イーキャンパー  キャンプをもっと楽しもう!

インフォメーション

この記事は 2020年05月02日 に以下のカテゴリに投稿されました くるま.

この記事のタグ

, , , , , , , , , , , ,


【JAF大阪】タイヤに関する依頼は5年間で2割増!運転前にはタイヤの状態を確認し、外出先でのトラブルを回避しましょう

いつもよりは少しゆっくり目だったようにも思うけれど、先日スタッドレスから夏用タイヤに交換しました。

バッチリですよ!

ちゃんとトルクレンチで最適値に設定して締めといたし、その後はちゃんとエア入れて、空気圧も適正値よりも、ちょい上にしといた。

でも、そろそろ交換した方のスタッドレスタイヤは、交換時期だなぁ。

山は十分に有るのだけれど、ひび割れが出てきてる。

そんなタイヤのトラブルが増えていて、JAF への依頼も増えているとのことなのです。

【JAF大阪】タイヤに関する依頼は5年間で2割増!運転前にはタイヤの状態を確認し、外出先でのトラブルを回避しましょう
一般社団法人 日本自動車連盟(JAF)【地方】

JAF(一般社団法人日本自動車連盟)大阪支部(支部長 白土貴久)は、昨年度の大阪府内のタイヤのトラブルに関するロードサービス救援件数を公開しました。近年、JAFではタイヤに関する救援要請が増加しています。緊急事態宣言に伴い外出自粛を呼び掛けられていますが、クルマを利用する際には事前にタイヤの状態を確認することで、トラブルなくクルマを利用していただければと考えています。

ロードサービス件数に占めるタイヤのトラブルに関する救援件数と構成比の推移

ロードサービス件数に占めるタイヤのトラブルに関する救援件数と構成比の推移

■ タイヤのトラブルに関するロードサービス件数は5年間で2割増!
近年、JAFではタイヤのトラブルに関する要請が増加しています。2019年度には2015年度と比べて78,059件増の412,164件(2015年度比123.36%)の要請がありました。また、ロードサービス全体に占めるタイヤのトラブル関連の割合も増加しております。大阪府内でも2015年度から4,776件増で35,270件(2015年度比115.66%)のタイヤのトラブルに関する要請がありました。

ロードサービス救援要請(全国)の構成比の推移

ロードサービス救援要請(全国)の構成比の推移

また、2017年にJAFが実施した「タイヤのパンクに関するアンケート調査」では、月に1回以上タイヤの確認をしている人は27.4%のみでした。安全にクルマを利用するためにも、1ヶ月に1回以上はクルマを点検する必要があります。

①タイヤのパンクに関するアンケート調査
https://jaf.or.jp/-/media/1/2590/2662/2679/2680/201702_tire-enquete.pdf

■ ロードサービス隊直伝! 3つのチェックポイント

ロードサービス隊直伝! 3つのチェックポイント

ロードサービス隊直伝! 3つのチェックポイント

■ 空気圧不足が原因でタイヤがバーストすることも!?
空気圧が低いとタイヤがたわみやすく、スタンディングウェーブ現象※が起こりやすくなります。タイヤがたわむと熱を持ち、内部のベルトとゴムが剥離することや、コードと呼ばれる繊維が損傷し、バースト(破裂)につながる危険があります。空気圧不足のタイヤで長時間走行すると法定速度内でもバーストする可能性があるので、日頃からタイヤの点検をおこない安全なドライブを心がけてください。

※スタンディングウェーブ現象
空気圧が低いタイヤで高速走行を続けると、タイヤ接地面より後ろ側が波打つように変形する現象のこと。連続したたわみでタイヤが発熱し、最後にはバーストを起こす。

タイヤの空気圧を確認するロードサービス隊員

タイヤの空気圧を確認するロードサービス隊員

②クルマ何でも質問箱「タイヤの空気圧点検と充填方法」
http://qa.jaf.or.jp/check/daily/01.htm
③JAFユーザーテスト「空気圧不足でも起きるタイヤのバースト」
https://jaf.or.jp/common/safety-drive/car-learning/user-test/tire/burst

■ タイヤの溝がないと真っ直ぐ走れない!?
タイヤの安全性を図る基準の一つに溝の深さがあります。タイヤの溝が浅くなると、雨天時などにスリップしやすくなり危険です。
スリップサインと呼ばれる三角形のマークがタイヤに出てきたら交換時期の目安です。また、溝の深さが1.6㎜未満のタイヤは法律で車検を通すことができません。走行前にはタイヤの溝に異物が挟まっていないか見るだけでなく、スリップサインにも注意してください。

■ タイヤの経年劣化も事故のもと!
タイヤの空気圧や溝の深さに問題が無くても、油断はできません。例えば、ゴムでできたタイヤは長年使用することで硬化・ひび割れを起こす可能性があります。そのようなタイヤも運転するうえではスリップやバーストの危険性がありますので、十分に気を付けてください。

大阪府では現在、緊急事態宣言が発令されています。外出する機会は多くないと思いますが、クルマやバイクを運転される際には、タイヤの状態確認と共に、ご自身の体調にも十分ご注意ください。

以上

例年だとGW(連休)前に、チェックを依頼する人も、多いのかもね。

でも、今年は少し違うから、忘れちゃう人もいるかも?

これ、危ないので、適切に自分で維持するか、専門の人に見てもらったほうが良いのかもしれません。

でも、テレビで、新幹線や高速道路の状況を見ると、みんな(驚くほど)自粛しているのがわかりますね。

引き続き、もう少し頑張りましょう!


コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。