イーキャンパー  キャンプをもっと楽しもう!

インフォメーション

この記事は 2018年09月03日 に以下のカテゴリに投稿されました mixs のお気に入り.

この記事のタグ

, , , , , , , , , , ,


国内のカエル全48種類を網羅したカエル図鑑の決定版!

もう少し早くお知らせしたほうが、良かったかも。

夏休み終わっちゃったものね。

すみません。

超本格的、カエルの図鑑が登場です。

なかなかおもしろいですね。

国内のカエル全48種類を網羅したカエル図鑑の決定版!
成体だけでなく幼体・幼生(オタマジャクシ)・卵も全種収録。
株式会社 文一総合出版

株式会社 文一総合出版(東京・新宿/代表取締役社長・斉藤 博)は、最新の分類に基づいたカエル図鑑「日本産カエル大鑑」(定価:本体27,000円+税)を8月8日(水)に発売しました。
本書は、国内で確認されているカエル全48種(亜種)を収録したカエル分類の決定版です。1999年発行「改訂版 日本カエル図鑑」の内容を見直し、DNA情報の解析などによって明らかにされた最新の分類学的知見を反映しました。
両棲類を研究される方はもちろん、水辺の調査や保全に携わる人にとっても欠かせない1冊となっています。

日本産カエル大鑑

日本産カエル大鑑

国内に棲息するカエル48種類を全種収録
動物や植物の分類と同様、DNA解析による研究でカエルの分類も大きく進展しました。本書では最新の分類学的知見に基づき、国内産のカエル全48種類について詳しく解説しています。1999年(「改訂版 日本カエル図鑑」)以降に記載された種、外来種(アフリカツメガエル)も収録しました。

目次

目次

標準的な形態・色彩だけでなく変異も充実
成体の写真は側面・背面・腹面・手足を同一ポーズで全種掲載。多数個体を掲載することで、産地や個体による色彩や斑紋の変異を充実させました。タイプ産地の個体を数多く収録している点も分類を理解するうえでは価値ある資料となっています。

卵・幼生(オタマジャクシ)・幼体も全種掲載
卵から成体までの主要なライフステージの写真をすべて網羅しました。成体の写真と同様に幼生と幼体も白バック写真で掲載しています。とくに幼生は側面・上面・下面・正面写真を収録しており、種間の比較がしやすくなっています。

図版ページ

図版ページ

解説ページ

解説ページ

カエルの基本的な情報も詳しい
世界と日本のカエルの概説、棲息環境・保全といった生態の概論も充実しており、基本を学びたいという人にも役立ちます。棲息環境、繁殖期の様子、鳴く姿などを収めた生態写真も数多く掲載しているため、写真を楽しむこともできます。

生態写真ページ1

生態写真ページ1

生態写真ページ2

生態写真ページ2

両棲類研究の第一線で長年活躍される著者が、国内のカエルに関する分類学的知見は当然のこと、生態学や保全に関わる国内外の膨大な資料を改めて精査。そのうえで、最新の研究結果を踏まえ各種の形態・生活史・生態・分類などを詳しく解説しました。これまでのカエル研究が凝縮された圧倒的な情報量で、国内でもっとも詳しいカエル図鑑となっています。

見返しには河鍋暁斎記念美術館所蔵、暁斎筆「風流蛙大合戦之図」を使用しています。

掲載種(掲載順)
■ピパ科
アフリカツメガエル

■ヒキガエル科
ニホンヒキガエル/アズマヒキガエル/ナガレヒキガエル/ミヤコヒキガエル/オオヒキガエル

■アマガエル科
ニホンアマガエル/ハロウエルアマガエル

■ヒメアマガエル科
ヒメアマガエル

■ヌマガエル科
ヌマガエル/サキシマヌマガエル/ナミエガエル

■アカガエル科
ツシマアカガエル/リュウキュウアカガエル/アマミアカガエル/タゴガエル/オキタゴガエル/ヤクシマタゴガエル/ネバタゴガエル/ナガレタゴガエル/ニホンアカガエル/エゾアカガエル/ヤマアカガエル/チョウセンヤマアカガエル/トノサマガエル/トウキョウダルマガエル/ナゴヤダルマガエル/ツチガエル/サドガエル/ウシガエル/オキナワイシカワガエル/アマミイシカワガエル/ハナサキガエル/アマミハナサキガエル/オオハナサキガエル/コガタハナサキガエル/ヤエヤマハラブチガエル/オットンガエル/ホルストガエル

■アオガエル科
カジカガエル/リュウキュウカジカガエル/シュレーゲルアオガエル/モリアオガエル/オキナワアオガエル/アマミアオガエル/ヤエヤマアオガエル/シロアゴガエル/アイフィンガーガエル

商品仕様
書名 日本産カエル大鑑

著者 松井正文(まつい・まさふみ)
昭和47年信州大学繊維学部卒業、昭和49年京都大学大学院理学研究科動物学教室修士課程修了、昭和50年同博士課程中途退学、同年京都大学教養部生物学教室助手、昭和62年同助教授、平成3年京都大学大学院人間・環境学研究科助教授、平成10年同教授、平成27年同名誉教授。

写真 前田憲男(まえだ・のりお)
1947年、高知県安芸郡生まれ。自然写真家。日本写真家協会会員・日本自然科学写真協会会員。著書に『声が聞こえる! カエルハンドブック』(共著)や『田んぼのいきものたち「カエル」』(共著)などがある。

発行年月日 2018年8月8日(水)
定価 本体27,000円+税
ISBN10 4-8299-8843-6
ISBN13 978-4-8299-8843-5
判型 A4判変型(220mm×297mm)
ページ数 272ページ
電子版 なし
発行所 文一総合出版(東京・新宿)

本書のお求めはこちら
文一総合出版 https://www.bun-ichi.co.jp/tabid/57/pdid/978-4-8299-8843-5/Default.aspx
アマゾン

honto https://honto.jp/netstore/pd-book_29143031.html
楽天ブックス https://books.rakuten.co.jp/rb/15535257/
紀伊国屋BookWeb https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784829988435
うみねこ通販 http://hakubutsudo.shop-pro.jp/?pid=133463540
このほか、全国の書店でお求めいただけます。

以上

両棲類だから、観察していても、なかなか面白いのですね。

卵からオタマジャクシになって手が出て足が出て尻尾がなくなって・・なんてね。

冒頭の48種って、日本のカエルの種類の数も知らなかったけど。


コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。