イーキャンパー  キャンプをもっと楽しもう!

インフォメーション

この記事は 2018年03月18日 に以下のカテゴリに投稿されました お酒.

この記事のタグ

, , , , , , , , , , ,


『アサヒ グランマイルド』2018年4月17日 新発売 – ゆっくり楽しめるアルコール7%のビール

暖かくなってくると、新しいビールも出てきますよね。

アサヒから、もう少し先だけれども、おいしそうなビールが出てくるそうです。

『アサヒ グランマイルド』2018年4月17日(火)新発売
ゆっくり楽しめるアルコール7%のビール
アサヒビール株式会社

アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 平野伸一)は、ビールの新たな需要の創出を目指し、ゆっくり楽しめるアルコール7%のビール新商品『アサヒ グランマイルド』を2018年4月17日(火)に全国で新発売します。

アサヒ グランマイルド

アサヒ グランマイルド

『アサヒグランマイルド』は、これまでのビールにはない新たな需要を創出するために、時間をかけゆっくり楽しむ飲用価値を追求しました。
時間をかけゆっくり楽しむ飲用価値に対するお客様のニーズは、「おいしさの持続性」と「高アルコール」です。これまでの高アルコールビール類は、時間の経過と共に“もったりとした穀物香”や“アルコール臭”が際立ってくるといった特性があり、ゆっくり時間をかけて楽しむことが難しいという課題がありました。そのような中、当社は高アルコールでありながら時間をかけて楽しめる味わいをつくりだすため、2つの特許技術を活用しました。
1つは、ビールの定義の改正※で使用可能となる副原料を使い、香気をコントロールすることで、主に“もったりとした穀物香”の低減を可能にする技術です。もう1つは、原料となる麦芽から“アルコール臭”を抑制する効果のある成分を抽出する技術です。
『アサヒ グランマイルド』は、この2つの技術を活用することで、食後などのくつろぎのシーンと相性の良い、柔らかなコクが続く味わいを実現しました。
※2018年4月よりビールの定義の改正が実施されます。その中のひとつとして、副原料の規制が緩和され、果実や一定の香味料などが使用可能になります。(使用する麦芽の重量の5%の範囲内に限る)。
アサヒビール㈱は、ビールの定義の改正※を好機ととらえ新素材の積極的な活用を進めるとともに、確かな技術に裏付けられたイノベーションあふれる商品開発を通じてビール市場の活性化と新市場の創造に取り組んでいきます。

以上

お花見の時期には、(関東地方は)間に合わないけれど、きれいなブルーの缶が目引きますね。

とてもきれいな感じがするけれど、7%のアルコールだから、結構ガツンと来るのかな?

興味深いことが書いてあるけれど、アルコール分が多いビールは、風味が変わるので、速く飲んだほうが良いと・・そうか!


コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。