イーキャンパー  キャンプをもっと楽しもう!

インフォメーション

この記事は 2015年02月15日 に以下のカテゴリに投稿されました 釣り.

この記事のタグ

, , , ,


スマートフォンと Bluetooth で接続する、魚群探知機 Deeper ワイヤレススマート魚群探知機が登場

昔、ゲームボーイを魚群探知機にすると言うのがあって、持ってたりする。

今やブラックバスを釣るのにも、ちょっとハイレベルになってくると、ボートにエレキに魚群探知機にといった、重装備で挑戦しているかたも沢山いらっしゃいますね。

Deeper - 1

Deeper – 1

今回紹介するのは、探知機自体は球体をしていて、これを別の釣り竿とかで、水面に投げて浮かべ、その結果は Bluetooth により、スマートフォンに送られ、当然他の魚群探知機と同じように、グラフィカルな描画を行い、魚や水底の様子を確認する事が可能となる装置です。

製品名は Deeper といいます。

当然スマートフォン側にはアプリが必要ですが、iPhone でも Android でも使えるように、既に提供がされています。

探知機本体の大きさはとても小さく軽いです。わずか 100 g / 直径 65mm という大きさで、中には充電式のバッテリーが入っていて、4時間の連続使用が出来るそうです。

Deeper - 2

Deeper – 2

2つの周波数を使い、サーチを行う使用で、ワイドビームの 90 kHz(55°)とナロービームの 290kHz(15°) の2つの異なる周波数に対応しています。
ワイドビームでは、ポイントのストラクチャーや底質、ベイトフィッシュや魚影の存在などを広範囲にサーチするのに役立ちます。
ナロービームでは、より高精細なデータを得ることができます。2つの周波数を切り替えることで状況に応じた適切なサーチを行うことが可能で、感度も良さそうに思います。

Deeper - 3

Deeper – 3

水深、水温、モニターから目を離している際に魚が写ったときのための魚影アラームの設定ができ、スマートフォンの GPS 機能を利用し、現在の位置情報を記録する事も出来ますので、ポイントを記録しておいたりして、次回の釣行に役立てるとかにも使えそう。アプリから直接各種の SNS に投稿する機能も有しているようです。

Deeper - 4

Deeper – 4

製品の詳細は以下の通りです。

[同梱品]
・ワイヤレススマート魚群探知機 本体
・アタッチメントボルト x2
・ミニポーチ
・本体充電用USBケーブル
[製品仕様]
本体サイズ:直径約65mm
本体重量:約100g
本体素材:ABS樹脂
対応OS:iOS 5.0以上、Android 2.3以上
接続方法:Bluetooth接続
Bluetooth通信距離:最大約50m程度
対応水深:約0.5〜40mまで
気温:水温計測
動作温度範囲:-20〜40℃
充電方法:microUSB
ソナー:2周波対応(90kHz、290kHz)
連続駆動時間:約4時間
充電時間:約2時間
パッケージサイズ:約134(W)×176(H)×75(D)mm
パッケージ重量:約330g
[対応モデル]
・iPhone ※1
・iPad ※1
・Androidスマートフォン、タブレット ※2
※1 iOS 5以上
※2 Android 2.3以上

アプリは、iPhone は下記からダウンロード出来ます。

Deeper – Smart FishFinder
カテゴリ: ライフスタイル
現在の価格: 無料

Android の方はこちらのリンクからどうぞ。

既に販売は開始されていて、アマゾンでも購入が可能です。(下記で表示されている価格は異なるようなので、ご注意ください 35,424円のようです)

販売元のページはこちらにあります。

スマートフォンを水の中に落とさないように工夫しておかないといけないかもしれませんね。

※実は見えてるお魚を釣るのはあまり好きではなかったりする。

 


コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。