イーキャンパー  キャンプをもっと楽しもう!

インフォメーション

この記事は 2017年04月04日 に以下のカテゴリに投稿されました 道の駅.

この記事のタグ

, , , , , , , , , ,


道の駅「伊豆ゲートウェイ函南」が5月1日オープン! – 伊豆の魅力に出会える新しい「玄関口」、ちょうど伊豆半島の付け根のところ

この道の駅は、場所的に言ってもまさに伊豆半島の玄関口ですね。

丁度、沼津と熱海の真ん中あたり。

三島から、少し半島に入ったあたりに新しい道の駅、「伊豆ゲートウェイ函南」が5月1日にオープンするそうです。

道の駅といえば、その地でとれた生鮮食品や、グルメなどが楽しみですけれど、この辺りの事もバッチリな新しい道の駅です。

以下は内覧会の案内ですが、こんな感じの道の駅ということで、紹介させていただきます。

伊豆の魅力に出会える新しい「玄関口」目指す 道の駅「伊豆ゲートウェイ函南」が5月1日オープン!
加和太建設株式会社

★このリリースのポイント
1. 伊豆半島8番目に認定!日本初、伊豆の「玄関口」を目指す道の駅誕生
2. 伊豆を発信する多様なサービス。コンシェルジュによる情報発信も
3. 4月30日には函南町長による記者会見&特別内覧会を実施
伊豆半島を縦断する主要道路の先端、まさに伊豆の玄関口(ゲートウェイ)に、道の駅「伊豆ゲートウェイ函南」が2017年5月1日(月)10時に開駅します。
「重点道の駅」に選定されている「伊豆道の駅ネットワーク」のひとつとして、伊豆半島で8番目の道の駅となります。道の駅の企画から施工、運営まで、ひとつのグループが一貫して関わるのは、日本で初めての事例です。

当施設は伊豆半島の入り口の立地を活かし、豊かな自然・景観や文学、歴史、グルメなど、伊豆半島の観光資源の情報発信を行っていきます。函南町をはじめ伊豆半島の名産品を扱う「物産販売所 いずもん」や、味で伊豆の魅力を引き出す飲食店が3店舗出店し、観光案内所には、リアルタイムで集まった情報を来場者のキャラクターや要望に合わせて伊豆の「今」を提供する観光コンシェルジュを配置します。利用する人にとって、新しい伊豆の魅力を知るきっかけになる「玄関口」を目指していきます。

道の駅「伊豆ゲートウェイ函南」が5月1日オープン!

道の駅「伊豆ゲートウェイ函南」が5月1日オープン!

なお、開駅前日の4月30日(日)には、メディア関係者さまと旅行業者さま限定のプレオープンを開催し、函南町長による記者会見や、施設の特別内覧会を行います。
開駅当日の5月1日(月)には、静岡県知事や周辺市町首長らによるテープカットなどのオープニングセレモニーを行います。

■プレオープン開催概要
日時:2017年4月30日(日)10:00~11:45(入退場自由)
次第:10:00~ 森延彦函南町長による記者会見/10:30~ 特別内覧会
会場:伊豆ゲートウェイ函南 静岡県田方郡函南町塚本887-1
対象:メディア関係者さま、旅行業者さま
参加申込:お手数でございますが4月10日(月)までに別紙をFAXまたはメール添付でお送りください。
(加和太建設広報室055-987-5541へ直接連絡も可)

■オープニングセレモニー開催概要
日時:2017年5月1日(月)10:00~
次第:10:00~ テープカット(来賓:川勝平太静岡県知事、周辺13市町首長)
会場:伊豆ゲートウェイ函南 静岡県田方郡函南町塚本887-1
対象:メディア関係者さま、一般来場者
参加申込:不要

■施設について
「伊豆ゲートウェイ函南」は、加和太建設株式会社が代表企業を務めるSPC(特別目的会社)「いずもんかんなみパートナーズ株式会社」が、函南町とPFI事業契約を結び、施工と運営を行います。施工は2016年7月から開始し、開駅は2017年5月1日。運営は2032年4月まで15年の予定です。

ロの字型をした2階建ての建物の中央には、イベントや出店なども可能な中庭があり、来場者の目をひきます。また、北側には交流室があり、ワークショップや教室、展示会なども気軽に行うことが可能です。

観光案内所には、地元に精通したコンシェルジュが常駐し、最新の観光情報や伊豆のコアなご当地情報を案内します。ラジオ局だけでなく、自身がインターネット公開生放送を行える、オープンスタジオも併設しています。

道の駅「伊豆ゲートウェイ函南」が5月1日オープン!

道の駅「伊豆ゲートウェイ函南」が5月1日オープン!

■店舗について(商品は変更の可能性があります)
(1)「伊豆創作寿司 いず鮨(いずずし)」は、駿河湾の魚介類だけでなく、伊豆産の野菜や軍鶏肉なども使い、ここでしか味わえないオリジナル寿司を提供します。幅広い年齢層に喜ばれる、豊富なメニューを展開します。

伊豆創作寿司 いず鮨(いずずし)

伊豆創作寿司 いず鮨(いずずし)

(2)展望ダイニング「GREEN GRILL KISETSU(季節)」では、富士山を眺めながら、旬の野菜をメインにした洋食を楽しめます。自社栽培の糖度13%以上の函南町丹那産フルーツトマトを使った料理も提供予定です。

GREEN GRILL KISETSU(季節)

GREEN GRILL KISETSU(季節)

(3)カフェ「Spoke Cafe(スポークカフェ)」は、伊豆半島を楽しむサイクリストの憩いの場として、サンドイッチやクレープなどの手軽に食べられるアイテムを用意。この施設と伊豆に、サイクリストが集う聖地となることを目指します。

Spoke Cafe(スポークカフェ)

Spoke Cafe(スポークカフェ)

(4)「物産販売所 いずもん」は、函南町を中心とした伊豆半島の名産品が並ぶ売店。新鮮な野菜やここにしかない土産物には、それぞれが持つ魅力やストーリーを添えて陳列します。旅行者だけでなく普段使いの地元の方にも利用しやすい施設です。

物産販売所 いずもん

物産販売所 いずもん

■施設概要
名称:道の駅「伊豆ゲートウェイ函南」
所在地:静岡県田方郡函南町塚本887-1
工期:2016年7月25日~2017年3月31日(テナント工事は4月30日まで)
面積:敷地面積13,231平方メートル/延床面積1,851平方メートル
規模:地上2階
構造:木造(一部鉄骨造)
営業時間:9:00~18:00(年中無休)コンビニエンスストアは24時間営業
施設設置者:函南町
施設管理運営:いずもんかんなみパートナーズ株式会社(代表取締役:河田亮一)
駅長:加藤雅経(加和太建設株式会社)
施設設備:交通情報案内施設/観光情報案内/物産販売所/飲食施設(3店舗)/24時間コンビニエンスストア/展望歩道橋/イベント広場&コミュニティ広場/交流室/受水槽/防災倉庫/非常用発電設備/急速EV充電設備(2台)/駐車場(普通車132台・大型12台)/バイク・自転車駐輪場/トイレ(31器)

■伊豆ゲートウェイ函南HP
http://www.izugateway.com/

以上

すごく良い感じの道の駅ができそうですね。

オープンは少し先ですが、楽しみです。


コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。