イーキャンパー  キャンプをもっと楽しもう!

インフォメーション

この記事は 2019年10月08日 に以下のカテゴリに投稿されました ごはん.

この記事のタグ

, , , , , , , , , , ,


今年もやってきました!AKOMEYA TOKYO「新米祭り」開催!

少し前からだけれど、今年の新米が、店頭に並んでいますね。

大体10キロだと3000円ぐらいからあると思うのだけれど、う~ん。

色々と食べては見たけれど、上を見ると、きりがないので、大体3500円ぐらいのを買うことが多いかな?

いろいろな産地のものを買うけれど、3000円と3500円だと、明らかにお味も違うような気がする。

今年もやってきました!AKOMEYA TOKYO「新米祭り」開催!
開催期間:10月18日(金)~ 11月21日(木)
株式会社サザビーリーグ

一杯の炊き立てのご飯から、つながり広がる幸せ。一年に一度の、新米の季節となりました。 AKOMEYA TOKYOは全国から厳選されたお米と、お米をおいしく食べるためのご飯のお供、新米の食卓を豊かに彩る器を揃えています。 ぜひAKOMEYA TOKYOで新米をおたのしみください。

AKOMEYA TOKYO「新米祭り」

AKOMEYA TOKYO「新米祭り」

全国津々浦々から選りすぐりの新米が集結
今年もAKOMEYA TOKYOが自信をもっておすすめする新米が揃いました。それぞれのライフスタイルや好みに合わせて新米を選ぶ楽しさを、ぜひご体感ください。

全国津々浦々から選りすぐりの新米が集結

全国津々浦々から選りすぐりの新米が集結

<特設ページ>
https://www.akomeya.jp/shop/pg/1shinmaimatsuri2019/

AKOMEYA TOKYO一押しのお米

AKOMEYA TOKYO一押しのお米

AKOMEYA TOKYO一押しのお米

「石川県能美市産 ひゃくまん穀」、「山形県南陽市産 黒澤ファーム つや姫」、「特別栽培米 長野県中野市産 小柳農園 風さやか」、「出雲國ご奉納 島根県飯南町産コシヒカリ」などなど、今年も全国から厳選した26種がそろいます。

石川県能美市産 ひゃくまん穀

石川県能美市産 ひゃくまん穀

石川県能美市産 ひゃくまん穀

加賀の豊かな自然と、加賀百万石の伝統が育んだ食文化。食の宝庫・石川県の風土から生まれた、大粒で「ひと粒ひと粒の粒感」と「粘り」のバランスがとれたしっかりとした食べごたえのあるお米です。冷めてももっちりとした食感と美味しさが保たれるので、おにぎり・お弁当にオススメです。

ご飯のお供
そのまま食べてもおいしい新米。ご飯のお供があれば、もっとおいしくたのしめます。 鯖缶詰やふりかけなど、それだけでごちそうになるご飯のお供を多数ご用意しました。

鯖味付缶詰

鯖味付缶詰

魚の加工として有名な福井県小浜で作られている鯖缶。ノルウェーの漁場で漁獲された、一年で一番脂の乗った鯖が原料。良質な鯖のおいしさを、鮮度を落とさず、ぎゅっと閉じ込めています。

鯖味付缶詰 ¥600

ごま和え胡麻(無添加)

ごま和え胡麻(無添加)

胡麻とアーモンドを組み合わせたふりかけ。さば節としょうゆの味付けが香ばしく、ご飯にもサラダにも合う、万能ふりかけ。無添加でちょっとしたトッピングにもオススメです。

ごま和え胡麻(無添加) ¥1,300

国産もち麦金山寺みそ

国産もち麦金山寺みそ

国産大麦主原料、国産もち麦を加えたお味噌。大麦、大豆の粒感に加え、もち麦のもっちり食感が決め手。季節の野菜に添えたり、ごはんのお供としてご賞味ください。

国産もち麦金山寺みそ ¥700

鯛山椒/鯛生姜

鯛山椒/鯛生姜

瀬戸内の天然真鯛を使用したご飯のお供。鯛の旨味と実山椒や生姜がピリリと効いたご飯がすすむ味。お茶漬けにもおすすめです。

鯛山椒/鯛生姜 ¥860

炊き込みご飯
新米のうまみを引き立てる、だしの効いた炊き込みご飯。 土鍋で炊き込んで、そのまま食卓へ。おいしい湯気も一緒に召し上がれ。

炊き込みご飯

炊き込みご飯

瀬戸内鯛めし/瀬戸内蛸めし

瀬戸内鯛めし/瀬戸内蛸めし

瀬戸内の鯛、蛸、そして愛媛ならではの松山揚げを使用したご飯の素。お米2合に加えて炊くだけで手軽に楽しめる本格の味。

瀬戸内鯛めし/瀬戸内蛸めし ¥1,200

新米をもっとおいしくする道具

新米をもっとおいしくする道具

新米をもっとおいしくする道具

信楽の荒い土肌を感じられる炊飯用土鍋。火にかけて約15分、蒸らして約15分で炊き上がる簡単さも魅力。
信楽焼ごはん鍋 1~3合 ¥12,000

三川内焼 赤土黒釉 飯碗

三川内焼 赤土黒釉 飯碗

400年以上の歴史がある三川内焼、生活食器にこだわって作陶し続ける東原窯に作っていただいた飯碗です。人の手にしっくりと馴染む大きさと器の角度、持ち易い形状、薄くて軽い飯椀は、毎日の食卓におすすめです。

三川内焼 赤土黒釉 飯碗 ¥1,600

AKOMEYA TOKYO 大舘秋田杉曲げわっぱ弁当箱

AKOMEYA TOKYO 大舘秋田杉曲げわっぱ弁当箱

秋田県大館市の伝統工芸士・成田敏美氏による、秋田杉のお弁当箱。サイズにこだわり、ごはんを潰さずふんわり入れられるように、深い形に仕上げました。取り扱いがしやすいよう、ウレタン塗装を施しています。

AKOMEYA TOKYO 大舘秋田杉曲げわっぱ弁当箱
板蓋 ¥8,000 / 共蓋 ¥11,000

増田桐箱×AKOMEYA TOYO  米びつ 5kg

増田桐箱×AKOMEYA TOYO 米びつ 5kg

お米の保存に適した防腐、防虫の効果がある桐材で作られた米びつ。蓋がスライド式なので米袋をそのまま入れられて便利。金具を一切使わずにつくられおり、安心してお使いいただけます。

増田桐箱×AKOMEYA TOYO  米びつ 5kg ¥6,800

AKOMEYA厨房・弁当・茶屋
一年に一度の新米を「AKOMEYA厨房」「AKOMEYA弁当」「AKOMEYA茶屋」で味わってみてはいかがでしょうか。AKOMEYA TOKYOならではの、おいしい新米を召し上がっていただけるメニューを期間限定でご用意しております。この季節だけの贅沢な味わいをぜひお試しください。

AKOMEYA厨房・弁当・茶屋

AKOMEYA厨房・弁当・茶屋

<AKOMEYA厨房> ~ 新米 2品種食べ比べ ~
AKOMEYA厨房 銀座本店と神楽坂の両店では、フェア期間中のお昼の時間にお食事をご利用のお客様へ炊き立ての新米2品種がお試しいただけるセット(+100円)をご提供いたします。 特徴の異なる2つの新米の味わいをお楽しみください。
お昼の時間:【銀座本店】11:00-14:00 【神楽坂】11:00-15:30

<AKOMEYA弁当>  ~ 新米4種の食べ比べおにぎり弁当 販売 ~
AKOMEYA TOKYO 丸の内ビルディング内の「AKOMEYA弁当」では、特徴の異なる新米4種類が食べ比べできるおにぎり弁当を販売します。店内の羽釜で丁寧に炊き上げた新米おにぎりの食べ比べをお楽しみください。
[販売価格] 食べ比べおにぎり弁当 420円
[販売時間] 11:00~ 無くなり次第終了

<AKOMEYA茶屋> ~ おにぎりBAR 開催 ~
AKOMEYA TOKYO in lakagu内「AKOMEYA茶屋」では、 フェア期間中の土日祝日限定で新米で握るおにぎりBARを開催。新米におすすめのごはんのお供を具材にしたおにぎりを6~8種類の他、 アコメヤのあご出汁スープがたのしめるセットもご用意。
[開催日時]   期間中の土日祝
10月(19日,20日,22日,26日,27日)
11月(2日,3日,4日,9日,10日,16日,17日)
[メニュー]
おにぎり 各180円~    アコメヤの出汁「あご」スープ単品 150円  など

お米を知る、ワークショップ「利きの会」開催
新米のおいしい炊き方実演やお米に関する基礎知識を知り、味わいの違いを食べ比べいただけるイベント「利きの会」を開催します。

お米を知る、ワークショップ「利きの会」開催

お米を知る、ワークショップ「利きの会」開催

<AKOMEYA TOKYO 銀座本店の利きの会>
「おいしいお米の基礎と知識を知る~新米編~」 お米の基礎知識についてのお話、土鍋での新米の炊き方の実演、お米の品種食べ比べの他、 新米とおすすめのお供や調味料を使用した小鉢4品を味わえるお食事をご用意。

[開催日] 2019年11月6日(水)、7日(木) 16:00~17:30
[定員] 20名 [参加費] 3,000円(お食事付き)  ※お食事(新米、小鉢4品、味噌汁、デザート)

<AKOMEYA TOKYO in la kagūの利きの会>
「お米の品種編 新米フェア特別回~新米と長野を味わう~ 」風さやかの生産者、小柳農園の新井康寛氏をお招きしお米の基礎知識や炊き方実演の他、4種の食べ比べや、長野の食材を取り入れた小鉢4品を味わえるお食事もご用意。お土産に新米3合パックもお持ち帰りいただけます。

[開催日] 2019年11月11日(月) 19:00~21:00
[定員] 20名 [参加費] 4,800円(お食事、新米3合パック付)
※お食事(食前酒、新米、小鉢4品、アコメヤの出汁椀、デザート)

AKOMEYA TOKYO in la kagū 新米祭りイベント

AKOMEYA TOKYO in la kagū 新米祭りイベント

AKOMEYA TOKYO in la kagū 新米祭りイベント

AKOMEYA TOKYO in la kagūでは「新米祭り」にあわせて、柴田慶信商店さんによる曲げわっぱ作りのワークショップや農家さんによる新米の食べ比べ、人気料理家の先生による料理教室など、多数イベントを開催します!
是非チェックしてみてください。

<AKOMEYA TOKYO in kagū イベント>
https://www.akomeya.jp/shop/pc/0inlakagu/

■特設ページ
https://www.akomeya.jp/shop/pg/1shinmaimatsuri2019/

■店舗情報
SHOP LIST:https://www.akomeya.jp/store_info/store/list.aspx

■AKOMEYA TOKYO 各種公式ページ
HP    : https://www.akomeya.jp/
Instagram : https://www.instagram.com/akomeya_tokyo/
LINE@    : https://page.line.me/akomeya-tokyo
Facebook : https://www.facebook.com/akomeya.jp

■会社概要
会社名 : 株式会社サザビーリーグ
所在地 : 〒151-0062 東京都渋谷区元代々木町49-13
代表者 : 代表取締役社長 角田 良太
創業  : 1972年4月
設立  : 2010年8月
事業内容: 衣食住ブランドを運営する企業グループの持株会社ならびに衣食住ブランドの企画、販売及び卸売業等
URL   : http://www.sazaby-league.co.jp/

以上

でも、なんかとても残念というか、なんでそうなってるのかホントのことが知りたいのだけれど、東北(福島や宮城)が産地とされているお米は、少し安く売られているように見えるんだな。

売れないから?

たしかに自分の体の中に入るものではあるが、アレのせいなら非常に悲しいことではありますね。


コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。