イーキャンパー  キャンプをもっと楽しもう!

インフォメーション

この記事は 2018年03月23日 に以下のカテゴリに投稿されました 登山.

この記事のタグ

, , , , , , , , , , , , , , ,


手ぶらにもなれちゃう傘登場! – ドイツ・ブランドの雨具「スウィング・ハンドフリー」と「テレスコープ・ハンドフリー」が日本上陸

この場合、自転車だとどうなるんだ?

わからないけど、傘さしているときは、普通は片手しか使えないから、これはスゴイアイデアかも?

ドイツのブランドということなので、質実剛健にできていそうな感じ(イメージね)もするし、クラウドファンディングも絶好調ですでに Success!してる。

「手ぶら」にもなれる!ドイツ・ブランドの雨具「スウィング・ハンドフリー」と「テレスコープ・ハンドフリー」が日本上陸。クラウドファンディング・サイトで先行予約開始
〜こんなシンプルなシステムで傘を固定。雨の中でも濡れずに両手が自由になれば、もう雨だって面倒じゃない 〜
T-M TRADING

アウトドア関連商材の輸入を手掛けるT-M TRADING(東京都青梅市)は、ドイツ・ブランドEuroSchirm(ユーロシルム)の雨具「スウィング・ハンドフリー」と「テレスコープ・ハンドフリー」の日本での正規販売を開始します。トレッキング用として雨天でも手ぶらで使えるように開発された傘ですが、日常的にも使えるシーンがたくさん。一般販売に先駆けクラウドファンディング・サイトMakuakeにて3/19(月)に先行予約受付がスタートしました。

EuroSchirm スウィング・ハンドフリー(カラー展開9色)

EuroSchirm スウィング・ハンドフリー(カラー展開9色)

EuroSchirm テレスコープ・ハンドフリー(カラー展開10色)

EuroSchirm テレスコープ・ハンドフリー(カラー展開10色)

★どんなシーンで使えるのか

  • ママ、パパにとって大変な雨の中保育園の送り迎えで。また一緒に買い物などのお出かけにも。
  • 山歩きの雨具として。両手ストックや一眼レフカメラでの撮影も。
  • 通勤通学、買い物などで荷物が多いとき。
  • 怪我や障害で手に持って傘をさせないとき。
  • 雨だと気が重くなる外回りのお仕事で。メモ書きをしたり、濡らさずにタブレットの操作も可能。
  • 要介護者送迎時など、介助するときでも両手が使え、貢献できる。

◆カッパではダメなの?
雨の中、手ぶらになるためには「カッパを着る」という方法もあります。実際に登山用雨具として防水透湿素材でできたレインウェアはよく利用されています。ただ防水透湿性の機能が高いとされるレインウェアですら、生地が体と密着することから生じるムレや、水の侵入による濡れを避けることはできません。何より「脱ぎ着が面倒」と言う声も聞かれます。また手など、体以外の部分は雨が当たります。傘であれば、そうした不快感や面倒はありません。

◆革新的でシンプルなシステムとは?
今まで考えられてきた傘の固定システムは、どれもが普通の傘をどこに、如何にして固定するかということに腐心していたように思われます。ユーロシルムのハンドフリーはそれとは観点がまったく違っています。革新的と言えるのは傘の柄を伸びるようにしたこと。安定して傘を固定するためには柄は長い方がいい、と気付いたのです。伸縮式のため手に持ってさすこともできます。手ぶらになりたいときは、肩とウェストの2点を固定するだけ。とてもシンプルですが、他には見られない非常にオリジナリティがあるシステムとなっています。

◆使い方3つのステップ
ウェストベルトの付いたザックを背負って使うのがベストです。
準備:ザックの肩の部分に付属品の「ショルダークリップ」を巻いておきます。

使い方3つのステップ

使い方3つのステップ

①傘を開いたら、ウォーキング用ストックと同じ要領で持ち手をクルクルと回すと柄が伸びます。適度な長さで絞めます。
②巻いておいた「ショルダークリップ」に、傘の柄をパチンと付けます。折り畳み3段式のテレスコープは真ん中の2段目を付けます。
③ザックのウェストベルトに、持ち手に付いているコードを通して、ウェストベルトのバックルを止め、コードロックを絞めます。最後に傘を最適な位置に調整してください。

※手ぶらでの使用時の位置調整例

手ぶらでの使用時の位置調整例 

手ぶらでの使用時の位置調整例

◆ユーロシルムのハンドフリー雨具、3つ(+α)の特徴

ユーロシルムのハンドフリー雨具、3つ(+α)の特徴

ユーロシルムのハンドフリー雨具、3つ(+α)の特徴

①キャノピー(生地部分):耐引裂性ポリエステルと縫合部は二重縫製。テフロン・コーティングされ、水だけでなく、ドロ汚れまではじく最高水準の撥水力。だから閉じるときもひと振りで水滴が飛ぶ。

②フレーム、シャフト(骨組みと柄):柔軟性のある高密度グラスファイバーと一部プラスチックを使用し、しなって壊れにくい。強靭さと軽さを併せ持つ。金属はいっさい使われておらず、錆など耐腐食性もあり。

③ハンドル(手持ち部分):高密度EVA樹脂を使用。濡れても滑らず、手になじむから、持たなくてもいいのに持ちたくなる。EVA樹脂は燃やしてもダイオキシンの発生しない無公害素材。

+α メーカー2年保証:初期不良、または欠陥が原因で壊れるなどがあった場合、2年間は無償にて交換対応。無理な使い方や故意的に壊したとき、また並行輸入品については保証対象外。

◆晴雨両用のUVプロテクション・コーティング・タイプ

UVプロテクションUPF50+(カラーは外面シルバー・メタリック、内面ブラック)

UVプロテクションUPF50+(カラーは外面シルバー・メタリック、内面ブラック)

上記雨傘の機能にプラスして、UVプロテクション・コーティングを施した、晴雨両用タイプも同時にリリースします。こちらは国際的な品質認証機関であるテュフラインランドにて紫外線カットの数値であるUPF50+の認証を受けています。また、外面シルバー・メタリック加工と内面ブラック・コーティングによる遮光遮熱効果で、日陰部分を冷涼に保つので、熱中症対策になります。

★どんなシーンで使えるのか

  • 運動会など、日陰のないアウトドアのイベントで、両手を使って撮影。
  • 肌荒れが気になる強い日射、突然の豪雨、どちらにも一本でOK。

◆製品データ

製品データ

製品データ

【スウィング・ハンドフリー】
全長:(閉じたとき)最短長 76㎝ ~ 110㎝ 最大長(柄を伸ばした時)
直径:114㎝
重さ:366g
予定販売価格:
〈シングル・カラー4種類〉10,190円(税込み)
〈マルチ・カラー5種類〉 10,480円(税込み)
〈UVプロテクション〉10,600円(税込み)

【テレスコープ・ハンドフリー】(折り畳みタイプ)
全長:(閉じたとき)最短長 48㎝ ~ 96㎝ 最大長(柄を伸ばした時)
​直径:109㎝
重さ:389g
予定販売価格:
〈シングル・カラー5種類〉11,640円(税込み)
〈マルチ・カラー5種類〉 11,940円(税込み)
〈UVプロテクション〉12,200円(税込み)

テレスコープ・ハンドフリー使用イメージ

テレスコープ・ハンドフリー使用イメージ

◆ドイツ・ブランド ユーロシルム
ドイツのウルムにて1919年に創業の老舗傘メーカーで、ユーロシルムとして独自ブランドを展開しています。スポーツ業界向けに革新的な傘を開発、ユーロシルムのトレッキング用雨具はヨーロッパを中心にシェアを広げています。その代表的モデルである【スウィング】シリーズのうち、スウィング、スウィング・ライトフレックス、スウィング・フラッシュライトの3モデルや、他のいくつかのトレッキング用雨具については日本で正規販売されており、すでに高い評価を獲得しています。今回それらとは異なるモデルで、日本での正規取扱いのない【スウィング・ハンドフリー】と、折り畳みタイプの【テレスコープ・ハンドフリー】に、他にないオリジナリティを見出し、弊社にて正規販売を予定しています。クラウドファンディングMakuakeで先行リリースとなります。

◆クラウドファンディングMakuakeのプロジェクト
URL:https://www.makuake.com/project/tmtrading_euroschirm/
プロジェクト名:「傘を持つ」から解放された!雨でもこどもとお買い物!ドイツ・ブランドのハンドフリー傘
プロジェクト期間:2018年3月19日(月)~2018年5月14日(月)
支援コース:予定販売価格の約20%OFFにて先行予約受付中
・早期お届け数量限定【スウィング・ハンドフリー】先着100本
・早期お届け数量限定【テレスコープ・ハンドフリー】先着100本
・早期お届け数量限定【UVプロテクション】各10本
・早期お届け数量限定【スウィング・ハンドフリー】【テレスコープ・ハンドフリー】ペア 先着10ペア
※早期数量限定(合計220本と10ペア)は6月中旬お届け予定
・限定数量を越えた支援分は、8月下旬~順次お届けの予定です。

※一般販売開始はクラウドファンディング支援分のお届けが全て完了した後となります。

◆T-M TRADINGについて
・所在地:東京都青梅市梅郷2-478-4
・URL:http://tmclimb.com/
・事業内容:「アウトドアの感動を共有する」ために、アウトドア関連商品の輸入・販売を行っています

以上

体に縛り付ける感じだけれど、天笠みたいに被るとかいう発想はなかったみたいだね。

バックパックを背負うのならって大きく書いとかないと、誇大広告になっちゃうんじゃないのか?

登山する人や、カメラを使う人は、確かに便利かもしれませんね。

 


コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。