長井屋峠道 滝ノ沢から煤川へ
両神・煤川集落北の岩峰 森戸沢二俣中間尾根往復
武川岳 郡界尾根から蔦岩山東尾根へ
品刕(二) 伊豆沢右岸尾根から市町界尾根へ
観音山 飯田から千鹿谷へ
芋掘ドッケン(二) 芝小屋沢左岸尾根から入波沢右岸尾根へ
水松山 白石尾根から長沢山北尾根北西支稜へ
和名倉山(二) ヒルメシ尾根北西支稜からナシ尾根へ

<<著者紹介>>
坂井 勝生(さかい・かつみ)
昭和41年、大阪府に生まれる。大学卒業後、総合商社勤務を経て独立、平成16年に空手道場「坂井道場」を設立し、代表師範として小学生から社会人までを指導している。少年時代に奥高野の山村で単独での藪山歩きや源流釣りを数多く経験、以後は登山から遠ざかっていたが、数年前より秩父や奥秩父で藪山歩きを再開した。

<販売ストア>
電子書籍:
Amazon Kindleストア、楽天koboイーブックストア、Apple iBookstore、紀伊國屋書店 Kinoppy、Google Play Store、honto電子書籍ストア、Sony Reader Store、BookLive!、BOOK☆WALKER
印刷書籍:
Amazon.co.jp、三省堂書店オンデマンド、hontoネットストア、楽天ブックス
※各ストアでの販売は準備が整いしだい開始されます。
※お取り扱いを希望される書店ご担当者様は、「楽天ブックス 書店客注サービス」をご利用いただくことで、1冊単位で仕入れることができるようになりました。
楽天株式会社 「楽天ブックス」書籍チーム
TEL:050-5817-2517/電子メール: bmd-cnt@mail.rakuten.com

【株式会社インプレスR&D】 http://nextpublishing.jp/
株式会インプレスR&D(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井芹昌信)は、デジタルファーストの次世代型電子出版プラットフォーム「NextPublishing」を運営する企業です。また自らも、NextPublishingを使った「インターネット白書」の出版などIT関連メディア事業を展開しています。
※NextPublishingは、インプレスR&Dが開発した電子出版プラットフォーム(またはメソッド)の名称です。電子書籍と印刷書籍の同時制作、プリント・オンデマンド(POD)による品切れ解消などの伝統的出版の課題を解決しています。これにより、伝統的出版では経済的に困難な多品種少部数の出版を可能にし、優秀な個人や組織が持つ多様な知の流通を目指しています。

【山と溪谷社】 http://www.yamakei.co.jp/
(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:川崎深雪)
1930年創業。月刊誌『山と溪谷』を中心に、国内外で山岳・自然科学・アウトドア等の分野で出版活動を展開。さらに、自然、環境、エコロジー、ライフスタイルの分野で多くの出版物を展開しています。

【インプレスグループ】 http://www.impressholdings.com/
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:唐島夏生、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「モバイルサービス」を主要テーマに専門性の高いコンテンツ+サービスを提供するメディア事業を展開しています。

【お問い合わせ先】
株式会社インプレスR&D NextPublishingセンター
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-105
TEL 03-6837-4820
電子メール: np-info@impress.co.jp

株式会社山と溪谷社
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-105 神保町三井ビルディング
TEL 03-6744-1920
電子メール: c-selection@yamakei.co.jp
担当:佐々木

以上

まだ秩父藪尾根単独行をお読みになっていない方は、こちらからどうぞ。

 


コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。