イーキャンパー  キャンプをもっと楽しもう!

インフォメーション

この記事は 2018年02月24日 に以下のカテゴリに投稿されました スポーツ.

この記事のタグ

, , , , , , , , , , ,


『横濱SUPマラソン 2018』- 横浜の吉田新田を SUP でマラソン 3月4日開催!

元々は、横浜の関内のあたりを埋め立てするために作られた、川と聞いていたけれど。

そんな場所で、SUP (スタンドアップパドルサーフィン)で、マラソンするという大会が、3月4日開催されます。

まだ寒いのにねぇ。

完成350周年を迎えた吉田新田を辿ります! 『横濱SUPマラソン 2018』 ~ 3月4日(日曜日)に開催 ~
横浜SUP倶楽部

3月4日(日)、吉田新田をSUPで辿るマラソンレース『横濱SUPマラソン2018』を開催いたします。

横濱SUPマラソン2018 - 横浜SUP倶楽部

横濱SUPマラソン2018 – 横浜SUP倶楽部

■イベント概要
『横濱SUPマラソン2018』は、横浜市の中心部である関内・関外地区の発展に貢献してきた吉田新田(大岡川・中村川・堀川)を辿る、マラソンコース22キロ、ハーフマラソンコース11キロと国内有数のロングディスタンスのSUPレースです。
参加者には吉田新田の歴史に触れていただくと共に、見学者には日ノ出町から石川町を経由して元町で折り返すコースの川沿いの遊歩道や20本以上ある橋の上で、迫力あるレースをご覧いただきたいと考えております。

・日時:2018年3月4日(日曜日)9:00スタート(予定)
・場所:日ノ出町~石川町~元町(大岡川~中村川~堀川)
・参加者:約60名(予定)

■お問合せ先:横浜SUP倶楽部 柿澤(かきざわ)090-3502ー2701

■SUP(スタンド・アップ・パドルボード)について
大きめのサーフボードのようなボードの上に立ち、パドルで漕ぐ新しいウォータースポーツです。1960年代、ワイキキのビーチボーイズらによって、大きなサーフボードの上でオール(パドル)を使い漕ぐ乗り方が生まれました。
長距離を移動する事も可能で、海・川・湖など水辺があれば、子供から高齢者まで誰にでも楽しめる新しいマリンスポーツとして注目され、近年 欧米を中心に日本においても各地で人気が高まっています。

■横浜SUP倶楽部について
横浜で毎日SUPができる環境づくりを目指して、大岡川桜桟橋を拠点に活動しています。安全で楽しめるスクールやクルージング、レースやイベント、さらに ランニングやヨガなど多種目とコラボしたスポーツイベントなどを通して、SUPの楽しさを伝えると共に、フィットネススポーツとしてSUPを日常に取り入れた新しいライフスタイルを提案しています。
また、こうした活動を進めるために、川の美化活動や水域の安全利用のルール作りにも地元住民の皆様と共に積極的に取り組んでいます。
HP:http://yokohamasup-club.com/

以上

まぁ、SUP だから、立っているわけで、落ちなければ良いかもしれないけれど、羽越っとスーツだと、風に吹かれているよりも、水の中に入ってしまったほうが、暖かいかも。

参加者の方は、大変でしょうけれど、頑張ってください。

もう少し暖かい時期だとよいのにね。


コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。