イーキャンパー  キャンプをもっと楽しもう!

インフォメーション

この記事は 2017年11月21日 に以下のカテゴリに投稿されました お酒.

この記事のタグ

, , , , , , , , , , , , ,


ビールの本格入門書[ビール大全]販売開始 – 世界的に有名なビア・ライターによる本格入門書

これは面白そうな書籍。

ビール大全。

世界的に有名なビア・ライターが書いた、ビールの入門書ですって。

少しお値段はするみたいだけれど、年末年始に読んだりしたら良いかも。

ビールの本格入門書[ビール大全]販売開始
世界的に有名なビア・ライターによる本格入門書
株式会社北澤企画事務所

プロフェッショナル バーツール専門店 BAR TIMES STORE[バータイムズ ストア]は、世界的に有名なビア・ライターによる本格入門書、書籍「ビール大全 」の販売を開始いたしました。

ビール大全 - バータイムズ ストア

ビール大全 – バータイムズ ストア

書籍「ビール大全 」(出版社: 楽工社)は、伝統的なビールから、新潮流の”クラフト・ビール”。歴史、ビアスタイル、醸造法から、化学、テイスティング法、食べ物との組合せ方といった、多様なビールの世界をまるごと網羅しています。ありきたりの情報ではない、深い知識が身につく定番書です。世界的に有名なビア・ライターによる本格入門書、待望の邦訳!ぜひ、BAR TIMES STOREにてお買い求めください。

価格:6,264円(税込)
●単行本: 304ページ
●著者:ランディ・モーシャー
●日本語版監修:一般社団法人 日本ビアジャーナリスト協会
●翻訳者:土岐田 明日香
●出版社: 楽工社
●発売日: 2017年8月

BAR TIMES STORE [オンラインストア]で販売しております。
http://www.bar-times-store.com/
商品ページ 書籍「ビール大全」
http://www.bar-times-store.com/products/detail1707.html

【目次】
第1章/ビールの物語
第2章/五感による吟味
第3章/ビールの醸造法と、その風味を表わす語彙
第4章/ビールの品質
第5章/テイスティング、品評、査定
第6章/ビールのプレゼンテーション
第7章/ビールと食べ物
第8章/スタイルの分析
第9章/英国のエール
第10章/ラガーのグループ
第11章/大陸部のエール、ヴァイスビール、エールとラガーのハイブリッド
第12章/ベルギーのビール
第13章/アメリカほかのクラフト・ビール
第14章/もう一杯

ランディ・モーシャー(著)
世界的に著名な米国のビア・ライター。自らビールを作る醸造家でもある。ビールの専門誌に精力的に寄稿するかたわらで、専門知識と醸造家としての経験を活かして、〈シーベル学院〉(ビールの醸造法に関する教育機関としては、米国で最も歴史があり、一流とされている)の講師も務める。本書は〈シーベル学院〉での講義を基にして執筆されたもの。原著は刊行後、本格的なビール入門書の定番としての地位を確立。一般のビールファンに広く読まれるのみならず、ビール業界で働くプロからも高い評価を得た──例えば本書は、米国で広く認知されているビア・ソムリエ資格〈Cicerone〉(シスローン)を取得する際の副読本として、多くの業界人に利用されてきている。著者は、ビール評論の先駆者として名高い故・マイケル・ジャクソンや、米国最大のビール醸造家の団体〈ビール醸造家協会〔Brewers Association:BA〕〉の創設者チャーリー・パパジアンとも長きに渡る親交があり、〈ビール醸造家協会〉の理事を務めたこともある。イリノイ州シカゴ在住。

一般社団法人 日本ビアジャーナリスト協会(日本語版監修)
醸造者と消費者の間に立ちビールの素晴らしさ広く伝えるための活動を目的に、ビール評論家の藤原ヒロユキによって設立された。付属機関としてビアジャーナリストアカデミーを運営し、ビアジャーナリストの育成にも力を入れている。本書に関しては、代表の藤原ヒロユキ、ビアライター富江弘幸が監修作業を行った。

※上記内容は本書刊行時のものです。

様々な角度からビールの深い知識が身に付く

様々な角度からビールの深い知識が身に付く

多様なビールの世界をまるごと網羅

多様なビールの世界をまるごと網羅

ビール大全 - バータイムズ ストア

ビール大全 – バータイムズ ストア

以上

少し前に、頂き物をして、それが「世界のビール」ってのだったんだよね。

本物の瓶ビールがたくさん入っていたのだけれど、こういったのを飲みながら、こんな書籍をめくってみるとよいのかも。


コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。