イーキャンパー  キャンプをもっと楽しもう!

インフォメーション

この記事は 2017年04月07日 に以下のカテゴリに投稿されました イベント.

この記事のタグ

, , , , , , , , , , , , , ,


ゴールデンウィークは横浜赤レンガ倉庫がアミューズメントパークになるらしい! – !『Yokohama(ヨコハマ) Frühlings(フリューリングス) Fest(フェスト) 2017』開催

そろそろゴールデンウィークのイベントの情報が出てきていますね。

横浜赤レンガ倉庫前の広場では、ゴールデンウィーク中、広場が遊園地になるそうですよ。

楽しそうなアトラクションが設置され、フードも充実しているこのイベント、!『Yokohama(ヨコハマ) Frühlings(フリューリングス) Fest(フェスト) 2017』、注目です。

うま~くお休みが取れると、9連休になるみたいですが、こんなにお休みできる人は少ないのでしょうねぇ。

遠くにお出かけの方も、いらっしゃると思いますが、近くでも楽しめます!

ゴールデンウィークは横浜赤レンガ倉庫がアミューズメントパークに!『Yokohama(ヨコハマ) Frühlings(フリューリングス) Fest(フェスト) 2017』開催
ご家族で一緒に楽しめる移動遊園地と、ビール・フードでドイツの春祭りを再現2017年4月28日(金)~5月7日(日) 入場無料 *4月28日(金)のみ17:00オープン
株式会社横浜赤レンガ

今年4月にリニューアルオープン15周年を迎える横浜赤レンガ倉庫では、4月28日(金)から5月7日(日)までの計10日間、横浜赤レンガ倉庫イベント広場と赤レンガパークにてドイツの春祭りを再現したイベント『Yokohama(ヨコハマ) Frühlings(フリューリングス) Fest(フェスト) 2017』(入場無料)を開催します。

『Yokohama(ヨコハマ) Frühlings(フリューリングス) Fest(フェスト) 2017』(入場無料)

『Yokohama(ヨコハマ) Frühlings(フリューリングス) Fest(フェスト) 2017』(入場無料)

本施設は、建物の一部がドイツ様式で建造されていることや、横浜港が北ドイツ「ハンブルク港」と姉妹港であることなど、ドイツと縁が深いことから、年間を通じてドイツ発祥とされる様々なイベントを実施しています。「フリューリングスフェスト」とはドイツ語で春(フリューリング)祭り(フェスト)を意味し、長く厳しい冬を耐えたドイツの人にとって、待ちに待った春の到来を祝うイベントです。ビール祭りと移動遊園地がセットになっており、ドイツ各地では家族や仲間とともに春の一日を楽しむ風物詩となっています。

本イベントは、昨年の期間中に40万人*を超える来場があり、日本での馴染みが少ないイベントにも関わらず、横浜エリアではゴールデンウィーク恒例の春祭りとして人気を博しています。* 横浜赤レンガ倉庫2号館の来場者数より

<アトラクションが充実>

海賊船

海賊船

5回目を迎える今年は、例年のドイツビール・フードが中心の構成に加え、アトラクション数を増やし、より本場ドイツのイベントに近づけました。これまではお子様用のみでしたが、全7種のアトラクションのうち、大人の方もお子様と一緒にお楽しみいただけるものを3種類ご用意しております。振り子の動作で上下の浮遊感を楽しめる「海賊船」と、てんとう虫を模った4機の乗り物が旋回する「レディー・バード」が今年初登場。また、昨年ご好評をいただいたドイツ製のメリーゴーランドも、ご家族で乗れる大きさにパワーアップしました。

<日本初上陸や限定提供を含むビール(ドリンク)・フード>

アインガー マイボック ¥1,100

アインガー マイボック ¥1,100

ビールを含むドリンクやフードは、ドイツの春に馴染み深いものや、ハンブルク地方の伝統料理等を中心に、老若男女問わずお楽しみいただけるメニューを展開します。ビールは、3月から5月のみ期間限定で提供される、春を祝うために作られた「アインガー マイボック」と、ドイツ北部の醸造所「メッツェラー」の「ランドビア」が日本初上陸します。「アインガー マイボック」は本イベント限定販売のため、この春、日本ではここだけでしか味わえない希少なビールです。さらに、今年日本初上陸した、ワッフルコーンの中をチョコレートでコーティングし、飲み物等のカップとして楽しむハイブリッドスイーツ「コーンショット」が初登場。神奈川のクラフトビール醸造所「サンクトガーレン」のためにコーンショット専門店「Anywhere Door」がオリジナルでコラボカップを制作。本イベントで初お披露目します。フードは、ドイツで春を告げる野菜と言われている「シュパーゲル(ホワイトアスパラ)」や、港町のハンブルク地方の伝統料理「ラプスカウス」をはじめ、名物のソーセージ・菓子パンの他、フレッシュジュースなど定番メニューもご用意します。フード類は常設席だけでなく、会場周辺の赤レンガパークでは、芝生の上で春の陽気を楽しみながらお召し上がりいただくことも可能です。

例年同様、ビールの提供には、環境に配慮したオリジナルリユースカップを活用(コーンショットでの提供以外)。環境先進国であるドイツに習い、環境に配慮したイベントを目指します。

また、今年もドイツ雑貨や名産品、お持ち帰りできるフード類の販売と、お子様向けのワークショップを開催します。ご来場の思い出や母の日のプレゼントとしてお持ち帰りいただける、オリジナルの雑貨、小物、アクセサリー等の制作をお手伝いします。

「いつ来ても変わらない、けれども、いつ来ても新しい」をコンセプトとする横浜赤レンガ倉庫では、春のドイツ文化を体験できるイベントを通じてゴールデンウィークの新たな楽しみ方をご提案して参ります。

【Yokohama Frühlings Fest 2017(ヨコハマフリューリングスフェスト)イベント概要】
◆期間: 4月28日(金)~ 5月7日(日) 計10日間
*荒天の場合、中止することがあります
*アトラクションは天候によって休業する場合がございます
◆時間: 11:00~21:30(アトラクション・物販店舗は11:00~21:00)
*4月28日(金)のみ17:00~21:30(アトラクション・物販店舗は17:00~21:00)
*一部物販店舗は早く終了する場合がございます
◆料金: 入場無料(飲食代・アトラクション代は別途)
◆場所: 横浜赤レンガ倉庫イベント広場・赤レンガパーク
◆主催: 横浜赤レンガ倉庫(㈱横浜赤レンガ/(公財)横浜市芸術文化振興財団)
◆後援: ドイツ連邦共和国大使館/ドイツ観光局/横浜市文化観光局
◆イベント特設サイトURL:http://www.yokohama-akarenga.jp/yff2017/

アトラクション(抜粋)
ご家族で一緒に楽しめるアトラクションをご用意。会場入口に設置しているので、道路側からのぞく横浜赤レンガ倉庫の眺めは、まるで移動遊園地のような雰囲気が広がります。

海賊船

海賊船

< 【今年初登場】海賊船 >振り子の動きで上下にスイングするスリル溢れる乗り物

レディー・バード

レディー・バード

< 【今年初登場】レディー・バード >てんとう虫が追いかけっこするようなラウンド・ライド

メリーゴーランド

メリーゴーランド

< メリーゴーランド >ピーター・ペッツ氏手作りのアンティーク作品

フード・ドリンク(抜粋)​
今年日本初上陸メニューを含む、ドイツで春に馴染み深い味、ドイツ北部・ハンブルク地方の伝統料理などを中心にご用意しました。今年はノンアルコールのドリンクやスイーツを充実させ、ビールが苦手な方やお子様にもお楽しみいただけるメニューを増やしております。
※写真はイメージです。
※価格は全て税込です。

国産シュパーゲル トリュフアロマのオランデーズソース¥800(1本)

国産シュパーゲル トリュフアロマのオランデーズソース¥800(1本)

< 【数量限定】国産シュパーゲル トリュフアロマのオランデーズソース ¥800(1本)>
ドイツ春の風物詩!栃木県那須高原 から届いたシュパーゲル(ホワイトアスパラ)をシェフが厳選したものを使用。ソースはドイツで定番のオランデーズソースです。

ハンブルガーラプスカウス ¥700

ハンブルガーラプスカウス ¥700

< ハンブルガーラプスカウス ¥700 >
ハンブルク名物の郷土料理。ペースト状のコンビーフとポテトを一緒にまとめた料理です。

アインガー マイボック ¥1,100

アインガー マイボック ¥1,100

< 【日本初上陸】アインガー マイボック ¥1,100 >
横浜赤レンガ倉庫限定で日本初上陸したビール。ホップの香りも芳醇でコクがありアルコール分も高いのが特徴。

コーンショット ¥800

コーンショット ¥800

< 【イベント限定】コーンショット ¥800 >
今年日本初上陸したハイブリッドスイーツ「コーンショット」でバニラ フレーバーのビールを本イベント限定で提供。

オレンジジュース ¥600

オレンジジュース ¥600

パイナップルジュース ¥1,300

パイナップルジュース ¥1,300

< オレンジジュース ¥600・パイナップルジュース ¥1,300 >
生のフルーツの果肉をかき混ぜて作るフレッシュなジュース。

安全面に関するご案内
会場内は防犯カメラや警備員を配置し、お客様が安心してお楽しみいただけるよう安全面に配慮しております。

館内施設のご案内
・授乳室:横浜赤レンガ倉庫 2号館 2F エレベーター奥
・館内の各店舗では、ドイツ・ビール・てんとう虫にちなんだアイテムを販売します。(てんとう虫はドイツで春を呼ぶシンボルとされています。)

以上

そうでしたね。横浜赤レンガ倉庫は今年で15周年を迎えるそうです。

お天気が良ければ、すごく気持ちの良い場所だし、楽しめると思いますよ。


コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。