イーキャンパー  キャンプをもっと楽しもう!

インフォメーション

この記事は 2016年03月19日 に以下のカテゴリに投稿されました 登山.

この記事のタグ

, , , , , , , , , , , , , , , , ,


「山と高原地図」全面改訂を今年は8点実施、「山の日」施行でより山に親しめる地図を – 2016年版発売開始、「山と高原地図アプリ」も4月上旬リニューアル予定

今年から山の日が施行されますね。

8月11日ですよ。

ちょうどお盆休みのころですね。

山に出向くのにも、ちょうど良い機会なのかもしれません。

大好評の「山と高原地図」ですが、全面改定を行い、今年は8点の実施するそうです。

3月23日から書店の店頭で販売開始となるほか、4月には「山と高原地図アプリ」の更新も行われます。

全面改訂を今年は8点実施、「山の日」施行でより山に親しめる地図を
『山と高原地図』2016年版 発売
「山と高原地図アプリ」も4月上旬リニューアル予定
株式会社昭文社

株式会社昭文社は、50年以上の歴史を持つ登山地図シリーズ『山と高原地図』の2016年版を、3月23日より全国の書店等で発売いたします。登山ブームが続くなか、昨年からスタートした全面改訂を今年は人気の丹沢など8点の地図で実施。今年8月11日には「山の日」がいよいよ施行、夏山シーズンを中心に更なる盛り上がりが期待される登山ですが、基本はやはり安心・安全。『山と高原地図』はこれからも正確で見やすい登山地図を作り続けていくことはもちろん、スマートフォンアプリなど時代に沿った媒体での情報提供もすることで、安心・安全な登山を応援していきます。

株式会社昭文社は、50年以上の歴史を持つ登山地図シリーズ『山と高原地図』の2016年版を、3月23日より全国の書店等で発売いたします。昨年からスタートした収録範囲や縮尺の見直しを伴う全面改訂を今年は8点で実施、更なる改善を図っています。

<2016年版で全面改訂となる8点の表紙>

<2016年版で全面改訂となる8点の表紙>

登山ブームやアウトドアブームが続くなか、長年多くの方にご愛用いただいている、登山地図シリーズ『山と高原地図』の最新版がいよいよ発売となります。
最新版『山と高原地図』2016年版では、昨年からスタートした全面改訂を今年も継続。人気の丹沢など8点の地図や小冊子のコースガイドなどを全面改訂し使いやすさの向上に取り組んでいます。
今年8月11日には「山の日」がいよいよ施行され、祝日となります。夏山シーズンを中心に更なる盛り上がりが期待される登山ですが、基本はやはり安心・安全が求められます。『山と高原地図』はこれからも正確で見やすい登山地図を作り続けていくことはもちろん、スマートフォンアプリなど時代に沿った媒体での情報提供をすることで、安心・安全な登山を応援していきます。

■『山と高原地図』全面改訂のポイント
『山と高原地図』2016年版は、昨年の4点に続き下記の8点の全面改訂を実施。より「使いやすく」「見やすく」「わかりやすい」登山地図を目指します。
『11磐梯・吾妻』 『17志賀高原』 『24大菩薩嶺』 『25雲取山・両神山』 『28丹沢』 『38乗鞍高原』 『48六甲・摩耶』 『56阿蘇・九重』

●詳細拡大図で道迷いを防止

<「丹沢」の一部>

<「丹沢」の一部>

通常5万分の1の縮尺が採用されている『山と高原地図』ですが、分岐や複雑なルートを拡大図やイラストで詳しく記載。道迷いの危険が高いポイントを分かりやすく表現します。

●「磁北線」をあらかじめ表示

<磁北線をあらかじめ表示>

<磁北線をあらかじめ表示>

●小冊子のコースガイドも分かりやすく

<コースガイド例>

<コースガイド例>

従来より登山コースをご紹介していた小冊子では、コースタイムや解説などに加えて高低差グラフを追加したり、日帰り向きか一泊が必要かなど登山プランをご提案し、登山計画に役立つ情報を増やしました。

●地図情報の視認性アップ、山頂からの展望図など
情報の視認性アップのため、アイコンをわかりやすく改良。コースタイムや危険箇所、分岐の名称などの表示も見やすくしました。また、主要な山頂からの展望図や登山口までのアクセス案内図を追加するなど他にも数多くの点を改良しています。

■商品概要
【商品名】『山と高原地図 2016年版』
【体裁】四六半裁判(546mm×788mm)※1 +コースガイド小冊子
【価格】本体各1,000円+税 【発売日】2016年3月23日
【タイトル】「槍ヶ岳・穂高岳」「丹沢」「富士山」など全59タイトル一斉発売
※1 判型は商品によって異なります

■スマートフォンアプリ『山と高原地図』も2016年版をリリース予定

<アプリTOP>

<アプリTOP>

スマートフォンアプリ『山と高原地図』も4月上旬より2016年版にリニューアルします。出版物と同じ地図を見ることができ※2、現在位置の表示や登ったルートの記録、登山専用サイト「ヤマレコ⇒ http://www.yamareco.com/ 」でのシェアも簡単にできる、登山必携のアプリです。
※2 安全のため、スマートフォンアプリ『山と高原地図』は出版物と同時にお使いいただくことを推奨しています

●auスマートパスでも『山と高原地図 for au』を提供中!
auスマートパスをご利用のお客様は、通常1エリア500円のところ、追加費用なしで全エリアをダウンロードいただける大変お得なサービスです。

■アプリ概要
【アプリ名称】山と高原地図
【販売価格】アプリ本体 無料、地図1エリア500円【対応端末・OS】iPhone4以降(iOS 7.0以上)/Android(OS 4.0以上)

★スマートフォンアプリ『山と高原地図』の詳細はコチラ
⇒ http://mapple-on.jp/products/yamachizu
★アプリ版『山と高原地図』では、2016年版は4月上旬より発売開始になります★

どんどん使いやすくなっていくように見えますね。

 


コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。