イーキャンパー  キャンプをもっと楽しもう!

小澤征爾さん!おめでとう!「ラヴェル:歌劇 こどもと魔法」初のグラミー賞 受賞!

ずっとノミネートされていたことは知っていたのですが、初の受賞!

小澤征爾さん!

おめでとうございます。

調べてみると、過去8回もノミネートされていたのですねぇ。

ちなみに今年の最優秀オペラ・レコーディング賞のノミネート作品は以下の通り。(出典:WOWOW)

2016 グラミー賞 - 最優秀オペラ・レコーディング -WOWOW

2016 グラミー賞 – 最優秀オペラ・レコーディング -WOWOW

80歳にして初の受賞。

ご本人も喜んでいらっしゃるかな?

最近は体調がすぐれないとのニュースも聞いていたけれども、元気な姿を見せてほしいものですね。

アメリカ音楽界最高の栄誉とされるグラミー賞の授賞式が2月16日に行われ、小澤征爾さんが指揮した楽曲が最優秀オペラ・レコーディング賞を受賞しました。

最優秀オペラ・レコーディング賞を受賞したのは、小澤征爾さんが指揮した歌劇「こどもと魔法」を収録したアルバム。「こどもと魔法」は、魔法をきっかけに、いたずらっ子が優しい心を取り戻す物語で、アルバムには、2013年に長野県松本市で行われた公演が収録されているそうです。

アルバムの発売元によると、小澤さんは今回が8回目のグラミー賞ノミネートで、80歳にして初めての栄冠とのことです。

素晴らしい!

ユニバーサルミュージック合同会社(本社:東京都港区、社長兼最高経営責任者(CEO):藤倉尚 / 以下、ユニバーサル ミュージック)は、第58回グラミー賞にてユニバーサル ミュージックより発売中の作品、小澤征爾「ラヴェル:歌劇 こどもと魔法」がクラシック部門「ベスト・オペラ・レコーディング」賞を受賞いたしました。

ベスト・オペラ・レコーディング賞受賞 - 小澤征爾さん

ベスト・オペラ・レコーディング賞受賞 – 小澤征爾さん

第58回グラミー賞は、2016年2月15日(日本時間16日)に米・ロサンゼルスにて開催され、小澤征爾がクラシック部門「ベスト・オペラ・レコーディング」賞を受賞いたしました。
この作品は2013年のサイトウ・キネン・フェスティバル松本(現セイジ・オザワ松本フェスティバル)で行われた公演をライヴ収録したもので、小澤征爾にとって80歳にして初のグラミー賞受賞となりました。
これまで1969年以来7つのアルバムでグラミー賞にノミネートされていましたが、受賞は今回が初めてです。
また、これまでのノミネート作品はいずれも海外録音作品となりますが、今回は日本で録音されたアルバムとして初めてのノミネート、受賞となりました。

ラヴェル:歌劇《こどもと魔法》
Maurice Ravel: L’enfant et les sortileges

サイトウ・キネン・オーケストラ/指揮:小澤征爾
Saito Kinen Orchestra ・ Conducted by Seiji Ozawa

発売中
SHM-CD仕様:UCCD-1403 定価3,000円+税

ラヴェル:歌劇《こどもと魔法》全曲(台本:コレット)
1. 序奏-「宿題なんかやりたくない」(こども、ママ)
2.「安楽椅子様、お手を」(肘掛椅子、安楽椅子、家具)
3. 「ディン、ディン、ディン、ディン」(大時計、こども)
4. 「ご機嫌いかが?」(ティーポット、中国茶碗)
5. 「お下がり!」(火、こども、羊飼いの男たち、羊飼いの娘たち)
6. 「アーッ!あの娘だ!あの娘だ!」(こども、お姫さま)
7. 「2本の蛇口からひとつの桶に水が流れる」(小さな老人、こども、数字たち)
8. 猫のニャンニャン二重唱
9. 昆虫、雨蛙、ひき蛙の大合唱
10. 「ああ!お庭さんにまた会えて、うれしいよ!」(こども、木、他の木たち) - 「君はどこにいるのかい?」(トンボ、ウグイス、こども、コウモリ)
11. 「逃げなさい、お馬鹿さん!籠は?籠はどこ?」(リス、雨蛙、こども、動物たちと木たち)
12. 「彼は傷の手当をした・・・」(動物たち、こども)
デジタル配信
iTunes https://itunes.apple.com/jp/album/ravel-lenfant-et-les-sortileges/id910571717?app=itunes

e-onkyo http://www.e-onkyo.com/search/search.aspx?q=%E3%81%93%E3%81%A9%E3%82%82%E3%81%A8%E9%AD%94%E6%B3%95

意外かもしれないけど、時々聞いているのですねぇ。

今も Amazon Prime にあるのを聞いていますよ。

でも、このアルバムはないみたいですねぇ。Prime Music には。

小澤さんもすごいけど、日本で録音された作品がというところもすごいです。


コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。