イーキャンパー  キャンプをもっと楽しもう!

インフォメーション

この記事は 2020年07月08日 に以下のカテゴリに投稿されました 鉄道.

この記事のタグ

, , , , , , , , , ,


銀座線虎ノ門駅が便利になります! – 東京メトロ

銀座線ねぇ。

一番古い地下鉄だから、仕方がないとも思うけれど、工夫して、きれいにして、便利に使えるようにったそうですよ(7月1日~)。

銀座線虎ノ門駅が便利になります!
ホーム拡幅、新改札設置及び地下駅前広場の整備
東京メトロ

東京地下鉄株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長:山村 明義、以下「東京メトロ」)では、東京虎ノ門グローバルスクエアの竣工に合わせて進めてきた渋谷方面行きホームの拡幅、新改札設置及び地下駅前広場の整備を終え、7月1日(水)より供用開始します。
東京メトロでは、駅周辺における都市開発との連携により各駅が抱える課題等を解決することで、魅力的な駅空間の実現を目指してきました。
この度、東京メトロが参加組合員として参画する虎ノ門駅前地区市街地再開発組合が計画を進めてきた「虎ノ門駅前地区第一種市街地再開発事業」に伴い、銀座線虎ノ門駅との「駅・まち一体」での開発を行うことで、渋谷方面行きホームの拡幅、新改札の設置、出入口の新設を行うとともに、エレベーター・エスカレーター等、新たなバリアフリー設備や約600㎡の地下駅前広場を整備し、ゆとりのある魅力的な地下駅空間を創出しました。また、渋谷方面行きホームにつながる地下歩行者通路により、都心と臨海部を結ぶBRT(バス高速輸送システム)及び空港リムジンバスも発着可能なバスターミナルや、周辺再開発ビルに接続する

とともに、日比谷線虎ノ門ヒルズ駅との乗換も可能となっており、虎ノ門地区における「交通結節機能」を一層向上させます。

今後、銀座線虎ノ門駅では、関係者との連携・調整を図りながら、駅改良工事を進めてまいります。
東京メトロでは、これからも「まちの顔」となるような魅力的な地下駅空間の整備を推進していきます。

竣工建物と駅の断面図

竣工建物と駅の断面図

銀座線虎ノ門駅ホーム拡幅等の概要

1 供用開始日
2020年7月1日(水)

2 駅設備の新旧比較

駅設備の新旧比較

駅設備の新旧比較

駅構内イメージ図

駅構内イメージ図

駅構内イメージ図

ホーム拡幅部イメージパース

ホーム拡幅部イメージパース

ホーム拡幅部イメージパース

駅周辺図

駅周辺図

駅周辺図

以上

今でも忘れない。

新橋->虎ノ門間の銀座線。

時間にもよるのだけれど、朝の通勤時間帯。

ありゃぁ、すごかったよ。

傘やかばんなんて、どっか行っちゃうんだから。

男も女も無いし、誰かが倒れたって、蹴飛ばしてでも電車を降りる感じ。

あれこそホントのギューギュー詰めってやつだと思うけど、今は少しは良くなったわけ?

新橋->赤坂見附まで、乗ってたんだけど、虎ノ門すぎると、平和になるんだけどさ。

若かったけど、社会の厳しさを学ばせていただきました。

駅きれいにするったって、古いから、天井は低いし、どこの駅も、圧迫感がすごいんだよね。(慣れるけど)

今は、日本人も背が高くなったけど、これは(でっかい)外人が乗るにはきついだろうなぁ。

 


コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。