イーキャンパー  キャンプをもっと楽しもう!

インフォメーション

この記事は 2011年02月03日 に以下のカテゴリに投稿されました mixs のお気に入り, お料理, ごはん.


スモークベーコンの作り方

時々ね。作るのですが、先週末はちょっと集まりがあったので、おつまみにスモーカーを使ってベーコンを作りました。
これ、大変好評で、ウチには丸ごとかじって食べちゃう怪物くんもいるんです。(ムスコです)

スモークベーコン

できあがりはこんな感じ。おいしそうでしょ!

それでは作り方

0,材料
・お肉は豚バラ肉の塊 大きさは適当でよいですが、スモーカーに入らないと話にならないので、適切な大きさをご用意下さい。
・ソミール液の材料
水 1リッター
塩 50グラム
コンソメ 1粒
ローレル 2~3枚
ニンニク 1辺をつぶしたもの
白粒コショウ 15粒ぐらい

1,ソミュール液を作ります。
まぁ検索すると、沢山出てくること。でもこれは、オリジナルでいいんです。参考程度に・・
要するに、お肉に下味を付ける為にこの液につけるって事ですね。
これは usako 先生?の担当です。
上記の材料をおなべに入れて、一度煮立てて冷まします。
これでソミュール液は完成!

2、肉をソミュール液につけ込みます。
お肉を漬け込む前に、ホントは肉刺し機のような道具がよいのですが、無ければフォークで刺してソミュール液が良くしみこむように穴をあけます。適当でOKです。
冷ましたソミュール液の中にお肉を入れます。
味をしみこませるために、1昼夜ぐらいでしょうか。つけ込みます。

3,漬け込んだお肉を、陰干しして、水気を取ります。
これもだいたい半日ぐらいでしょうか?

上記の行程は、前に日の晩につけ込んで、10時ぐらいから、14時ぐらいまで水気を取るために、陰干ししました。

4、さて、いよいよスモークをかけます。
好みのチップを用意して(今回はりんご)、スモーク皿に入れ、したからバーナーであぶって煙を出します。
お肉はまだ生の状態ですから、温度を少し高めにしてあげて、お肉に火が通るようにします。

スモークします

スモークします

もくもくと煙が出てきてここまで来ると、スモークしてる!って感じがしてきますねぇ。臭いもいい感じです。
火加減は、ボウボウもしてもしょうがないので、弱火にして下さい。温度が上がらない際には、スモークチップを入れないで、温度を上げて、お肉を調理しちゃいます。これが熱燻ですね。
ちなみに、既に食べられる状態の食材にスモークをかけるのを温燻といいます。スモークチップではなくて、スモークウッドなどを使うと簡単にできます。温燻のほうは、初めての方でも比較的簡単にできますよ。また別の機会に紹介しますね。(チーズとか)

お肉の様子を見ながら、色のつき具合や、お肉の中まで火が通っているか確認します。
いい色!ってなってきたら、お肉の厚めの部分をすぱっと切って、中を確認して下さい。

いい感じ!

だったらできあがり。色などお好みもあるので、このあたりはお好み次第です。

おいしそうでしょ

おいしそうでしょ

できあがると、すぐに食べたくなる・・のが普通だと思いますが、1日寝かせて落ち着かせると、もっとおいしいです。

チャーハンに入れても、炒め物に入れても、キッシュに入れても、売ってるベーコンとは訳が違うので、スモークの香りがして、とってもおいしいです。

from mixs


コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。