イーキャンパー  キャンプをもっと楽しもう!

インフォメーション

この記事は 2022年01月13日 に以下のカテゴリに投稿されました イベント.

この記事のタグ

, , , , , , ,


一度は見ておきたい、伝統的なお正月芸の数々。小正月の1月15日、横浜にぎわい座でお楽しみください。

なんだか面白そう。

大道芸とかも見たことがあるけれど、なかなかおもしろいよねぇ。

これは小正月である1月15日に横浜で開催される、伝統芸のご案内。

横浜にぎわい座で開催されるそうですよ。

一度は見ておきたい、伝統的なお正月芸の数々。小正月の1月15日、横浜にぎわい座でお楽しみください。
2022年1月15日(土)14時開演「新春特選 ニッポンの芸!」は、近年では珍しくなったお正月芸をご覧いただく公演です。中学生以下のチケットは800円!この機会に、ぜひ、ご家族でお楽しみください。
公益財団法人 横浜市芸術文化振興財団

新年を寿ぐ、獅子舞、水戸大神楽、万歳。大切に伝承されてきたお正月芸です。ライフスタイルが変わった今だからこそ、本物の芸を一度は見ておきたいものです。横浜にぎわい座の「新春特選 ニッポンの芸!」では、お正月芸をたっぷりご覧いただけます。さらに、和妻、ものまね、ムード歌謡漫談も!バラエティ豊かな公演をお楽しみください。
本物の芸をお楽しみいただける「新春特選 ニッポンの芸!」。選りすぐりの出演者でお楽しみいただけます。

一度は見ておきたい、伝統的なお正月芸の数々。小正月の1月15日、横浜にぎわい座でお楽しみください。

一度は見ておきたい、伝統的なお正月芸の数々。小正月の1月15日、横浜にぎわい座でお楽しみください。

【尾張万歳保存会】(おわりまんざいほぞんかい)

【尾張万歳保存会】(おわりまんざいほぞんかい)

【尾張万歳保存会】(おわりまんざいほぞんかい)

​国の重要無形民俗文化財である「尾張万歳」。鎌倉時代から伝わる伝統芸を承継し、守り続ける尾張万歳保存会が愛知県知多市から横浜にぎわい座にやってきます。笑いと幸福を招く「万歳」は、「漫才」のルーツともいわれており、15日は「門付万歳」「御殿万歳」「音曲万歳」を披露します。「門付(かどつけ)万歳」は、字のごとく家々の門や玄関先で舞う正月の祝福芸。「御殿(ごてん)万歳」は、七福神が家を祝うおめでたい内容。「音曲(おんぎょく)万歳」は、鼓、三味線、胡弓の楽器の音色がにぎやかで明るい万歳です。

尾張万歳保存会ホームページ→ http://www.owarimanzai.jp/

【柳貴家正楽社中】(やなぎやしょうらくしゃちゅう)

【柳貴家正楽社中】(やなぎやしょうらくしゃちゅう)

【柳貴家正楽社中】(やなぎやしょうらくしゃちゅう)

神官が氏子の家を廻り、お祓(はら)いをする神事、「大神楽」(だいかぐら)。水戸大神楽は、伊勢、江戸と並び、江戸時代から続く伝統があります。代々受け継がれた芸を、18世水戸大神楽宗家三代目柳貴家正楽社中が披露します。お正月には欠かせない「獅子舞」と、縁起のよい「曲芸」をたっぷりとお楽しみください。本物は、神聖で迫力があり、とてもおめでたい気持ちになります。必見です。

柳貴家正楽大神楽ホームページ→ http://www.mitodaikagura.jp/index.html

【元はじめ】(もとはじめ)

【元はじめ】(もとはじめ)

【元はじめ】(もとはじめ)

和妻(わづま)は日本古来の奇術です。和装で演じられ、器用な手さばきで、一枚の紙から美しい造形美を作り出したり、タネも仕掛けもない(?)ところから不思議な現象が起きたりと、瞬きする暇のない芸です。元はじめは、洋装でのマジックも定評があり、日本奇術協会の監事を務めるベテランです。わびさびをも感じる和妻を、わかりやすく魅せます!ライブでご覧いただける貴重な機会をお見逃しなく!

【タブレット純】(たぶれっとじゅん)

【タブレット純】(たぶれっとじゅん)

【タブレット純】(たぶれっとじゅん)

和田弘とマヒナスターズの最小年メンバーであり、昭和歌謡について各所で講師を務め、エッセイやラジオパーソナリティでも人気のあるタブレット純。唯一無二の芸は、横浜にぎわい座の演芸会でも毎回大人気!今年も、ムード歌謡漫談で客席を笑顔にします。素晴らしい歌唱力とセンスの光る漫談で年齢を問わずお楽しみいただけます。昭和の輝きが、平成、令和の世代に伝わっていく素敵な時間をお楽しみください。
タブレット純プロフィール→ https://toruba.net/talent/tabletjun/

【立川真司】(たちかわしんじ)

【立川真司】(たちかわしんじ)

【立川真司】(たちかわしんじ)

車両の音、駅のアナウンス…鉄道ファンでなくても思わず唸る「鉄道ものまね」。笑いはもちろん、感動のものまねです!忠実に地域に合わせた、臨場感たっぷりのステージは、一度はライブで体験したいもの。ものまねだけでなく、鉄道会社の研修で講演を行う(!)など、鉄道界でカリスマ的存在の立川真司。活動の幅がとても広く、笑いだけではなく、知識も広まる、とても魅力的なステージです。
立川真司ホームページ→ https://denshaman.com/index.html

公演情報
■公演名 「新春特選 ニッポンの芸!」
■日時場所
2022年1月15日(土)14:00開演(13:30 開場)
横浜にぎわい座 芸能ホール(横浜市中区野毛町3丁目110番1号)
■チケット
全席指定
一般3,200円
中学生以下800円
※仲入り後割引サービス:当日仲入り(休憩)後から、2,100円でお入りいただけます(前売なし)。
詳細→ https://nigiwaiza.yafjp.org/perform/archives/23341
■出演
尾張万歳保存会(門付万歳)、タブレット純(ムード歌謡漫談)、元はじめ(和妻)、
尾張万歳保存会(御殿万歳、音曲万歳)
《お仲入り》15:00頃
立川真司 (鉄道ものまね)、柳貴家正楽社中(曲芸・獅子舞)  ※出演順

■感染症対策
・横浜市の感染症対策ガイドラインに沿った収容人数でチケットを販売します。
・検温、手指消毒、マスク着用をお願いいたします。マスクを着用いただいていないお客様はご入場いただけません。
・以下の方のご入館はご遠慮ください。
・発熱(37.5℃を目安)又は風邪の症状がある方
・新型コロナウイルス感染症陽性とされた方、および当該者との濃厚接触がある方
・過去14日以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国・地域へ渡航された方、
および当該在住者との濃厚接触がある方
・感染症対策のため、やむを得ず公演内容等を変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

横浜にぎわい座 (公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)

横浜にぎわい座 (公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)

横浜にぎわい座 (公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)
〒231-0064 横浜市中区野毛町3丁目110番1号
TEL: 045-231-2515 FAX: 045-231-4545

以上

そういえばという感じではありますが、獅子舞って、全く見なくなっちゃいましたよねぇ。

本文にも書いてはありますが、オミクロン株の感染対策は十分にしてお出かけになってくださいね。


コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。