イーキャンパー  キャンプをもっと楽しもう!

インフォメーション

この記事は 2015年06月09日 に以下のカテゴリに投稿されました mixs のお気に入り.

この記事のタグ

, , , , , , , ,


東急武蔵小杉駅開業 70 周年記念入場券が 6月13日に販売されます

いまは、東横線・目黒線の武蔵小杉駅と呼ぶのですね。

昔は違ったけど。南北線に乗り換えするときに時々ですが使っていました。

その東急武蔵小杉駅が、開業70周年を迎えるとの事で、記念入場券が6月13日に販売されます。

きっぷイメージー1

きっぷイメージー1

武蔵小杉駅は、1945年6月16日に開業し、当時は朝夕の時間帯に定期券を持っている人のみが乗り降りできる駅だったそうです。

その後、1953年には、隣接する「工業都市駅」と統合し、現在の位置で営業を開始しました。
2000年には目黒線の延伸、2013年には東横線と東京メトロ副都心線との相互直通運転開始により、さまざまな鉄道会社の車両が通る鉄道ネットワークの拠点となり、更に多くの人に便利に利用されています。

販売される記念入場券は、開業以降、武蔵小杉駅を走り抜けた電車の写真をあしらった6枚の入場券がセットになっていて、非常に貴重な物です。
記念台紙のデザインには開業当時の駅舎や改良工事中の様子などがデザインされています。
近年発展が目覚ましい武蔵小杉駅の歴史を感じることができる内容になっています。

また、当日は駅と直結する商業施設「武蔵小杉東急スクエア」と共同で、11:00 ~ 15:00 までの間、「東急武蔵小杉駅開業70周年イベント」が開催されます。
駅係員が制作した「スマートボール」などで遊べる「ゲームコーナー」や「制服撮影会」などの無料イベントも実施するとの事ですので、家族で出かけても楽しめる内容となっています。

「東急 武蔵小杉駅 開業70周年記念入場券」の販売予定については、下記のとおりです。

販売日時:2015年6月13日(土)5:00~
※無くなり次第終了 販売場所:東横線・目黒線武蔵小杉駅 コンコース
販売価格:600円(税込み)
※お一人さま5部まで
内 容:武蔵小杉駅の普通入場券6枚(大人130円3枚、小児70円3枚)を記念台紙にセットしたもの
販 売 数:2,000部
有効期間:2015年6月13日(土)から2015年12月31日(木)まで
※利用は有効期間中、各入場券につき1回のみです。

 

東京急行電鉄の案内のページはこちらにありますので、詳細を確認してください。

アナウンスの PDF はこちらからどうぞ。

 


コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。