イーキャンパー  キャンプをもっと楽しもう!

インフォメーション

この記事は 2015年07月06日 に以下のカテゴリに投稿されました キャンピングカー.

この記事のタグ

, , , , , , , , , , ,


キャンピングカーな方へ – タイヤの空気圧(点検)は大丈夫ですか?

いやな話で、申し訳ないとは思います。

ただ、こういった事故を無くしたいという気持ちだけなので、どうかおつきあいください。

5日お昼頃の事なのですが、磐越道で、キャンピングカーの横転事故が起きました。

右後輪がパンクし、横転、反対側車線に飛び出し、ワゴン車と衝突したのだそうです。

観光帰りのキャンピングカー横転衝突 - TV asahi

観光帰りのキャンピングカー横転衝突 – TV asahi

乗者していたのは6名で、5才の幼い男の子が、亡くなりました。
ご冥福をお祈りいたします。
他の同乗者も重軽傷とのことです。
お見舞い申し上げます。

右後輪がパンクと書いてありますが、おそらくは、バーストして、急に車の姿勢が変わったために、横転、そのまま対向車線に飛び出して、対向車線を普通に走行してきたワゴン車と衝突という経緯だった模様です。

バーストであれば、タイヤが破裂する前に、多少の振動や、異変に気がつく事もありますが、残念です。

このブログでも、何度も注意喚起をしているのですが、こういったキャンピングカーでは、タイヤはある程度古くなったら、交換を考える事。
走行前には必ず空気圧の点検や、タイヤの様子を必ず確認する事。
高速道路等で、異様な振動を少しでも感じたら、左側の車線によって速度を落とす事。
サービスエリアとかで休憩するときにも、気を使って、タイヤの周囲を見るだけでも、バーストが起こる兆候を発見できる事もありますので、必ず注意を怠らないようにしましょう。

ご家族で、観光の帰り道だったという事で、このまま何もなければ、それは楽しい旅行だったのだと思うのですが、大変残念な事です。

以前に似たような車に乗っていたので、正直に言いますが、こういった形状のキャンピングカーは乗用車に比べれば、大変不安定でもあるし、タイヤの耐荷重についても是非ご自身で調べてみる事をお勧めしますが、加重ぎりぎりの状態で使われている事もあるのです。

従って、こまめな点検と、早め早めの交換等が必要となるわけですが、これを怠ると、このような事故の引き金となると考えてください。

経年劣化という言葉がありますが、まさにタイヤにはこれがあてはまります。
時間が経てば、本来の性能もつ性能を発揮できなくなる事もあるのです。

本事故についての詳細は、こちらの TV asahi ANN のページにございます。

最後にもう一度、この事故で亡くなった、5才の坊やのご冥福を心よりお祈りいたします。

※本事故の原因等については、私は知るよしもありませんので、上記の報道を拝見し、キャンピングカーに乗られている方に向け、一般的な事を述べています。

 


コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ