イーキャンパー  キャンプをもっと楽しもう!

インフォメーション

この記事は 2017年11月28日 に以下のカテゴリに投稿されました 鉄道.

この記事のタグ

, , , , , , , , , , ,


今なお走る「被爆電車」のビジュアルブック発売 – 原爆投下3日後に運行再開したという市電

実は広島って、ゆっくり行ったことがないんだ。

行かなきゃいけないっとは思っているのだが、どうも出張とかそんな用事でしかいったことがない。

この路面電車に関しても、話は知っていたので、観てみたい、乗ってみたいのではあるのだが、なかなか出かけられなくってね。

この路面電車、被爆した3日後には運転を再開していたという、奇跡の路面電車なのですね。

そんな「被爆電車」のビジュアルブックが発行されるそうです。

【新刊】原爆投下3日後に運行再開。今なお走る「被爆電車」のビジュアルブック発売
『被爆電車75年の旅』(株)ザメディアジョンプレス
東京恒産株式会社

広島の”営業運行される歴史モニュメント”が1冊の本に。

被爆電車75年の旅 - ザメディアジョンプレス

被爆電車75年の旅 – ザメディアジョンプレス

株式会社 ザメディアジョンプレス(本社:広島県広島市西区/代表取締役社長:田中朋博)は、2017年11月23日(木)、広島電鉄開業105周年の日にあわせ、ビジュアルブック 『被爆電車75年の旅』を発売する。

被爆電車75年の旅 - ザメディアジョンプレス

被爆電車75年の旅 – ザメディアジョンプレス

広島の路面電車は、原爆投下の3日後から2両が運行を再開。以降、90両を超す車両が続々と復旧し、戦後の復興を支えてきた。うち3両はいまなお街を走り、「広島の誇り」とも呼ばれている。
本書はこの《被爆電車》にスポットを当て、車両メカニズムや来歴を描くとともに、検証記事や関係者のインタビューを通して、その実像に多角的に迫る。

被爆電車75年の旅 - ザメディアジョンプレス

被爆電車75年の旅 – ザメディアジョンプレス

【書籍情報】
『被爆電車75年の旅』
2017年11月23日(木)発売
著者:小野塚謙太(東京恒産株式会社)
装幀:ほうとうひろし
本体価格:2500円(税別)/A4判/フルカラー/全136頁
販売:Amazon

及び、広島県を中心とした全国の一部主要書店
発行:(株)ザメディアジョンプレス
協力:広島電鉄(株)

ページはフルカラーで、200点超の写真図版を掲載。広島を撮りつづけたカメラマン・明田弘司や、天才鉄道写真家・真島満秀の作品も多数含まれている。戦中、人員不足をおぎなうため、14~17才で乗務した元・少女車掌たちのロング・インタビューは必読。
また、元・少女運転士の孫がネットで発表し、話題となった戦争体験マンガ『原爆に遭った少女の話』も全編収録されている。

「被爆電車650形イラスト図解」抜粋

「被爆電車650形イラスト図解」抜粋

「第一章 歴史編」扉

「第一章 歴史編」扉

「路面電車はいかにして、3日で復旧されたのか?」抜粋

「路面電車はいかにして、3日で復旧されたのか?」抜粋

「第二章 証言編」扉

「第二章 証言編」扉

コラムやマンガも掲載

コラムやマンガも掲載

広島の復興を追うグラビアページには貴重写真が満載

広島の復興を追うグラビアページには貴重写真が満載

早世した天才鉄道写真家・真島満秀の作品も多数収録

早世した天才鉄道写真家・真島満秀の作品も多数収録

イラストギャラリー

イラストギャラリー

充実の関係者インタビュー

充実の関係者インタビュー

「路面電車でめぐる広島の街ガイドマップ」抜粋

「路面電車でめぐる広島の街ガイドマップ」抜粋

映画 『この世界の片隅に』 がロングランヒットとなり、戦時中の暮らしと平和についての関心が高まっている昨今。「被爆電車が見てきた原爆の惨禍と都市の復興、そして数々の人間ドラマを伝える本書は、電車ファン・歴史ファン以外の一般層にも訴求するもの」と同社はコメントしている。

以上

凄いよね。

壊滅的な打撃を受けたにもかかわらず、3日後には運転していたなんて。

電気はあったということなのか・・

なんか、北の方では、このところ少し静かではあるが、相変わらずきな臭い感じ。

忘れちゃいけないと思うけれど、それを繰り返しってまだ始まってはいないけれども、すごく悲しい感じがします。

もしも・・起こったら、大変なことになるんですよ。


コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。