イーキャンパー  キャンプをもっと楽しもう!

インフォメーション

この記事は 2015年07月04日 に以下のカテゴリに投稿されました キャンプ用品.

この記事のタグ

, , , ,


虫に刺されたら、冷やす / 暖める ? どっちだろう – 暖めてかゆみを抑える【虫さされヒーラー】登場

普通はお医者さんに聞くと冷やすといわれると思うのですが、こういうのもあるのですねぇ。

むかしむかし、どかちんのバイトをしていて、蚊に刺されて痒いといっていたら、こうすれば痒くなくなるっていわれて、たばこの火を押しつけられそうになりました。
マジでびびったんだけど、ではなくて、たばこの火をしばらく近づけておくとかゆみが治まるよって教えてもらった事があります。

こちらの製品【虫さされヒーラー】という製品ですが、先端の金属部分が50℃ぐらいの温度になり、患部にそれをあてていると、かゆみが治まるという製品。

【虫さされヒーラー】- サンコー株式会社

【虫さされヒーラー】- サンコー株式会社

こんな感じで使います。

【虫さされヒーラー】- サンコー株式会社

【虫さされヒーラー】- サンコー株式会社

商品の説明には、

人体は、蚊が吸血時に出す唾液にアレルギー反応してヒスタミンを生成するが、痒みが発生するのはこのヒスタミンによって引き起こされる血管拡張などによるもの。
本製品は先端部に50℃まで加熱されるヒーターが内蔵されており、患部に接触させることで血流量を減らし、かゆみを抑制する。アウトドアでの利用を想定した作りで、単3乾電池3本で動作する。

と記載されています。

でもこれ、案外身近なもので、代用も出来るのですよ。

それはティースプーンを使う方法。

ティースプーンを熱湯の中に入れるなどして、暖めておいて、ヤケドしない程度の温度である事を確認して、スプーンの外側を痒いところに押し当てるだけですけどね。

まぁ、どうなんですか、科学的にこれがその通りであるか、脳がとちくるっちゃって、痒いのか熱いのかわからなくなってしまうのかは、わかりません。

まぁでも、効果はあるような気がしますが、あまりひどいようだったらとか、後からじわじわと痒くなってくる場合は、冷やした方が良いのだろうと思うし、加えてそんな時には必ず専門医で診てもらって、塗り薬や場合によっては飲み薬を処方してしまった方が良いと思います。

どうなのでしょうねぇ。これ。

ちまたのデング熱とかの騒動(注意は必要だけどね)に乗じた製品かな・・

だったら、刺されないような工夫が一番いいと思うのだけどな。

アマゾンでも売っていますけど、自己責任でって事でお願いします。

すばらしく効果があるのなら、いいんだけどね。
一応こんなのもありますよと言う事で紹介します。

メーカーの製品ページはこちらにあります。


2 Comments

  1. 西村工
    2015年9月8日

    これでなんですか?分かりにくいですね!

  2. mixs
    2015年9月8日

    西村工さん コメントをいただき有り難うございます。使ったことがないので、本当に痒みが消えるのかどうかは不明ですが、虫にさされてかゆい患部を局所的に温めて痒みを毛相当いう商品ですね。面白いとは思います。

コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。