イーキャンパー  キャンプをもっと楽しもう!

インフォメーション

この記事は 2016年12月25日 に以下のカテゴリに投稿されました .

この記事のタグ

, , , , , , , , , , ,


和菓子の図鑑ができました! – 季節感あふれる上生菓子から、羊羹、かりんとうまで。きれいで美味しい芸術品を味わう書籍『ときめく和菓子図鑑』刊行

図鑑って好きなんですよ。

テーマに沿っていろいろな種類のものが写真や図入りで解説してある。

見ていて飽きないし、子供のころからよくみていたけれど、最近は大人向けの図鑑も沢山出てきていて、嬉しい限り。

インプレスホールディングスから、和菓子の図鑑「ときめく和菓子図鑑」が出ていますよ。

和菓子って手が込んでいて、どうやって作るんだろうと考えてしまうようなものや、自然の物をうまく使ってパッケージにした物とかがあって、多種多様で面白いですよ。

もちろん食べてもおいしいと思うけどね。

季節感あふれる上生菓子から、羊羹、かりんとうまで。きれいで美味しい芸術品を味わう書籍『ときめく和菓子図鑑』刊行
株式会社インプレスホールディングス

ときめく和菓子図鑑 - インプレスホールディングス

ときめく和菓子図鑑 – インプレスホールディングス

インプレスグループで山岳・自然分野のメディア事業を手がける株式会社山と溪谷社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:川崎深雪)は、12月16日に『ときめく和菓子図鑑』を刊行しました。

大好評「ときめく図鑑」の新ラインナップ「ときめく図鑑+(プラス)」第4弾は「和菓子」がテーマ。季節感あふれる上生菓子から、きんつば、羊羹、最中、琥珀、落雁など、さまざまな和菓子を多数紹介します。

美味しいだけでない、見た目にも美しくかわいい和菓子。茶の湯の洗練された美意識が四季の移ろいを和菓子に取り込み、日本の文化や暮らしに密接に関わる和菓子は、味覚とともに視覚的にも、ときめかされるものが多数あります。本書は、そのような和菓子から、日本の細やかな四季の移ろい、日本の豊かな文化を感じることができる1冊です。

月ごとに季節の和菓子を紹介したページのほか、ねりきり、おはぎ、落雁など和菓子の種類を紹介した図鑑のページ、和菓子の歴史や暮らしの中の和菓子、日本各地のご当地和菓子、和菓子づくり体験、素材や道具、包装紙まで和菓子のさまざまな魅力を紹介しています。

ときめく和菓子図鑑 - インプレスホールディングス

ときめく和菓子図鑑 – インプレスホールディングス

ときめく和菓子図鑑 - インプレスホールディングス

ときめく和菓子図鑑 – インプレスホールディングス

<書籍詳細>
書名:『ときめく和菓子図鑑』
仕様:A5判、並製
ページ数:128ページ(4C)
定価:本体価格1,400円+税
ISBN:978-4-635-20237-4
発売日:2016年12月16日
https://www.yamakei.co.jp/products/2816202370.html

<著者プロフィール>
文 高橋マキ(たかはし・まき)
京都に暮らし、街を編集し、京都を書く文筆家。ときどき、わこものスタイリスト、ラジオパーソナリティ。2008 年夏より、古い町家に暮らし、昔ながらの日本、および京都の暮らしを実践する。著書に『ミソジの京都』(光村推古書院)『読んで歩く「とっておき」京都』(三笠書房王様文庫)。好きな和菓子は、琥珀。

写真 内藤貞保(ないとう・さだほ)
京都市在住。雑誌をはじめ、京都老舗店の広告撮影なども担当。もちろん和菓子も大好きで、ひとくちで食べてしまう。大好きな和菓子は、庶民的な豆餅。日本写真家協会会員。

【山と溪谷社】 http://www.yamakei.co.jp/
1930年創業。月刊誌『山と溪谷』を中心に、国内外で山岳・自然科学・アウトドア等の分野で出版活動を展開。さらに、自然、環境、エコロジー、ライフスタイルの分野で多くの出版物を展開しています。

【インプレスグループ】 http://www.impressholdings.com/
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:唐島夏生、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「山岳・自然」「モバイルサービス」を主要テーマに、専門性の高いコンテンツ+サービスを提供するメディア事業を展開しています。

以上

【本リリースについてのお問い合わせ先】
株式会社山と溪谷社 担当 井澤
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1丁目105番 神保町三井ビルディング
TEL 03-6744-1911  メールinfo@yamakei.co.jp

以上

おそらくは何年も修行して、仕込まれてこういった作品(和菓子)が作れるようになるのですよね。

一部では 3D プリンターを使ってなんてのも試行されているようだけれど、やっぱりちょっと違うんじゃぁないのと、紙面サンプルを見てもあきらかだと思うんだな。

もちろんテクノロジーの進化は、素晴らしいものがあると思うし、うまく融合させることが重要なんだと。


コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。