イーキャンパー  キャンプをもっと楽しもう!

インフォメーション

この記事は 2018年06月02日 に以下のカテゴリに投稿されました 鉄道.

この記事のタグ

, , , , , , , , , ,


「鉄旅オブザイヤー2017」グランプリ受賞ツアーに新コース登場!- お座敷列車で行く 『夜の貨物線の旅』

人気の貨物線を走るツアーに、新コースが登場です。

このツアーすごい人気ですので、もう間に合わないかもしれないけれど・・紹介はしておきますね。

「鉄旅オブザイヤー2017」グランプリ受賞ツアー、新コース登場! お座敷列車で行く 『夜の貨物線の旅』
~シリーズ初の夜の走行で、特別な夜景観賞を~
クラブツーリズム株式会社

KNT-CTホールディングス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:丸山隆司)のグループ会社であるクラブツーリズム株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:小山佳延、以下クラブツーリズム)では、新たなオリジナルルートを採用した『お座敷列車で行く(*)で行く特別ルート 夜の貨物線日帰りの旅』 (「華」利用8月11日(土)・「宴」利用8月18日(土)出発、日帰り、旅行代金:18,000円)を5月26日(土)より発売しました。
『都会の貨物線の旅』は、通常は旅客列車が運行していない貨物路線と支線をつないだオリジナルルートを走行するツアーとして昨年7月に初めて企画したところ、キャンセル待ちが600名を超えるほどの反響がありました。その後追加設定を重ねて計8回ツアーを実施し1,130名のお客様にご参加いただきました。また、日本の優れた鉄道ツアーを審査・表彰する「鉄旅オブザイヤー2017」のグランプリを受賞しました。

今回はお客様の期待にお応えして、貨物線を走行するオリジナルルートを変更し、またシリーズで初めて夜に走行するコースとなっています。東海道線から見える夕焼けや、高島貨物線で通る真っ暗な倉庫街など夜だからこその車窓を貸し切りのお座敷列車よりお楽しみください。

お座敷列車「華」(画像提供:JR東日本)

お座敷列車「華」(画像提供:JR東日本)

夜の高島貨物線を楽しむ!新オリジナルルート

夜の高島貨物線を楽しむ!新オリジナルルート

※お座敷列車「華」…1997年より営業運転を開始。「宴」…1994年より営業運転を開始。
団体専用列車や各種臨時列車を中心に運行しています。

■お座敷列車・華・宴で行く特別ルート 新・夜の貨物線日帰りの旅

<本ツアーのポイント>
① 通常旅客列車が運行していない貨物線を走行します。
② お座敷列車なので、写真撮影も右に左に思うがまま。
③ 貨物路線ならではのショットを存分に撮影できます。
④ 東海道本線からの根岸線・高島貨物線と鉄道ファンには垂涎のルート!
⑤ 装い新たにクラブツーリズムオリジナルの夜版特製サボ(行先標)、特性のオリジナルタオルをプレゼント。

<概要>
出発日: ①2018年8月11日(土)・華利用 ②2018年8月18日(土)・宴利用
旅行代金:おひとり大人18,000円*お子様は3,000円引き
募集人員:各日150名限定
オリジナルルート:
新宿発(18:00頃)=(東海道貨物線)= 新鶴見信号所 =(東海道本線)= 根府川折返し(扉は開きません)
= 大船(根岸線)=〈高島貨物線〉= 新鶴見信号所 = 品川着(21:40頃)
※やむを得ない事由により時刻が変更になる場合があります。

問い合わせ先: http://www.club-t.com/special/japan/freightline/ 
【検索 ⇒ クラブツーリズム 貨物線 】

以上

今回も、沢山申し込みがあるのだろうなぁ。

もう数回乗れていないので、もうあきらめ気味かも。

高島貨物線路と東海道線だから、すごく乗ってみたいのだけど・・


コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。