イーキャンパー  キャンプをもっと楽しもう!

インフォメーション

この記事は 2016年01月31日 に以下のカテゴリに投稿されました キャンプ用品.

この記事のタグ

, , , , , , , , , , , , ,


モンベルが Web サイトで 2016年春夏の注目製品を紹介しています – 沢山ありますけどいくつか紹介してみますね

今日は雪がふるのかななんて思っていたのですけれど、みぞれぐらいで済みました。

助かった~って感じですが、実は先日の雪の時にも何故か自宅あたり(だけ)降らなかったのですよ。

だから今年まだ雪かきナシ。

このまま暖かくなると良いのですけれども、これから2月ですものね。

寒さは普通はますと思うのだけど・・・

大丈夫かな?

アウトドアの業界は、もう既に今年の春~夏に販売を開始する製品の紹介が始まっています。

モンベルも先日 Web サイトで、主要な製品の公開を行っているので、勝手ではありますが、その中から個人的に注目している製品をいくつかピックアップして紹介してみたいと思います。

まずはカヤック!

モンベルの 2016 春・夏 新製品 - カヤック

モンベルの 2016 春・夏 新製品 – カヤック

こんな製品群が今年の新製品(カヤック)とのことですが、中でも、

  • ORU KAYAK(オルカヤック)
    日本の折り紙に発想を得てデザインされたユニークなフォールディングカヤックブランド「オルカヤック」から、レクリエーショナルタイプの新製品が登場します。

これ、半透明のパネルで出来ているカヤックで、画像だと左下の製品ですね。

説明にもありますがすごく面白くて、折り紙のように折りたたまれた状態から、こんなカヤックが出来上がってしまうというものなのです。

動画を見てもらったほうが早いと思う。

普通フォールディングカヤックというと、パイプを組み合わせてその上に船体となる生地をかぶせてといって手順で組み立てますけれども、画像を見る限りパタパタと広げるだけのように見えます。

品物をまだ見たことがないのですけれど、これで強度なども保てるのであれば、すごく良いでしょうねぇ。

また、四角い形だと背負いやすいし、車に収納するときも乗せやすいのではないかなと思います。

この製品、存在することは知っていたのですが、モンベル扱いとなるとは・・少し驚きというか流石です。

次はステラリッジテントのリニューアルです。

ものすごく息の長い製品で、何度もこの中で寝たことがある愛着のある製品ですが、どんなリニューアルを遂げたのか・・新製品も加わっていますね。

ステラリッジテントのリニューアル

ステラリッジテントのリニューアル

長年にわたり愛され続けてきたステラリッジテントがモデルチェンジ。さらに、レラドームとサンダードームが新たにラインアップに加わり、ますます充実しました。拡張性に優れたアストロドームには、Sサイズと専用オプションを追加します。

ステラリッジテント
本体とフライシートが別売となり、フライシートは全4色からお好みの色を選べます。世界トップクラスの軽量性と、風雪に耐える高い剛性はそのままに、選べる楽しさをプラスしました。

レラドーム
本体に抜群の通気性をもつポリエステルメッシュを使用。暑い季節でも涼しく快適に使用することができます。4人まで寝ることができる広々とした居住空間をもち、ツーリングやファミリーキャンプに最適です。

サンダードーム
独自のH型フレーム構造を採用し、本体のウォールをほぼ垂直に立ち上げることで、圧迫感のない快適な室内を実現。本体全体にメッシュを使用し、暑い季節でも快適に使用可能です。

(写真左 上から)
・ステラリッジテント1 本体 価格¥27,500(+税) 2型、3型、4型モデルもございます。
・フライシート 1型用 価格¥11,500(+税) 2型、3型、4型モデルもございます。
(写真右 上から)
・レラドーム 4型 価格¥28,000(+税)
・サンダードーム 2型 価格¥36,600(+税) 1型モデルもございます。

滞在型テント

滞在型テント - モンベル

滞在型テント – モンベル

アストロドーム・シリーズ
滞在型キャンプに最適なアストロドームがモデルチェンジ。新たに小型のアストロドームSが加わったほか、内側につり下げて使用するインナールーム(別売り)などのオプションが登場。

アストロドーム インナールーム・シリーズ
アストロドーム内につり下げてテント内に仕切りをつくれるインナールームです。一つの大きな空間を作ることができる全面モデルと、左右それぞれを半分に仕切ることができるR(右半分)モデルとL(左半分)モデルをご用意。家族や友人同士など、使い方に合わせて選ぶことができます。

(写真上段)
・アストロドーム 価格¥79,000(+税) / アストロドームS 価格¥56,000(+税)
(写真下段)
・アストロドーム インナールーム 価格¥16,000(+税) / インナールームR 価格¥11,400(+税) / インナールームL 価格¥11,400(+税)

トレッキング レインポンチョ

天気が危ないかなって時には一つ持って出かけると、すごく助かるポンチョです。

トレッキング レインポンチョ

トレッキング レインポンチョ

大きなバックパックを背負ったまま着用できるポンチョです。軽量でしなやかな素材を使用し、着丈を調節できるホックを設けているので、対応身長の範囲が広く、下り坂ですそを引きずりにくくすることもできます。ハイキングやウォーキング、野外フェスティバルなど、さまざまな場面で活躍します。

(写真左)
・コンバーチブル レインジャケット 価格¥15,500(+税) / コンバーチブル レインパンツ 価格¥8,900(+税)
(写真右 上から)
・トレッキング レインポンチョ 価格¥6,900(+税) / プリント トレッキング レインポンチョ 価格¥7,600(+税)

バックパックの上から着ることを想定し、後ろが長くなっていますね。

これ、もしかしたら、自転車の時にも良いかもしれません。

つぎはアンブレラ

モンベルの折りたたみ式のアンブレラは、昔っから(知っている人は)よく使われています。

これ、軽量な割にはすごく丈夫なのですよ。

会社勤めの人も天気が怪しい時には鞄の中に入れておくと良いかも。

アンブレラ - モンベル

アンブレラ – モンベル

トレッキングやトラベルに最適な携帯用雨傘が一新。全てのモデルの親骨には、軽量で優れた強度を備えるカーボンを使用。超軽量モデルや日差しを遮るUVカットモデルなど幅広いラインアップです。

(写真上段左から)
トラベルアンブレラ 価格¥5,200(+税) / サンブロックアンブレラ 価格¥4,500(+税) / トレッキングアンブレラ 価格¥4,500(+税) / U.L.トレッキングアンブレラ 価格¥4,800(+税)

(写真下段左から)
カモワッチアンブレラ 価格¥4,600(+税) / ロングテイル トレッキングアンブレラ 価格¥5,500(+税) / リフレック トレッキングアンブレラ 価格¥4,800(+税)

UV カットとなり、カーボンを骨に使ったとのことなので、更に軽量となり強度もましたのかな?
少しお値段は高いような気もするけれども、これは誰にでも自信を持っておすすめできる製品です。

フィールドウェア
農作業で活躍する防水透湿性・強度に優れたレインパンツや、虫除けハット、ガーデニングにも最適なパンツやエプロンが加わりました。ラインアップがますます充実したフィールドウェアにご注目ください。

フィールド レインジャケット&パンツ
ゴアテックスファブリクスを採用した農業などの野外作業に最適なヘビーデューティー仕様のレインウェアです。

バグプルーフ ストローハット&ワイドブリム
天然素材で作った涼しく快適な帽体に、虫除けネットをセットしたガーデニングなどの野外作業に最適なハットです。

フィールドエプロン
コットンの風合いと速乾性をもち、耐摩耗性にも優れる生地を採用した、ガーデニングや農作業に最適なエプロンです。足さばきがいいように前かけ部分が分かれ、さまざまな小物類が収納できるポケットを6つ設けています。

ブリーズスパン ガーデニング ビブ&パンツ
麻のようなシャリ感のある風合いで、肌にまとわり付かず、夏でも快適な着心地のビブとパンツです。撥水加工を施すことで、朝露などによる水濡れを防ぎ、ガーデニングや農作業にぴったりです。

フィールドウェア - モンベル

フィールドウェア – モンベル

(写真左から)
・フィールド レインジャケット 価格¥23,500(+税) / パンツ 価格¥12,800(+税)
・バグプルーフ ストローハット 価格¥3,900(+税) / ワイドブリム 価格¥3,900(+税)
・フィールドエブロン 価格¥6,200(+税)
・ブリーズスパン ガーデニング ビブ 価格¥9,500(+税)
・パンツ Men’s 価格¥6,800(+税) 女性用モデルもございます。

ブリーズスパン ガーデニング ビブいいなぁ。欲しい。

別に野良仕事するわけではないんだけど、こういうのなかなか無かった製品だと思うのですよ。

他にも沢山ありますから、こちらのモンベルのページでご確認下さい。

念のためですが、まだ新製品の販売は開始されていなくて、2月下旬ぐらいから販売が開始される予定とのことです。


One Comment

コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。