イーキャンパー  キャンプをもっと楽しもう!

インフォメーション

この記事は 2019年10月10日 に以下のカテゴリに投稿されました レザークラフト.

この記事のタグ

, , , , , , , , , ,


増補改訂版が出ましたよ – 『増補改訂 レザークラフトの便利帳』(誠文堂新光社)

実は、随分と長いこと、レザークラフトをやってるんですよ。

これを機会に、少しずつだけれど、紹介しようかなぁと思って。

この書籍は、実は手元にはないのだけれど、バイブル的な存在となっているようですね。

基本的なことは、全て網羅してあるように思いますが、増補改訂版が発刊されたそうです。

「革」の豊かな世界へようこそ。基礎知識から小物メイキングまでを網羅した、レザークラフトニューカマーの必携本!!
株式会社誠文堂新光社

株式会社誠文堂新光社(東京都文京区)は、2019年10月8日(火)に、『増補改訂 レザークラフトの便利帳』を刊行いたします。

増補改訂 レザークラフトの便利帳 - 誠文堂新光社

増補改訂 レザークラフトの便利帳 – 誠文堂新光社

レザークラフトを知りたい、学びたい、つくりたい人へ――。

つくる楽しみ、使う喜び、エイジング(経年変化)の妙味がファンを惹きつけて止まないレザークラフト。
本書はオールカラーで分かりやすく、これからレザークラフトを始めたい人、レザークラフト一年生に好適な一冊です。

増補改訂 レザークラフトの便利帳 - 誠文堂新光社

増補改訂 レザークラフトの便利帳 – 誠文堂新光社

2012年の初版に続き、今回新たに増補改訂版として「シェリダンカービングのグラスケース(眼鏡入れ)」のメイキングと、さらに、近年SNSやハンドメイドマーケットにおいて“作品撮り”の重要性がアップしたことを受けて、「レザークラフト小物のスマホ撮影術」を収録しました。

第1章は「革の基本」。皮革のなめし方、牛革からエキゾチックレザーまで革を種類別に解説します。
第2章は「革道具の基本」。レザークラフトで使う基本的な道具やパーツを写真とともに説明しています。
第3章は「レザークラフトの基本テクニック」。裁断や縫い方、糸の始末など、初心者向けに丁寧に解説しました。

第4章は「実践レザークラフト」。第一線で活躍する3人のレザークラフトクリエイターの監修のもと、「ブックカバー」「ペンケース」「ベルト」「携帯ストラップ」「キーケース」「カードケース」「シェリダンカービングのグラスケース(眼鏡入れ)」と7作品のメイキングをステップバイステップ形式で分かりやすくレクチャーします。

第5章は「革をもっと知る」。革の歴史や革製品のメンテナンス術など、知るとレザークラフトがもっと楽しくなる情報をまとめました。

メイキング作品はすべて製図付き。
総合監修は社団法人日本皮革産業連合会常任理事・吉比産業株式会社代表取締役会長の竹内健氏。

増補改訂 レザークラフトの便利帳 - 誠文堂新光社

増補改訂 レザークラフトの便利帳 – 誠文堂新光社

増補改訂 レザークラフトの便利帳 - 誠文堂新光社

増補改訂 レザークラフトの便利帳 – 誠文堂新光社

【目次抜粋】
■第1章 革の基本
・皮と革と皮革の違い──革になる動物
・長所と短所は裏返し──革の特性
・革のカナメはコラーゲン──皮の構造
・皮を革に変える技術──革のなめし
・革の裁断部位と特徴
・革の繊維の方向
・種類別革ガイド
牛〈成牛〉〈中~子牛〉/羊〈成羊〉〈子羊〉/ヤギ〈成山羊〉〈子山羊〉/鹿・馬/ 豚/ダチョウ/ワニ/サメ/エイ/ヘビ
・なめした後の最終行程──革の仕上げ加工
・革のサイズ比較
・[コラム]革の表現力

■第2章 革道具の基本
裁断の道具/床面・コバ処理の道具/穴開けの道具/接着・縫う道具 /着色・仕上げの道具/仕上げの道具/金具留め・刻印の道具/留める金具
[コラム]初心者への買い物指南1

■第3章 レザークラフトの基本テクニック
型紙/裁断/革を漉く/床面処理/コバ処理/縫い穴を開ける

縫う
糸の準備、クロスステッチ、平縫い、シニュー糸で縫う、縫い終わりの始末 、糸を継ぐ

バネホックをつける/コンチョをつける /カシメをつける/バケツ型小物入れの作り方

■第4章 実践レザークラフト
ブックカバー/ペンケース/ベルト
[クリエイターインタビュー1]revista 徳本貴史さん p.116
携帯ストラップ/キーケース/カードケース
[クリエイターインタビュー2]SWL leather works 田島隆治さん
シェリダンカービングのグラスケース
[クリエイターインタビュー3]Leather Oyama 大山耕一郎さん
[コラム] 初心者への買い物指南2 p.184
レザークラフトアイテム製図集

■第5章 革をもっと知る
・人類の歴史とともに──皮革の歩み[世界編]
・日本人の歴史とともに──皮革の歩み[日本編]
・アイテム別革製品メンテナンス(彩革の匠・安富好雄さん)
・レザークラフト小物のスマホ撮影術(Pa-luce・関根統さん)
・[インタビュー]日本の豚革の誇りと可能性(東京・山口産業)

【著者プロフィール】
宮坂 敦子(みやさか・あつこ)
1969年、東京生まれ。武蔵大学人文学部卒業後、雑誌『通販生活』編集部を経て、2007年に独立。ジュエリーとレザークラフトを中心に、人の手技が活きるもの作りの分野で執筆・編集活動を続ける。著書に『ジュエリーの基本ブック』『レザークラフトの便利帳』(ともに誠文堂新光社刊)、『ジュエリーのポケットブック』(アッシュ・クリエイティブ刊)、絵本『コボロンの小籠包』(文担当・アッシュ・クリエイティブ刊)。
HRDAntwerp Diamond Grader(ベルギー・ダイヤモンド・ハイ・カウンシル公認ダイヤモンドグレーダ―)。

【書籍概要】
書 名:増補改訂 レザークラフトの便利帳
編著者:宮坂 敦子
仕 様:B5判、248ページ
定 価:本体2,700円+税
配本日:2019年10月8日(火)
ISBN:978-4-416-71905-3

【書籍のご購入はこちら】
紀伊國屋書店:https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784416719053
楽天ブックス:https://books.rakuten.co.jp/rb/16001559/?l-id=search-c-item-img-01
ヨドバシ.com:https://www.yodobashi.com/product/100000009003173971/
Amazon:

honto:https://honto.jp/netstore/pd-book_29803251.html
オムニ7:https://7net.omni7.jp/detail/1107025864

【書籍に関するお問い合わせ先】
株式会社 誠文堂新光社
〒113-0033 東京都文京区本郷3-3-11
ホームページ:http://www.seibundo-shinkosha.net/
フェイスブック:https://www.facebook.com/seibundoshinkosha/
ツイッター:https://twitter.com/seibundo_hanbai

以上

最初に買う一冊としては、やっぱり早く作ってみたい!って気持ちが強いから、型紙とかがついているものを選ぶことが多いかも。

でも、革についての基本的な知識も、後々必ず必要になってくるので、そのあたりの書籍としては、おすすめできる一冊だと思います。


コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。