イーキャンパー  キャンプをもっと楽しもう!

インフォメーション

この記事は 2015年03月23日 に以下のカテゴリに投稿されました 旅行.

この記事のタグ

, , , , , , ,


「第2回 NEXCO東日本 どんぶり王座決定戦!」決勝大会の実施結果

良い季節になってきて、これから車で出かける事も多くなると思うのですが、おそらく誰もが利用すると思う高速道路の SA (サービスエリア)。

そのサービスエリアのどんぶりグランプリというのが、あるのです。

これらのどんぶり飯は、どれも地元特産の食材を生かした特長有るどんぶりですので、ちょっと覚えておいて、出かけたときに食べてみてください。

実はこのグランプリ、もう2回目の開催となって、先日結果が発表されたので、お知らせしたいと思います。

二代目(にだいめ)”茨城(いばらき) VICTORY丼(どん)

二代目(にだいめ)”茨城(いばらき) VICTORY丼(どん)

【グランプリ】
[茨城ブロック] 常磐自動車道 友部SA(上り線)
「“二代目(にだいめ)”茨城(いばらき)の VICTORY丼(どん)」1,240円(税込)
販売時間/11:00~21:00
<主な食材>
豚肉【つくば美豚】(茨城県産)、さば干物(茨城県大洗町加工)、真蛸(茨城県産)、しらす(茨城県日立市久慈町産)、卵(茨城県産)、納豆【雪あかり】(茨城県水戸市加工)、醤油(茨城県産)、米(茨城県産こしひかり)、野菜(茨城県産)
<セールスポイント>
昨年の「NEXCO東日本 どんぶり王座決定戦!」で初代グランプリに輝き、今や3万食のご愛食を誇る「“茨城を食べつくそう”栄光の丼」の二代目登場。「つくば美豚」「森寅の干物」「久慈浜産のしらす」「茨城県産の野菜」を一つの丼に表現しました。

【準グランプリ】 2品(順不同)

「二楽丼(ふたらくどん)」

「二楽丼(ふたらくどん)」

[青森・岩手・秋田ブロック]東北自動車道 前沢SA(下り線)
「二楽丼(ふたらくどん)」1,080円(税込)
販売時間/24時間
<主な食材>
牛肉【前沢牛(A5~A4ランク)】(岩手県産)、米(岩手県産ひとめぼれ)、根わさび(岩手県産)、昆布(岩手県・三陸産)、ジャガイモ、かぼちゃ(主に岩手県産)、ホウレンソウ(国産)、濃口醤油(岩手県産)
<セールスポイント>
岩手の恵まれた山・陸・海の幸を表現したく、食材にこだわりました。地元のブランド牛「前沢牛」の旨みを活かした焼肉丼は絶品です。〆には三陸の食材でとった出汁と岩手県産根わさびでお茶漬け風にもお楽しみいただけます。1杯の丼に岩手の美味さが満載です!

[千葉・神奈川ブロック]館山自動車道 市原 SA(下り線)
「市原 宝石丼(いちはらほうせきどん)」2,800円(税込)
販売時間/10:00~20:00

市原 宝石丼(いちはらほうせきどん)

市原 宝石丼(いちはらほうせきどん)

<主な食材>
伊勢海老(千葉県産)、黒あわび(千葉県産)、まぐろ、いわし、あじ、スズキ、タコ、イカ、金目鯛、アナゴ、煮はまぐり、いくら、カツオ、しらす、玉子焼、米(酢飯)
<セールスポイント>
千葉県房州産「伊勢海老」や「黒あわび」など千葉の海で獲れる豊富で新鮮な魚介を使用。つけダレには千葉県名産落花生で作った特製落花生ダレや180年の歴史ある宮醤油などを使用。米は千葉県産コシヒカリを使用しています。

【審査委員特別賞】 2品(順不同)

[宮城・福島ブロック]東北自動車道 阿武隈 PA(上り線)
「白河高原清流豚の豚唐みぞれ丼 870円(税込)
販売時間/7:30~19:30

白河高原清流豚の豚唐みぞれ丼

白河高原清流豚の豚唐みぞれ丼

<主な食材>
豚肉【白河高原清流豚】(福島県白河市産)、醤油【蔵出し別撰醤油】(福島県白河市産)、大根、糸唐辛子
<セールスポイント>
「白河高原清流豚」は白河市農産物ブランド認証産品第一号に認証されたブランド豚です。そのブランド豚を使用した“から揚げ”と、地元の根田醤油の醤油をベースに作ったオリジナルの甘酢タレをかけたメニューです。

[栃木ブロック]東北自動車道 上河内SA(上り線)
「うんめぇ~!とちぎの恵味(めぐみ)丼(どん)」 980円(税込)
販売時間/24時間

うんめぇ~!とちぎの恵味(めぐみ)丼(どん)

うんめぇ~!とちぎの恵味(めぐみ)丼(どん)

<主な食材>
ローストビーフ【とちぎ霧降高原牛】(栃木県産)、豚肉【那須郡司豚】(栃木県産)、蒟蒻(栃木県鹿沼市産)、ニラ(栃木県産)、米(栃木県宇都宮市産しらさぎ米)、キムチ
<セールスポイント>
栃木県が誇るブランド牛「とちぎ霧降高原牛」のローストビーフと売店やレストランで人気の「那須郡司豚」、栃木県産の野菜、鹿沼産の蒟蒻などを使った豚キムチ炒めを組み合わせた贅沢な丼。

見事上位に入ったのは、上の作品です。どれもおいしそうですね~

そのほかにも決勝戦に進出したのが下記のどんぶり。

[北海道ブロック]札樽自動車道 金山 PA(下り線)
「い~いか丼(どん)」 850円(税込)

[宮城・福島ブロック]磐越自動車道磐梯山 SA(下り線)
「The豚丼(ぶたどん)・會津の香り(あいづのかおり)」950円(税込)

[群馬・長野ブロック]上信越自動車道 横川SA(上り線)
「赤城鶏(あかぎどり)のタルタル親子(おやこ)」880円(税込)

[埼玉ブロック]関越自動車道 上里SA(上り線)
「赤城鶏(あかぎどり)の鳥(とり)めし丼(どん)」 900円(税込)

[新潟・富山ブロック]磐越自動車道  阿賀野川 SA(下り線)
「もちぶたミルフィーユチーズタレかつ丼(どん)」 890円(税込)

[新潟・富山ブロック]関越自動車道 越後川口 SA(上り線)
「魚沼(うおぬま)いろ鶏(とり)丼(どん)」 800円(税込)

これらもすごくおいしいのでしょうね。

各地の特産食材を生かしたサービスエリアで食べる事の出来る、おいしいどんぶりのお話でした。

お値段も安いので、試してみてね。

 


コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。