イーキャンパー  キャンプをもっと楽しもう!

インフォメーション

この記事は 2020年01月03日 に以下のカテゴリに投稿されました くるま.

この記事のタグ

, , , , , , , , ,


アイルトン・セナからマックス・フェルスタッペンまで1987年から27年間のF1の記憶。熱田 護写真集『500GP』

年末年始に読む本を探しに行って、見つけた写真集。

なかなか良かったので、紹介します。

懐かしいけれど、セナといえばあの頃は、すべてのレースを見ていたんだよね。

その他、懐かしいドライバーもお若い現役の方も、みんなこの写真集にいますよ。

アイルトン・セナからマックス・フェルスタッペンまで1987年から27年間のF1の記憶。熱田 護写真集『500GP』を12月19日(木)に発売
株式会社インプレスホールディングス

インプレスグループでIT関連メディア事業を展開する株式会社インプレス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小川 亨)は、写真家・熱田 護氏による、27年間のF1の記憶をまとめた写真集『500GP』を2019年12月19日(木)に発売いたします。

熱田 護写真集『500GP』

熱田 護写真集『500GP』

■F1全盛期の1987年から2019年までの500戦の記憶が詰まっている
熱田さんは1987年からF1グランプリで行われるすべてのレースの撮影を始めました。そこから2019年までの27年間。撮影したレースは実に500戦。さまざまな変遷を経て変わってきたF1マシン、ドライバーのすべてを撮影してきました。この写真集は500戦の膨大な写真の中から、200点に厳選した記憶に残る写真で構成しています。

■アイルトン・セナ、ミハエル・シューマッハ、佐藤琢磨など人気ドライバーとの想い出
熱田さんはアイルトン・セナに魅せられてF1の撮影にのめりこんでいきます。そのアイルトン・セナを撮影しているときに一番記憶に残っているのが1993年のブラジルGP。雨の中を駆け抜けるセナの姿を見て感じたこと。撮影中のミスでミハエル・シューマッハに怒られてしまったこと。見ていた人に強烈な印象を残した2007年のスパーアグリでの佐藤琢磨の活躍。ほかにも片山右京やキミ・ライコネンなど、10人のドライバーへの想い出がつづられています。

熱田 護写真集『500GP』

熱田 護写真集『500GP』

■写真とともにF1の想い出を語れるデータも満載
巻末には写真集の中に掲載されている写真の撮影データとともに「撮影年」「グランプリ名」「ドライバー名」を記載しております。年代やドライバーが分かることで、写真を見ながらの想い出話で盛り上がること間違いなしです。写真集の中には、幻に終わったホンダF1(RA099)を駆るヨス・フェルスタッペン、トロロッソカラーのレーシングスーツをまとう佐藤琢磨など、貴重な写真も収められています。

熱田 護写真集『500GP』

熱田 護写真集『500GP』

■ページイメージ

熱田 護写真集『500GP』

熱田 護写真集『500GP』

熱田 護写真集『500GP』

熱田 護写真集『500GP』

■書籍の詳細

熱田 護写真集『500GP』

熱田 護写真集『500GP』

書名:500GP
著者:熱田 護
発売日:2019年12月19日(木)
ページ数:224ページ(オールカラー)
サイズ:A4正寸判
価格:本体4,545円+税

◇Amazonの書籍情報ページ:

◇インプレスの書籍情報ページ:https://book.impress.co.jp/books/1119101124

■著者プロフィール
あつた まもる:1963年三重県鈴鹿市生まれ。東京工芸大学短期大学部写真技術科卒業。85年ヴェガインターナショナルに入社。坪内隆直氏に師事し、2輪世界GPを転戦。92年よりフリーランスとしてF1をはじめとするモータースポーツや市販車の撮影を行う。
日本レース写真家協会(JRPA)会員、日本スポーツ写真協会(JSPA)会員

以上

今の前にホンダが参入していたときは、日本全体が盛り上がっている感じがしたけれどね。

でも、撤退してしまって、ウイリアムズに移籍して・・

いつも生で、夜頑張って起きてて見てたんだけど、ウイリアムズに行ってからは、録画してみていたんだな。

気になって、朝起きて一番で再生したら、あの事故のお話で・・

すごく衝撃を受けた。

その後は、少しの間、あまり見なくなっちゃったが、今はまたみたいなって気持ち。


コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。