イーキャンパー  キャンプをもっと楽しもう!

インフォメーション

この記事は 2019年06月23日 に以下のカテゴリに投稿されました その他.

この記事のタグ

, , , , , , , , , , ,


《 人気美術作家・蛾売りおじさん 初の著書!! 》刺繡作品で魅せる!かわいく、美しく、ときに妖しい「蛾」の世界が楽しめる一冊。

普通は、これが飛んでくると、男性でも、ぎゃ~ってなるよね。

けばけばしいし、(物によっては)でかいし。

なかなか迫力がある。

でも、昔から花札とかにも出てくるし、もしかしたら、綺麗って思っていたのかもね。

蛾。

なんだけど、それを刺繍で再現したという、綺麗な書籍です。

《 人気美術作家・蛾売りおじさん 初の著書!! 》刺繡作品で魅せる!かわいく、美しく、ときに妖しい「蛾」の世界が楽しめる一冊。
株式会社誠文堂新光社

株式会社誠文堂新光社(東京都文京区)は、2019年7月1日(月)に、『蛾売りおじさんのめくるめく蛾の世界』を刊行いたします。

蛾売りおじさんのめくるめく蛾の世界

蛾売りおじさんのめくるめく蛾の世界

昆虫好きや博物学好きから熱狂的な支持を得る美術作家・蛾売りおじさんの初めての著作。

鱗粉を刺繍糸に置き換え、蛾への愛を込めて一針一針刺した超絶技巧の刺繍作品の数々が満載。
生態観察からはじまる制作秘話をはじめとした、蛾への偏愛ぶりをしめすエッセイも収録。

蛾売りおじさんのめくるめく蛾の世界

蛾売りおじさんのめくるめく蛾の世界

蛾売りおじさんのめくるめく蛾の世界

蛾売りおじさんのめくるめく蛾の世界

つぶらな瞳とウサ耳のような触角がかわいいと定評があるカイコをはじめ、宝石のように美しいサツマニシキ、ペルシャ絨毯のような魅惑的な装いで春を告げるイボタガ、枯葉に隠れる“蛾界”の忍者ムラサキシャチホコなど、個性豊かな蛾、全44種を紹介します。

監修は国立科学博物館動物研究部の神保宇嗣氏。氏自身も中学時代に蛾に魅了されて以来、蛾の世界にハマっていったという。また、蛾界において圧倒的な存在感を示すブログ「蛾色灯」の飯森政宏氏によるコラムも掲載。

優美で妖しくも、モフモフでかわいい蛾の世界へあなたをいざないます。

蛾売りおじさんのめくるめく蛾の世界

蛾売りおじさんのめくるめく蛾の世界

蛾売りおじさんのめくるめく蛾の世界

蛾売りおじさんのめくるめく蛾の世界

蛾売りおじさんのめくるめく蛾の世界

蛾売りおじさんのめくるめく蛾の世界

蛾売りおじさんのめくるめく蛾の世界

蛾売りおじさんのめくるめく蛾の世界

【著者プロフィール】
蛾売りおじさん(がうりおじさん)

蛾をモチーフにした刺繍や絵などの作品を制作する、刺繍担当と絵担当の2人組。散歩しながら蛾を探すのが日課。蛾をデザインしたグッズも制作している。ギャラリーでの展示を中心に活動し、生き物系、アート系の即売会にも出展する。蛾の印象向上に努めている。

【書籍概要】
書 名:蛾売りおじさんのめくるめく蛾の世界—もふもふでかわいく優美 刺繍で魅せるモス図鑑
著 者:蛾売りおじさん
仕 様:A5変判、144ページ
定 価:本体1,600円+税
配本日:2019年7月1日(月)
ISBN: 978-4-416-51954-7

【書籍のご購入はこちら】
紀伊國屋書店:https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784416519547
楽天ブックス:https://books.rakuten.co.jp/rb/15907253/?l-id=search-c-item-text-01
ヨドバシ.com:https://www.yodobashi.com/product/100000009003140641/
Amazon:

honto:https://honto.jp/netstore/pd-book_29667795.html
オムニ7:https://7net.omni7.jp/detail/1106996388

【書籍に関するお問い合わせ先】
株式会社 誠文堂新光社
〒113-0033 東京都文京区本郷3-3-11
ホームページ:http://www.seibundo-shinkosha.net/
フェイスブック:https://www.facebook.com/seibundoshinkosha/
ツイッター:https://twitter.com/seibundo_hanbai

以上

そう。

綺麗なんだよね。

なんであんなに綺麗な発色になるのか、不思議だよなぁ。

作品の題材としては、面白いと思うけれど、なんかその、やっぱりイメージ悪いかも。

でも面白い。

子供の頃、カイコをもらってきて、毎日近くのカイコの木から、葉っぱもらってきて買っていたのだけれど、脱皮して、カイコを作り、蛹になって、飛べない白い蛾が出てくるのね。

結構、可愛かったけどな?

モスバーガーのモスは、Mountain なので、モスラとは違うのね。


コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。