イーキャンパー  キャンプをもっと楽しもう!

インフォメーション

この記事は 2017年09月10日 に以下のカテゴリに投稿されました アパレル.

この記事のタグ

, , , , , , , , ,


パタゴニアの製造史上、最も軽く、最もコンパクトに収納可能なインサレーション入りジャケット、「マイクロ・パフ・フーディ」新登場

ちゃんとしたダウンを使ったこのようなウエアだと、驚くほど小さく収納できるのですよ。

最初は少しびっくりすると思うけれど、収納するときに、普通は綺麗にたたんでってすると思う。

違うんだなぁ。

袋にガンガン押し込めばいいの。

そのほうが入るから。

あまりウエア関連では、そんなことも起こらないのだけれど、羽毛の寝袋とかだと、絶対にこのほうが効率的。

入れりゃいいのよ。いれりゃ。

パタゴニアから非常に上質なって同社のものはすべてが上質(お値段もね)だけど、小さく収納できるジャケットが販売されますよ~

でもこの製品は、化繊なのですね。特別に開発されたものだそうです。

パタゴニアの製造史上、最も軽く、最もコンパクトに収納可能なインサレーション入りジャケット、「マイクロ・パフ・フーディ」新登場
パタゴニア日本支社

アウトドア企業のパタゴニア社 (本社: 米国カリフォルニア州ベンチュラ、日本支社: 神奈川県横浜市)は、この秋、パタゴニアの製造史上、最も軽く、最もコンパクトに収納可能なインサレーション入りジャケット「マイクロ・パフ・フーディ」の販売を開始しました。パタゴニアの直営店(一部アウトレットストアを除く)およびウェブサイト<Patagonia.jp>でお求めいただけます。

マイクロ・パフ・フーディ - パタゴニア

マイクロ・パフ・フーディ – パタゴニア

ほぼ10年を費やして化繊インサレーションの限界を再考した末に、パタゴニアはパイクロ・パフ・フーディの開発に至りました。それは当社の製造史上最も軽く、最もコンパクトに収納可能なインサレーション入りジャケットとなり、ダウンと化繊それぞれの最高の特質を超軽量な素材構造で提供します。パタゴニアはこれまでに達成することのできなかった保温性と軽量性とコンパクト性のバランスを、プルマフィルという革新的な化繊インサレーションの採用により実現。それに組み合わせた特許申請中の独自の縫製技術は、ウェアの寿命の続くかぎり中綿のズレや片寄りを防止します。

「ダウンは濡れると熱を封じ込めるためのロフトを失いますが、その一方で化繊は温かさとコンパクトさにおいてダウンと同等のレベルには到達していませんでした。そのことを念頭に、パタゴニアの研究開発チームは長年の調整を重ね、素材とインサレーションをさまざまに組み合わせ、それらのフィールドテストを繰り返しました。それぞれのインサレーションにおける弱点を解決する方法を探していた私たちは、プルマフィルにたどり着くまでに、テクノロジーの採用を何十と見送ったことでしょうか。そして私たちはこれまでに成し遂げることのできなかった理想的なバランスを、マイクロ・パフ・フーディに見出しました。ダウンと化繊の両方の優れた利点を真に最大化することができたのです」
―― ジェナ・ジョンソン(パタゴニア・グローバル・テクニカル・アウトドア VP)

パタゴニアがプルマフィルを採用するのはこれがはじめてです。この化繊インサレーションは熱を閉じ込める安定した独自構造のマイクロ・フィラメントの撚糸により、ダウンと同じ保温性とコンパクト性を提供しながら、濡れても温かさはそのままという化繊の機能性は維持します。これを超軽量なナイロン製のパーテックス・クアンタム GLの織り素材と組み合わせることで、ダウンのような感触を得るとともに、非常にコンパクトに収納可能になりました。

中綿を押さえてズレや片寄りを防止するための独自の解決策を編み出すために、パタゴニアのデザインチームは「イノベーション・フォージ」と呼ばれる社内施設で無数のバージョンに取り組みました。そこで開発されたオフセットで断続的な縫い目のパターンは、キルティングのポイントを減らし、より多くのロフト部分を設けながら、ジャケット全体の軽量化とコールドスポットの削減を達成。少ない数で大きめのパターンを使用するデザインの採用により、ジャケット内の熱が妨げられることなく循環し、一貫した保温性を提供します。

「過去9か月間、山への遠征にはほぼ必ずマイクロ・パフを持参しています。これはパタゴニアが開発したなかでもとくに刺激的な新製品のひとつで、僕の意見では、このジャケットが他と一線を画す点は、その軽さに対する抜群の温かさだと思います。はじめて手にした人のほとんどは、化繊ではなくダウンだと思い込んでしまいます」
―― コリン・ヘイリー(パタゴニア・アルパインクライミング・アンバサダー)

マイクロ・パフ・フーディにはこの他にも、2つのジッパー式ハンドウォーマーポケット、左側は本体を収納しスタッフサックとして使用可能で、補強済みのカラビナ用ループ付きといった特長があります。メンズとウィメンズのどちらのスタイルもご用意。パタゴニアの直営店(一部アウトレットストアを除く)およびウェブサイト<Patagonia.jp>でお求めいただけます。

マイクロ・パフの詳細は、特設ページ<WWW.PATAGONIA.JP/MICROPUFF>でご覧いただけます。

メンズ・マイクロ・パフ・フーディ ¥39,960(税込) 重量:264g(Mサイズ)
ウィメンズ・マイクロ・パフ・フーディ ¥39,960(税込) 重量:227g(Sサイズ)

メンズ・マイクロ・パフ・フーディ

メンズ・マイクロ・パフ・フーディ

ウィメンズ・マイクロ・パフ・フーディ

ウィメンズ・マイクロ・パフ・フーディ

Photo_Christian Pondella

Photo_Christian Pondella

■ 会社概要
パタゴニア社 Patagonia, Inc.
米国カリフォルニア州ベンチュラに本社を置くアウトドア企業のパタゴニアは、1973年、イヴォン・シュイナードによって設立されました。Bコーポレーションとして認証され、「最高の製品を作り、環境に与える不必要な悪影響を最小限に抑える。そして、ビジネスを手段として環境危機に警鐘を鳴らし、解決に向けて実行する」をミッションとしています。パタゴニアは確かな製品品質へのコミットメントと環境に関する活動において国際的に知られ、これまでに8,900万ドル以上を助成金や製品寄付として提供しています。

パタゴニア日本支社 Patagonia International Inc.,Japan Branch
所在地  :神奈川県横浜市戸塚区川上町91-1 BELISTAタワー東戸塚5階
設立年月日:1988年8月23日
日本支社長:辻井 隆行
公式ウェブサイト: www.patagonia.jp

■ お客様お問い合わせ先
パタゴニア日本支社 カスタマーサービス (受付時間:月~日 9:00~17:00)
フリーコール:0800-8887-447 (通話料無料)
IP電話サービス/携帯電話専用:045-435-6100 (通話料有料)
所在地:神奈川県横浜市戸塚区川上町91-1 BELISTAタワー東戸塚4階

以上

フードが付いているので、アウターで使うことを想定している?

火のある所では、使わないほうが無難かも。

暖かそう。

中綿が、化繊だと、どうも安物っぽく感じるかもしれないけれども、最近のものはとても暖かくなっているし、水にぬれたりした時の乾燥も早いのですね。

おそらくは、今後の主流となっていくのでしょうね。


コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。