イーキャンパー  キャンプをもっと楽しもう!

インフォメーション

この記事は 2021年09月16日 に以下のカテゴリに投稿されました 登山.

この記事のタグ

, , , , , , , , , , , , ,


YAMAP、進行方向に合わせて自動回転する「新・ベーシック地図」の提供を開始

まぁ、スマートフォンで方位も解るけれど、どうせだったらカーナビみたいに進行方向に向いて、地図が回転してくれたほうがわかりやすいよねぇ。

ただ、方向の感覚というか、どちらに進んでいるのかぐらいは、ちゃんと画面を見て確認しておいたほうが良いと思うよ。

YAMAP、進行方向に合わせて自動回転する「新・ベーシック地図」の提供を開始
国土地理院の「ベクトルタイル」を採用。安心・安全な登山を支えるコア機能をアップデート
ヤマップ

登山地図GPSアプリ「YAMAP」を運営する株式会社ヤマップ(福岡市、代表取締役 春山慶彦、以下ヤマップ)は、登山地図がスマートフォン上で進行方向に合わせて自動回転する「新・ベーシック地図」の提供を開始しました。

「新・ベーシック地図」は、国土地理院が2020年3月に全国提供を開始した、目的に応じた自由度の高い地図デザインを可能とする「ベクトルタイル」を採用(※1)し、「カーナビのように進行方向が常に上向きになるよう地図を回転(ヘディングアップ)してほしい」「ルートを確認する度にスマホを持ち直す必要をなくしたい」等のご要望にお応えしたアップデートです。

新・ベーシック地図 / 現在地(方向アイコン)は常に上向き。向いた方向に合わせて地図が回転する『現在地+方向追従モード』

新・ベーシック地図 / 現在地(方向アイコン)は常に上向き。向いた方向に合わせて地図が回転する『現在地+方向追従モード』

従来のベーシック地図 / 地図は北向きに固定。向いた方向に合わせて現在地(方向アイコン)が回転する『現在地追従モード』(新・ベーシック地図利用時にモード切り替えが可能)

従来のベーシック地図 / 地図は北向きに固定。向いた方向に合わせて現在地(方向アイコン)が回転する『現在地追従モード』(新・ベーシック地図利用時にモード切り替えが可能)

YAMAP、進行方向に合わせて自動回転する「新・ベーシック地図」の提供を開始

YAMAP、進行方向に合わせて自動回転する「新・ベーシック地図」の提供を開始

実際の進行方向と、画面上の地図の方向が連動するため、より直感的かつ道間違いが起こりにくい地図閲覧が可能になりました。また、拡大縮小しても画質が落ちない「ベクター画像」によって複雑な地形も高精細に描写。さらに、地図が回転しても地図上の文字情報は回転しないため、従来よりも可読性の高い地図をお使い頂けます。

新・ベーシック地図の方が解像度が高く、従来のベーシック地図と比べて、より細かい線までくっきり見える

新・ベーシック地図の方が解像度が高く、従来のベーシック地図と比べて、より細かい線までくっきり見える

「新・ベーシック地図」は従来のベーシック地図とあわせてお使い頂ける「YAMAP LABO(※2)」の試験的機能です。

「ベクトルタイル」山岳地図への活用によせて ― 国土地理院 コメント
ヤマップ様の地図サービスで国土地理院のベクトルタイルを採用いただけることについて御礼申し上げます。国土地理院では、2014年8月から国土地理院ベクトルタイル提供実験を進めてきておりますが、まだ提供実験の位置付けである国土地理院のベクトルタイルを活用し、新たなサービスとしての提供を志向されるヤマップ様の先進的な取り組みは大変ありがたく、心から敬意を表します。今後も、ヤマップ様と一緒に取り組みを進められるところがあれば幸いです。末筆となりますが、国土地理院のベクトルタイルが道迷いリスクの軽減など「YAMAP」をご利用の皆様のお役に立つことができれば幸いです。

ヤマップでは今後も本機能の利用状況をはじめ、提供を通じて得られた様々な知見を国土地理院と共有し「ベクトルタイル」のさらなる品質向上に貢献するとともに、登山者のさらなる安全と利便性向上に資する取り組みを推進してまいります。※3

※1 今回採用したベクトルタイルは国土地理院が試験公開中の「地理院地図Vector(仮称)」で用いられているもの。https://maps.gsi.go.jp/vector/
※2 登山体験をテクノロジーでアップデートする研究所「YAMAP LABO」https://labo.yamap.com/
※3 ヤマップと国土地理院は2017年12月に協力協定を締結。

YAMAP、進行方向に合わせて自動回転する「新・ベーシック地図」の提供を開始

YAMAP、進行方向に合わせて自動回転する「新・ベーシック地図」の提供を開始

【YAMAPについて】
電波が届かない山の中でも、スマートフォンのGPSで現在地と登山ルートがわかる、登山を楽しく安全にするアプリ。山行の軌跡や写真を活動記録として残したり、山の情報収集に活用したり、全国の登山好きと交流したりすることもできる、日本最大の登山・アウトドアプラットフォームです。
2021年8月に累計260万ダウンロードを突破。
URL:​https://yamap.com/

【株式会社ヤマップ 会社概要】
会社名 株式会社ヤマップ
本社所在地 福岡市博多区博多駅前3-23-20 博多AGビル6F
資本金(資本準備金含む) 1億円
事業概要
1. 登山・アウトドア向け WEB サービス・スマートフォンアプリ「YAMAP」の運営
2. 登山・アウトドア用品のセレクトオンラインストア「YAMAP STORE」の運営
3. これからの登山文化をつくるメディア「YAMAP MAGAZINE」の運営
4. 1日単位で入れる登山保険「YAMAP登山保険」の販売
5. 山・自然を活用したコンテンツ開発・コンサルティング・プロモーション 等
URL:https://corporate.yamap.co.jp/

以上

YAMAP もすごいけれど、国土地理院もすごいですね。

こんなに地図が見やすく、使いやすくなるとは・・驚きです。

とても便利に使えそうです。


コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。