イーキャンパー  キャンプをもっと楽しもう!

インフォメーション

この記事は 2018年08月16日 に以下のカテゴリに投稿されました くるま.

この記事のタグ

, , , , , , , , , , ,


セーリングワールドカップシリーズ江の島大会にあわせ、江の島周辺公道で自動運転バスの実証実験を実施

これ、なんだか良い感じ、何かのためにこれをやるってはっきりしてる。

1964年の東京オリンピックのときは、みんな歩いて江ノ島に渡ったのかなぁなんて思ってしまった。

自動運転のバスで輸送を行おうと準備中で、9月に行われるセーリングワールドカップシリーズ江の島大会で、小田急電鉄が実証実験を行うそうですよ。

セーリングワールドカップシリーズ江の島大会にあわせ、来場者を輸送します!9月6日~16日 江の島周辺公道で自動運転バスの実証実験を実施
~次世代モビリティサービスの検証を進めます~
小田急電鉄株式会社

小田急電鉄株式会社(本社:東京都新宿区 社長:星野 晃司)と小田急グループの江ノ島電鉄株式会社(本社:神奈川県藤沢市 社長:楢井 進)は、2018年9月6日(木)から16日(日)まで、神奈川県と連携し、江の島周辺の公道において、自動運転バスの実証実験を実施します。

実験車両(イメージ)

実験車両(イメージ)

本実験は、神奈川県が取り組む「ロボット共生社会推進事業」の推進と、小田急グループにおけるバスの自動運転の検証のため実施するものです。セーリングワールドカップシリーズ江の島大会の開催にあわせて、一般モニターを募集し、SBドライブ株式会社(本社:東京都港区 社長:佐治 友基)の協力のもと、江ノ電バスの運行区間を一部延長し、「江ノ島海岸バス停」~「小田急ヨットクラブ」間で実験車両を走行させます。

運行ルート

運行ルート

小田急電鉄株式会社では、2018年3月に代々木上原-登戸間の上下線を2本ずつに増やす複々線を完成させ、これに伴うダイヤ改正により、抜本的な輸送改善を図りました。さらに快適な移動サービスの実現を目指し、安全・安心という普遍的な価値を揺るぎない土台としながら、未来テクノロジーを活かし、グループが一体となって「会いたいときに、会いたい人に、会いに行ける」次世代モビリティサービスを創出し、先進的なまちづくりを推進してまいります。

江の島周辺公道で自動運転バスの実証実験を実施」の詳細は下記のとおりです。

1 日程
2018年9月6日(木)~16日(日)
※一般モニターの試乗は、9月11日(火)~16日(日)
※天候・災害等の理由により、中止になる場合があります

2 運行ルート
江ノ島海岸バス停 ⇔ 小田急ヨットクラブ(江の島島内)
(約1km)

3 運行時間
平日 10:00~16:00 往復6本
土日 10:00~15:10 片道5本(小田急ヨットクラブ発のみ)

運行時間(平日)

運行時間(平日)

運行時間(土日)

運行時間(土日)

4 内容
一般車両や自転車、歩行者が行き交う環境での自動運転バスの走行検証および自動運転バスの実用化に向けたサービス面の検証を行います。

5 実験車両
日野ポンチョをベースにした自動運転車両を用いて、レベル3(※)相当で走行します。
※限定条件の下で、システムが全ての運転タスクを実施し、システムが要請したときのみドライバーが対応する

6 乗車方法について
自動運転バスへの乗車は、8月14日(火)から事前予約制・先着順にて応募を受け付けます(募集人数450名程度、無料)。
 Yahoo!乗換案内からのご予約
スマートフォンアプリ「Yahoo!乗換案内」において、9月11日(火)~9月16日(日)に日付指定をして「小田急ヨットクラブ/江ノ電バス自動運転」を目的地に設定すると、ルートが表示されます。「バス予約サイトへ」のボタンをタップし、予約サイトからご予約ください。
 予約サイトから直接予約
下記URLの予約サイトから直接ご予約ください。
https://buscatch.jp/dtod/enoshima.php 

以上

自動運転のレベル3とは、条件付き自動運転ってやつですね。

レベルは5まであって、5は完全自動運転ってことなので、まだ上に2段階あるってこと。

たしかこのレベル3になると、もしもの際の責任は、自動車メーカーにあるとされると記憶しているけど。

特定の条件下ではあるけれど、運転のすべてをシステムが行うという、自動運転のレンベルですね。

ただし、まだ、一つ上のレベル4までは、ドライバーは必要なので、じゃ、運転すればっとも思っちゃうかもしれないけれど、技術の粋を集めても、今のところはこのレベルなのですね。

でも、着実に進化していることは確かです。


コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。