イーキャンパー  キャンプをもっと楽しもう!

インフォメーション

この記事は 2015年04月19日 に以下のカテゴリに投稿されました イベント.

この記事のタグ

, , , , , , , ,


マルちゃん冷し中華予報 – キャンペーンサイトが開設されました

ん~

夏が近づくと、やっぱり食べたくなるのは冷たい麺類。

冷や麦、そうめん、冷やしおそばとか冷やしうどんもいいけれど、やっぱり冷やし中華が一番いいかな?

っと個人的には思う。

マルちゃん冷し中華予報

マルちゃん冷し中華予報

マルちゃんから、マルちゃん冷やし中華予報という、キャンペーンサイトが開設されているので、紹介します。

面白いのが、上記のような、冷やし中華前線という、桜の開花予測でも見た事のあるような、大体この時期からおいしく食べられますよという前線が地域によってひかれているのと、サイトでは、こんな感じで、その日の気温などから推測すると思われる、冷やし中華指数ってのが表示されている点。

冷やし中華指数

冷やし中華指数

記録的なおいしさ!ってこんな日にこのページを見たら、必ず食べたくなってしまいますよぉ。

これ、ビッグデーターも活用しているようだけど、麺のプロである東洋水産と天気のプロであるウェザーマップが組み、“冷し中華始め時”を本気で会議!と言うのだから、この本気度がわかります。

3月某日、ウェザーマップ会議室にて、マルちゃんブランドでおなじみの東洋水産と、毎年高精度のさくら開花予想を発表している気象会社ウェザーマップが、“冷し中華始め時”について本気で会議を行いました。
東洋水産の商品担当者は会議の冒頭、全国主要都市の涼味麺の購買データを片手に「冷し中華は真夏に食べられるものだという認識が広まっているが、実は春からでも美味しく食べられるので、その認識を変えたい!」という熱い想いをぶつけ、ウェザーマップは自社の持つ過去30年分の各種気象データと、気象予報士5名の幅広い知見をフルに活かし、数時間にも及ぶ白熱した議論を展開し、“冷し中華始め時”を決定しました。

おもしろい!

■気象会社ウェザーマップの気象予報士である多胡安那が“冷し中華前線(冷し中華始め時)”を解説!
暑くなると無性に食べたくなる冷し中華。一般的に冷し中華という言葉から7月、8月を連想される人が多いですが、消費動向と気象状況の相関性を分析した結果、実は冷し中華の始め時は、4月下旬頃からであることが判明しました。
気象予報士の多胡安那の解説では「今年の3月は全国的に平年より気温が高く、北日本と東日本でかなり高くなりました。特に、北日本では記録的な暖かさとなり、統計開始以来、3月としては最も高温になるなど、季節先取りの暖かさとなりました。今年の冷し中華の始め時は、全国的に4月下旬頃からになりそうです。この時期はまだ寒暖差はあるものの、ゴールデンウィーク頃は例年、暑いくらいに感じる日もあります。日ごとにパワーアップする日差しを感じながら、夏先取り気分を楽しむのに、冷し中華はもってこいです。また、2015年の夏は、日本に暑さをもたらす太平洋高気圧が東日本と西日本を中心に広く覆うため、“夏らしい夏”になる所が多く、猛暑になる日もありそうなので、冷し中華を美味しく食べられる日が長く続きそうです。」としています。
また、「盛り付けの最後に、カリカリに焼いたベーコンと揚げたニンニクチップを載せる食べ方がオススメです。たくさんの具材を楽しめる冷し中華は、その食感の違いも魅力です。弾力ある麺と、しゃきしゃきとした野菜、食べ応えのあるハムとともに、カリッとしたものを加えることで、食感にパンチが生まれます」と、多胡はオススメの冷し中華の食べ方も紹介しています。

ほほぉ。そうなんだ。これってきっとスーパーで販売する人や、冷やし中華を出してるお店なども参考になるでしょうねぇ。

少し、このページを続けて見てみようかなぁと思います。

おっと!

マルちゃんのマルちゃん冷し中華予報のキャンペーンサイトはこちらです。

今日は既に沖縄と鹿児島では指数3でおいしく食べれると予報されています。


コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。