イーキャンパー  キャンプをもっと楽しもう!

インフォメーション

この記事は 2018年04月19日 に以下のカテゴリに投稿されました 旅行.

この記事のタグ

, , , , , , , , , , , , ,


軍港・横須賀の歴史クルーズ 6月2日開催 – 自衛隊艦艇や旧日本軍の遺構を『丸』編集部とたどる(産経新聞社)

なかなか貴重な機会かもしれない。

横須賀に行くと、陸からもこういった景色は見ることが出来るけれど、クルーズしてってのは、なかなかないかもしれませんね。

軍港・横須賀の歴史クルーズ 6月2日開催 自衛隊艦艇や旧日本軍の遺構を『丸』編集部とたどる
産経新聞社

産経新聞社は6月2日(土)、「軍港・横須賀の歴史クルーズ~月刊誌『丸』編集部とたどる」ツアーを開催します。チャーター船で海上自衛隊の艦艇などを見学するほか、猿島に上陸して旧日本軍の要塞遺構を訪ねるツアーで、参加者を募集中です。参加費は1人5600円。問い合わせはWEB『産経たびぶ(旅行部)』(https://tabi.sankei.co.jp/)などで受け付けています。

長浦港に停泊する護衛艦群。左から、掃海母艦「うらが」、試験艦「あすか」、右奥に潜水艦救難母艦「ちよだ」

長浦港に停泊する護衛艦群。左から、掃海母艦「うらが」、試験艦「あすか」、右奥に潜水艦救難母艦「ちよだ」

ツアーではまず、日露戦争の日本海海戦に参加し、現在は三笠公園で保存されている記念艦「三笠」内の講堂で國學院大学文学部兼任講師、高村聰史氏の講演会を実施し、軍港都市の歴史を概説してもらいます。その後、三笠桟橋からチャーター船に乗船し、長浦港に停泊する海上自衛隊艦船や、東京湾の中央で戦時中首都防衛にあたった砲台「第二海堡」を見学します。

さらに横須賀沖の猿島に上陸して旧日本軍の要塞遺構を訪ね、三笠桟橋に戻って解散となります。解散後、記念艦三笠に再入場・自由見学することができます。

■「軍港・横須賀の歴史クルーズ~月刊誌『丸』編集部とたどる」ツアー概要■
【日時】6月2日(土)8時40分、三笠公園(京浜急行横須賀中央駅下車徒歩15分)集合 ※小雨決行、雨天中止
【行程】三笠公園~記念艦「三笠」(講演会) ~自衛隊横須賀基地(船上から見学) ~第二海堡(船上から見学) ~猿島上陸~三笠桟橋帰着(解散)~記念艦「三笠」自由見学 ※所要時間3~4時間
【参加費】1人5600円
【特典】『丸』最新号を当日お渡し
【募集人数】先着120人
【問い合わせ】サンケイツアーズ(電話03-5283-8250)
WEB『産経たびぶ(旅行部)』(https://tabi.sankei.co.jp/

以上

猿島にも上陸するのですね。

貴重な建造物も見ることが出来ると思いますよ。

その時によって、入っている艦船が違うと思うけれど、それも楽しみだから・・


コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。