イーキャンパー  キャンプをもっと楽しもう!

インフォメーション

この記事は 2018年10月08日 に以下のカテゴリに投稿されました 音楽.

この記事のタグ

, , , , , , , , ,


都市型音楽フェス“かわさきジャズ2018”のプレイベント「音楽のまち・かわさき」が奏でる“ジャズ” × 「最先端技術が集結する京浜工業地帯」が創り出す“幻想的な工場夜景”初開催『ジャズクルーズ』

確かに幻想的な感じはしますよね。

夜の工業地帯のライトアップ(単なる照明だと思うけれど)を船に乗って見て回るツアーがあると聞いた。

関東では、川崎でも行われているようですが、川崎市は、これにジャズのコンサートをくっけちゃうそうですよ~

どんな感じでしょうねぇ?

都市型音楽フェス“かわさきジャズ2018”のプレイベント「音楽のまち・かわさき」が奏でる“ジャズ” × 「最先端技術が集結する京浜工業地帯」が創り出す“幻想的な工場夜景”初開催『ジャズクルーズ』
~10月14日(日)・10月19日(金)根本造船所にて~
川崎市

「ジャズは橋を架ける」をテーマに市内全域で開催される「かわさきジャズ2018」と川崎観光協会が初めてコラボした「ジャズクルーズ」。今回のコラボレーションでは、クルーズ船の上でジャズ演奏を聞きながら、お酒とともに幻想的な工場のイルミネーションをお楽しみいただけます。

ジャズ演奏と様々なプラントの明かりが幻想的な工場夜景を一度に味わうことのできる “贅沢なジャズクルーズ”を是非一度体験してみてください。みなさんのお越しをお待ちしております。

ジャズクルーズ

ジャズクルーズ

川崎臨海部
工場夜景ブーム発祥の地として知られる川崎臨海部。そこは、石油・鉄鋼・電気・機械・環境など様々な基盤・先端技術産業が数多く集積している京浜工業地帯です。かつては公害による負のイメージがありましたが、2008年から始まった工場夜景ツアーが爆発的にヒットし、今ではバスツアーや工場夜景クルーズが定期的に組まれているほどの人気エリアとなっています。川崎臨海部には工場夜景を撮影・観賞できるスポットが無数にあり、埋め立て地によって5~6つにエリアが分かれています。

「ジャズクルーズ」開催概要
日程     :10月14日(日)・10月19日(金)
集合場所   :根本造船所(川崎市川崎区小島町9-1 京浜急行大師線「小島新田駅」より徒歩10分)
時間   :①サンセットジャズクルーズ 16:00~18:00 ②工場夜景ジャズクルーズ 18:30~20:30
※各日各便において出発時刻の15分前にお集まり下さい。
アクセス   :京浜急行大師線「小島新田駅」より徒歩10分
料金   :大人 5500円 軽食&飲み放題付(アルコール含む)
定員   :100名(最少催行人数:20名様)
出演   :10月14日(日) 文梨衛カルテット / 10月19日(金) style-3!
申込   :旅プラスワン http://www.tabione.com/factorycruise_sp/
03-6866-9608(営業時間 月曜~土曜 10:00~18:00日曜・祝日休み)
9月18日(火)10:00 受付開始 ※定員になり次第、受付は終了となります。
【一般の方のお問い合わせ先】◆旅プラスワン  TEL:03-6866-9608

【奏者紹介】
<文梨衛(ふみなしまもる)>

文梨衛(ふみなしまもる

文梨衛(ふみなしまもる

川崎市出身。橘高等学校、東海大学教養学部を卒業。中学生の頃にメイシオ・パーカーに憧れてサックスを手にする。中学高校と吹奏楽部に所属した流れで大学でクラシックサックスを専攻し、講師や演奏の依頼を受け始める。
大学在学中にジャズ、ファンクの演奏スタイルを学び始め、徐々に活動の場をコンサートホールやサロンから、ライブハウスやイベントステージに移していく。
大学卒業後はジャズクラブやライブハウスなどで演奏する他、現代のインストポップスシーンを反映した奏法やスタイルの追求をしている。
クラシックを滝上典彦氏に、ジャズ、ファンクを永田こーせー氏に、ジャズインプロヴィゼーションを山口真文氏にそれぞれ師事。
ジャズカルテット”文梨衛カルテット”、インストファンクポップバンド”Full Means”リーダー、ソウリーヴミュージックスクール講師、かわさき産業親善大使。

<style-3!(スタイルスリー)>

style-3!(スタイルスリー)

style-3!(スタイルスリー)

2004年11月結成。
高嶋英輔(バイオリン)、長澤伴彦(コントラバス)によるポップインストユニット。
熱いラテン調のものから明るいポップなもの、クラシック、バラード、ロックなどあらゆるジャンルを取り入れた個性的なオリジナルが楽曲の数々。
ジャンプやブリッジを行いながらのバイオリン演奏、コントラバスを回転するなど、独特なパフォーマンスと躍動感あふれるステージは必見。老若男女どなたにもその魅力をお楽しみいただけます。
現在までにミニアルバム11タイトル、アルバム11タイトル、DVD4タイトルをリリース。オリジナル楽曲は150曲。ライブ稼働日数は年間約180日。2014年8月には渋谷公会堂ワンマンコンサートに1600人を超える集客。言葉のない純粋なサウンドで聞くものを虜にする。

2006年7月 第2回「桂座音楽賞」グランプリ
2008年7月 Kawasaki Street Music Battle Ⅱ FINAL 優勝
2009年12月 厚木グランプリアーティスト’09決定戦 グランプリ
2010年7月 SAPPORO CITY JAZZ  PARK JAZZ LIVE 2010 finalist
2010年10月 東京バンドサミット2010ファイナルライブ 動員賞 高嶋英輔 ベストプレーヤー賞
2013年7月 EMERGENZA JAPAN 2013 finalist
2016年1月 その音が未来を変える!! MUSIC GOLD RUSH コンテスト インストバンド賞
“かわさきジャズ”とは…
川崎という“街”に染み込んだ多様な文化や人々の記憶に“橋”を架ける音楽フェス「かわさきジャズ」は、市内外の人や地域、そして未来へとつながる架け橋となることを目指してスタートし、今年4回目を迎えます。このフェスでは、国内外で活躍するアーティストによる魅力的なステージを連日開催するだけでなく、市内各所で開催されるジャズライブや地元企業、近隣自治体等ともコラボするなど、街全体が音楽で溢れる“音楽のまち・かわさき”を体感いただけるイベントです。

<かわさきジャズ2018>
会期:本会期  2018年11月8日(木)~11月18日(日)
プレ会期 2018年9月8日(土)~11月7日(水)
会場:ミューザ川崎シンフォニーホール、ラゾーナ川崎プラザソル、クラブチッタ、新百合トウェンティワンホー
ル、昭和音楽大学テアトロ・ジーリオ・ショウワ、洗足学園音楽大学カレッジセンター、カルッツかわさき
(川崎市スポーツ・文化総合センター) ほか川崎市内各所
URL:https://www.kawasakijazz.jp/

以上

船に乗ってジャズを聞くって、これだけでも贅沢に感じるけれど、そこに夜景や日の入りが入ったツアーなんて、良い感じでしょうね。


コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。