イーキャンパー  キャンプをもっと楽しもう!

インフォメーション

この記事は 2015年07月18日 に以下のカテゴリに投稿されました キャンプ用品.

この記事のタグ

, , , , ,


火と水で発電できるアウトドア用USB充電器 – 上海問屋から新発売

こういった「火と水で発電できるアウトドア用USB充電器」って商品は、いくつか他にもあるのですが、あのドスパラ系列の PC グッズを扱う通販ショップ「上海問屋」が製品の販売を開始しました。

原理的にはペルチェ素子を使っていますが、この素子の裏面と表面に温度差を与えると、発電するという性質を利用した製品です。

アウトドアブランドとしても、モンベルが販売している、

こういった製品をはじめ、いくつかが存在します。

上海問屋が販売するのは、

火と水で発電できるUSB充電器

火と水で発電できるUSB充電器

火と水で発電できるUSB充電器 - たたむとコンパクトになる

火と水で発電できるUSB充電器 – たたむとコンパクトになる

このような外観で、特徴的なのは収納時には、画像のようにコンパクトに収納出来る点です。

このようにして使います。

火と水で発電できるUSB充電器 - 水を入れる

火と水で発電できるUSB充電器 – 水を入れる

火と水で発電できるUSB充電器 - 水を入れる - 使い方

火と水で発電できるUSB充電器 – 水を入れる – 使い方

赤い器となっている部分(シリコンと思われる)に水を入れ、舌のように出ている金属板をストーブの火が出る部分において、その上にはケトルやコッヘルなどの調理器具を置くという形。

水を入れる部分には、ペルチェ素子の片面に貼り付けられたアルミの放熱板をとおし、水により冷却され、舌のように出ている金属と思われる板は、ペルチェ素子の反対面に接していて、これにより温度差を得て、発電する仕組みになっているものと思われます。

さて、どれぐらいの発電量があるかというと、5V 500mA (おそらく最大)とのことですので、知れたもの程度ではありますが、何もないよりは良いかも知れません・・が、もしかしたら、太陽光を使ったソーラーパネル(昼間の晴天時しか使えないけど)も今お値段 11,999円 だったら、面倒が無く使えて便利かなぁとも思います。

価格的に上海問屋だったので、安っすいのか?と思いましたが、ちょい期待はずれでした。

非常時には良いかも知れないけど、火を適切におこすのも大変だと思うんだよな。

ちゃんとした道具があれば良いけど。

素子自体は手元にもあるので、実験する事も出来るけど、実用性が乏しいものを作ってもねぇ・・

使わなくなったポータブル冷蔵庫とかも、これと同じ素子を使っているの。

逆の使い方をしているだけ。

ペルチェ素子って、電流が沢山必要だけど、電気を流してあげると、今度は逆に片面が暖まって、片面は冷えるので、その性質を利用しているのですね。

いらないのがあれば、分解すれば素子を取り出せると思います。

強くオススメはしませんけれど、上海問屋の製品ページはこちらにあります。

新製品なので、しばらく待って、セールとかで半額とか・・ならないのかぁ?


コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。