イーキャンパー  キャンプをもっと楽しもう!

インフォメーション

この記事は 2019年09月13日 に以下のカテゴリに投稿されました キャンプ用品.

この記事のタグ

, , , , , , , , , , ,


難燃糸を使用した焚き火ポンチョ – 『焚火mino』登場!

時々、いるんですよ。

ってか、自分もやったことあるけどね。

これからの季節、焚き火には丁度よいと思うのだけれど、いつも着てる洋服は、大概は今は軽くて、着やすいものが多いよね。

でも、これ、油断すると、燃えないまでも、すぐに溶けて穴が空いちゃったりする。

これ、気をつけていても、なっちゃうんだよなぁ。

空いた穴を繕ってるけど、きれいにやるのは、すごく難しい。

こんな道具で備えておけば、良いかも。

燃えにくい焚火やグランピングなどアウトドアで活躍する焚火ポンチョ『焚火mino』登場
TSBBQ×mino 焚火mino
株式会社山谷産業

スタイリッシュなバーベキュースタイルを提案するアウトドア用品ブランド「TSBBQ(ティーエスビービーキュー)」が、「焚火mino」を2019年10月4日(金)の燕三条工場の祭典のレセプションに合わせ発売いたします。

焚火やグランピングなどアウトドアで活躍する焚火ポンチョ『焚火mino』登場

焚火やグランピングなどアウトドアで活躍する焚火ポンチョ『焚火mino』登場

商品化第6弾で発表するのは、燃えにくい糸『難燃糸』を使用した、焚火にも使えるニットポンチョ。「TSBBQ」シリーズを企画販売する株式会社山谷産業(本社:新潟県三条市、代表取締役:山谷武範、ECサイト:村の鍛冶屋)と五泉市のサイフク(本社:新潟県五泉市、代表:斉藤千佳子)がコラボレートし、新商品を完成させました。

焚火やグランピングなどアウトドアで活躍する焚火ポンチョ『焚火mino』登場

焚火やグランピングなどアウトドアで活躍する焚火ポンチョ『焚火mino』登場

アウトドアで人気の焚火は火の粉が舞うため、お気に入りの洋服に穴をあけてしまったりすることが多く、気兼ねなく焚火したい!けど服に穴をあけるのは嫌!やっぱりおしゃれもしたいとの思いから、三甲テキスタイルの難燃糸とminoを組み合わせることで火の粉がついても穴にならない焚火minoを提案。TSBBQのコンセプトの一つ『TsubameSanjoBBQ』から持ち運ぶ紐は燕三条の帆布と革を使用し、TSBBQ×minoのコラボを実現。

夜の肌寒さと火の粉から身を守ってくれる、女性のみならず男性が羽織ってもおしゃれな焚火minoです。

焚火やグランピングなどアウトドアで活躍する焚火ポンチョ『焚火mino』登場

焚火やグランピングなどアウトドアで活躍する焚火ポンチョ『焚火mino』登場

品名  TSBBQ×mino 焚火mino
サイズ 120×140cm
重量  約500g
カラー レッド・マスタード×キャラメル・ブラック
素材  毛67%、アクリル33%
価格  16,000円(税抜)

※TSBBQ×minoのタグの位置が中央になります

TSBBQ×mino 焚火mino

TSBBQ×mino 焚火mino

TSBBQ×mino 焚火mino

TSBBQ×mino 焚火mino

TSBBQ×mino 焚火mino

TSBBQ×mino 焚火mino

TSBBQ×mino 焚火mino

TSBBQ×mino 焚火mino

TSBBQ×mino 焚火mino

TSBBQ×mino 焚火mino

■ TSBBQ関連商品
・ ローストスタンド              9,800円(税抜)
・ ホットサンドメーカー            3,000円(税抜)
・ マグカップ                 2,500円(税抜)
・ ドリッパースタンドスタンドウッドパーツ 2,000円(税抜)
ペグ4本セット              1,200~1,600円(税抜)
・ ライトステンレスダッチオーブン10     18,000円(税抜)
・ ライトステンレスダッチオーブン8     16,000円(税抜)
・ ホットサンドメーカーシルバー      3,500円(税抜)
・ ホットサンドメーカーカバー       5,000円(税抜)
・ ステンレス蚊とりホルダー        4,000円(税抜)

TSBBQ

TSBBQ

■ アウトドア・ブランド「TSBBQ」 とは
ものづくりの町「燕三条」の金属・木製品加工技術を結集し、株式会社山谷産業がアートディレクターの石川竜太氏、プロダクトデザイナーの高橋悠氏とともに立ち上げたアウトドア・ブランド。

「Try! Stylish BBQ!」をコンセプトに、欧米で親しまれているパーティ・バーベキューをイメージした商品を展開中。ブランド名には地域を表す「燕三条」の頭文字「TS」を冠しつつ、ロゴマークにも三本線(三条市)の上を燕(燕市)が飛ぶデザインを取り入れ、BBQに欠かせない金網を表現しました。

■ ものづくりの町「燕三条」 から
新潟県にある燕市と三条市は、ともに日本有数の金属加工技術をもつ地域。江戸時代をルーツとする鍛冶技術は、プレス・金型・成形・鋳造・研磨などの加工技術へと受け継がれ、「燕三条」のものづくりとして世界でも高い評価を得ています。

■ 燕三条工場の祭典(こうばのさいてん) レセプション
2019年10月3日(木)から6日(日)までの4日間、金属加工をはじめ、鍛冶や木工などの技術が集まる新潟県燕三条とその周辺地域で開催されるイベントです。
普段は一般公開されていない数多くのKOUBAの扉が開かれ、見学や体験をすることができます。
製品を産み出すKOUBA(工場)や、農業に取り組むKOUBA(耕場)、体験・購入できるKOUBA(購場)3つのこうばを楽しめる4日間です。

https://kouba-fes.jp/about-2019/

10月4日(金)17時30分より村の鍛冶屋SHOPにて焚火をメインにしたオフィシャルレセプションを予定しております。そこでこの焚火minoをお披露目いたします。ぜひお越しください。

燕三条工場の祭典(こうばのさいてん) 

燕三条工場の祭典(こうばのさいてん)

以上

他にも色々と製品があるようですね。

こちらの製品、収納時には、方からかけるような形になっているけれど、大きなポケットに収納できたりして、ポケッタブルとか、クッションとかに使えると、もっと使いみちが広がるかも。

大きさは十分すぎるぐらいなので、そうなると、車の中に1枚入れておいてもいいかなって感じもする。


コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。