イーキャンパー  キャンプをもっと楽しもう!

インフォメーション

この記事は 2019年09月17日 に以下のカテゴリに投稿されました キャンプ用品.

この記事のタグ

, , , , , , , , ,


第1弾!「カセットフー発売50周年キャンペーン」を実施

キャンプ用品にも使えるけれど、災害時にも役に立つから、便利だよね。

どうだろう?

お家にある?

カセットボンベを使った、家庭用コンロのカセットフーが、販売開始から、50年経つんだって。

で、キャンペーンを開催するそうですよ。

第1弾!「カセットフー発売50周年キャンペーン」を実施
~JTBギフトカード5,000円分を1,000名様にプレゼント!~
岩谷産業株式会社

岩谷産業株式会社(本社:大阪・東京、社長:谷本光博、資本金:200億円)は、カセットこんろとカセットガスの発売50周年を記念し、長年のご愛顧に感謝の意を込め第1弾企画として「カセットフー発売50周年キャンペーン」を10月1日から実施します。

第1弾!「カセットフー発売50周年キャンペーン」を実施

第1弾!「カセットフー発売50周年キャンペーン」を実施

「カセットフー発売50周キャンペーン」(10/1~3/31締切)では、イワタニカセットガス3本組1パックをご購入いただいた方に、50周年にちなみ“5,000円分のJTBギフトカード”を抽選で1,000名様にプレゼントいたします。例年のキャンペーンを拡大し、当選者数を500名から2倍の1,000名に、応募条件をイワタニカセットガス3本組2パックから1パックに変更し、より多くの方に参加いただけるキャンペーンにいたしました。

当社が1969年12月に発売したカセットこんろは、皆さまにご愛顧いただき、2019年12月に発売50周年を迎えます。

安全で携帯可能なカセットボンベを使った「イワタニホースノン・カセットフー」(初期商品名)は、日本の食卓とともに50年の歳月を歩み、昨今では冬の鍋料理に加え、おうち焼肉、ホームパーティー、アウトドアクッキング、さらに非常時の備えとして、用途が広がり、全シリーズの累計販売台数が約5,200万台を超えるロングセラー商品となりました。
当社では、今後も豊かで楽しい食卓を演出する商品の開発に力を入れてまいります。

第1弾!「カセットフー発売50周年キャンペーン」を実施

第1弾!「カセットフー発売50周年キャンペーン」を実施

◆カセットフー発売50周年キャンペーン◆

イワタニカセットガス3本組1パック

イワタニカセットガス3本組1パック

1. 対象商品:イワタニカセットガス3本組1パック

2. 応募期間:2019年10月1日~2020年3月31日(当日消印有効)

3. 応募方法:パッケージ内側のハガキを切り取り、裏面に対象商品の購入レシートを貼付、
以下項目を記入の上、キャンペーン事務局まで応募(郵便ハガキでも可能)

【記入事項】
①ご購入店名(例:●●スーパー)
②店舗名(例:●●駅前店)
③ カセットガスの使用用途(複数選択可)
1.鍋料理  2.焼肉  3.アウトドア  4.暖房  5.防災  6.その他(       )
④氏名(フリガナ) ⑤年齢 ⑥性別 ⑦住所・郵便番号 ⑧電話番号

4.賞品と当選者数:JTBギフトカード(JTBナイスギフト)5,000円分を、
抽選で合計1,000名様にプレゼント

5.応募宛先:〒105-0003 東京都港区西新橋3-21-8
(株)アイ・プロモーション「カセットフー発売50周年キャンペーン」事務局宛

6.当選発表:4月下旬に厳正なる抽選を行います。
※当選者の発表は賞品の発送をもってかえさせていただきます。

◆ホームページ:カセットフー発売50周年キャンペーン (10月1日受付開始!)
http://www.i-cg.jp/topics/campaign/

初代イワタニホースノン カセットフー

初代イワタニホースノン カセットフー

▲初代「イワタニホースノン・カセットフー」

発売初期の使用シーン

発売初期の使用シーン

▲発売初期の使用シーン

◆カセットこんろの進化◆

1969年   初代「イワタニホースノン・カセットフー」発売。

1976年   カセットボンベ内部の圧力が高くなるとガスの供給を停止する
安全装置を搭載(機種「カセットフーA-3」)

1999年   ごとくの高さを低くし薄型化に成功 (機種「カセットフーANT-29」)

2005年   加熱効率の良い内炎式バーナーを搭載。省エネ機能を付加 (機種「カセットフーエコ」)

2010年   デザイン・機能性を極めた カセットフーの最高峰「アモルフォ プレミアム」発売

2016年   煙の発生をおさえる焼肉専用機「やきまる」発売。お家焼肉に好適

2018年  ダッチオーブンが使え、風に強いアウトドア用のカセットこんろ「タフまる」発売

以上

これ、もしもアウトドアで使うことを想定しているのなら、風よけを考えると、上手に使える。

そういった使用方法を想定している製品も今はあるとは思うけれど、普通に売っているものを使うのなら、風には注意しないと、熱が伝わらないなんてことが起こる。

そうなのだが、更に重要な注意点は、カセットボンベが収納されている部分の上には、鉄板等が絶対にかからないようにすること。

ボンベに熱が加わると、突然爆発したりして、毎年そんな事故が絶えない。

使用方法をちゃんと守れば、安全な製品なのだが、それを守らないと、大変なことになるんだよ。

これは、何れも同じだよ。

注意しましょうね。

同様に、厳密に言えば、メーカー純正のカセットガスを使わないと、もしものときには問題が起こることもある。

しかしまぁ、この画像は懐かしい。

昭和のニオイがプンプンするけれど、みんなこうやって、土鍋でお鍋食べてた。

ジンギスカンもやってたな。(その時のジンギスカン鍋は、まだ手元にある)

クジラ肉を生姜醤油に漬け込んで焼いたこともあったなぁ。(すごくうまかった)

そう。

その頃は、ホース無いから、ホースノンとも呼ばれていた。

今じゃ普通になって入るが、その頃は、画期的な製品だったよ。


コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。