イーキャンパー  キャンプをもっと楽しもう!

インフォメーション

この記事は 2021年01月10日 に以下のカテゴリに投稿されました 登山.

この記事のタグ

, , , , , , , , , , ,


世界初!Apple Watchで登山専用の文字盤機能をリリース!

Apple Watch 使っている、山登りする方には、朗報!

ありそうでなかった、Apple Watch 用登山専用フェイスが登場しましたよ。

世界初ってことなのだけれど、確かに見たことはなかった(かも)。

ヤマレコと一緒に使うと、必要でかつ重要な情報が表示されます。

世界初!Apple Watchで登山専用の文字盤機能をリリース!
「Apple Watch + ヤマレコ」で登山の新しい体験をお届けします!
株式会社ヤマレコ

登山用のSNS、地図アプリを提供しているヤマレコは、Apple Watchの文字盤上で登山の状況を確認できる「コンプリケーション」を新たに公開しました。

ヤマレコのコンプリケーションを使うと、登山中に腕を傾けてApple Watchを見るだけで、現在のペース、標高グラフ、予想通過時刻、予想下山時刻、予定の進行状況を確認することができます。

これまでに提供している、スマートフォンの地図アプリの登山計画機能や、Apple Watchの登山地図アプリと組み合わせることで、より正確に登山の状況を把握し、安全に登山を進める事ができるようになります。
株式会社ヤマレコ(本社:長野県松本市、代表取締役:的場一峰)が提供している、
登山地図アプリ「ヤマレコ」は国内で唯一Apple Watchに対応した登山地図アプリです。

ヤマレコはこの度、新たにApple Watchの文字盤(ウォッチフェイス)で登山の状況を表示できるコンプリケーションをリリースしました。

Apple Watchの文字盤 コンプリケーションを自由に設定できる

Apple Watchの文字盤 コンプリケーションを自由に設定できる

コンプリケーションはApple Watchの文字盤にiPhoneアプリからの情報を表示できる機能です。

ヤマレコは、このコンプリケーションを自由に組み合わせて登山の状況を文字盤に表示できるようにしました。

アプリが起動すると、アプリ画面が表示され、リューズを押すと文字盤に戻る

アプリが起動すると、アプリ画面が表示され、リューズを押すと文字盤に戻る

文字盤はアプリが前面に起動していない時に、Apple Watchに表示される画面です。
アプリが前面に立ち上がっているときは「リューズ(デジタルクラウン)」を押すことで文字盤に戻すことができます。

世界初!Apple Watchで登山専用の文字盤機能をリリース!

世界初!Apple Watchで登山専用の文字盤機能をリリース!

ヤマレコがリリースしたコンプリケーションを文字盤に入れれば、アプリが前面で起動していなくても、登山中に知りたい「標高グラフ」「歩くペース」「次のポイントの予想通過時刻」「予想下山時刻」「予定の進行状況(%)」を表示できるようになります。

世界初!Apple Watchで登山専用の文字盤機能をリリース!

世界初!Apple Watchで登山専用の文字盤機能をリリース!

Apple Watchで複数のコンプリケーションを組み合わせる機能は、2020年秋にApple社がリリースしたWatchOS7で新しく追加された機能です。
しかし、これまでApple Watchに対応している、世界で主要な登山アプリ(Alltrails, Gaia GPS, Outdooractive, Topo Maps+, Komootなど)は、コンプリケーションで登山の状況を表示する機能には未対応でした。

今回リリースした、複数のコンプリケーションを組み合わせて、文字盤上で登山の状況を表示できる機能は、世界初の機能です。(当社調べ)

アプリを起動しても、しなくても登山の状況がわかる

アプリを起動しても、しなくても登山の状況がわかる

登山中、上記のようにコンプリケーションを組み合わせ、文字盤に登山の状況を表示させれば、Apple Watchを登山専用の時計として使えるようになります。

Apple Watchで利用できるヤマレコのコンプリケーションは以下の6つです。

※今回はアプリアイコン以外の5つを新たに追加

  1. 標高グラフ
  2. 歩くペース
  3. 予想通過時刻
  4. 予想下山時刻
  5. 予定の進行状況(%)
  6. アプリアイコン

1.標高グラフ

標高グラフ

標高グラフ

青が予定ルートの標高グラフ、ピンクが実際に歩いている標高グラフ、青○で現在地を表示します。
予定ルートをあらかじめ登録しておけば、これからどのくらい登るのかを知ることができます。

2.歩くペース

歩くペース

歩くペース

歩くペースは標準的なコースタイムを1.0としたときに、今そのタイムの何倍で歩いているのかを表示します。
数字が小さいほど歩くペースは速く、数字が大きいほど歩くペースは遅いことを意味します。
自分にあった登山のペースを知ることで、無理をしない登山を計画できるようになります。

3.予想通過時刻

予想通過時刻

予想通過時刻

予定ルートを登録して登山を開始すると、現在の歩行ペースをもとに、次の経由地(山頂や分岐など)の予想通過時刻を表示します。
大きなサイズのコンプリケーションでは、下山予想時刻も合わせて表示します。

4.予想下山時刻

予想下山時刻

予想下山時刻

予定ルートを登録して登山を開始すると、現在の歩行ペースをもとに、ゴール地点に到着する予想時刻を表示します。

5.予定の進行状況

予定の進行状況

予定の進行状況

予定ルートを登録して登山を開始すると、水平移動距離で予定の何%歩いたかを表示します。

6.アプリアイコン

アプリアイコン

アプリアイコン

ヤマレコアプリを起動させるコンプリケーションです。

iPhoneとApple Watchは連携してコンプリケーションを表示しています。

  1. iPhoneのGPSを使って位置情報を定期的に取得し、情報を分析した結果をAppleWatchに転送する。
  2. Apple Watchで分析結果をコンプリケーションに表示する。

この連携によりAppleWatchの消費電力を最小限に抑えたまま、登山に必要な情報を提供できます。

iPhoneとApple Watchは連携してコンプリケーションを表示しています

iPhoneとApple Watchは連携してコンプリケーションを表示しています

iPhoneで「予定ルート」を作っておくことで、Apple Watch +ヤマレコ の機能を最大限活用できるようになります。

iPhoneで「予定ルート」を作っておくことで、Apple Watch +ヤマレコ の機能を最大限活用できるようになります

iPhoneで「予定ルート」を作っておくことで、Apple Watch +ヤマレコ の機能を最大限活用できるようになります

予定ルートが「ある場合」と「ない場合」のコンプリケーションの表示可否

ヤマレコではスマートフォンアプリでもかんたんに予定ルートを作る仕組み「らくルート」を提供しています。
<手動でも、自動でもルートが簡単に引け、時間も自動計算で分かる!

新しい登山計画機能「らくルート」を公開>
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000011.000012267.html

らくルートの画面 ○をクリックしていくだけで、ルートが引けます

らくルートの画面 ○をクリックしていくだけで、ルートが引けます

登山をはじめる前、この「らくルート」で作った予定ルートをAppleWatchに転送し、地図と合わせて保存しておきます。
それだけで、登山中にスマホを取り出す事なく、電波の届かない山の中で地図を確認したり、予定ルートから外れたら音声と振動で警告を受け取れたり、今回のコンプリケーション機能で状況を確認することができます。

雨や雪や風などが厳しい時、岩場がきつい時、下山遅れで暗くなってきた時、疲れている時…
このような過酷な状況な時ほど心理的な余裕がないため、地図アプリでの状況確認が遅れて遭難につながりやすくなります。
Apple Watch+ヤマレコを使えば、iPhoneを取り出しにくい場合でも、現在の状況を気軽に確認できて、道迷いや下山遅れなど山岳遭難に繋がる危険を回避し、より安全に楽しく登山ができるようになります。

Apple Watchをお持ちでしたら、登山で「Apple Watch + ヤマレコ」を是非ご利用ください!
登山での新しい体験をお届けできます!

【文字盤のサンプル】

今回のリリースに伴い、登山専用のApple Watchの文字盤のモデルパターンを作成いたしました。
https://www.yamareco.com/guide/guide_watch/complication/

文字盤のサンプル

文字盤のサンプル

Apple WatchとペアリングをしているiPhoneで上記のページを開き、各文字盤のリンクをタップし、「マイ文字盤に追加」をタップすると文字盤をご利用いただけます。

ヤマレコは2020年10月に15周年を迎えました。「一人ひとりの登山を最高の体験に」というミッションを掲げ、登山の体験をよりよくするサービスを提供し続けています。

今後もIT技術を最大限に活用して、多くの方の登山をより安全に、より楽しいものにしていきます。

■「ヤマレコ」の主な特徴事前に地図をダウンロードしておくことで、電波がつながらない山の中でも地図を確認し現在地がわかる。
現在地、予定ルート、歩いた軌跡、「みんなの足跡」を確認できる。
計画したルートから外れると, 音と振動で警告する。
国内の登山では国土地理院の地形図、海外の登山ではOpen Topo Mapを利用できる。

■料金についてiOSアプリ、Android「ヤマレコ」のダウンロードは無料。(一部機能に制限あり。プレミアムプラン1年間4900円)
Apple Watch版アプリのダウンロードは無料。(無料ユーザーは1地図まで プレミアムプランユーザーは無制限)

■参考URL
アプリ「ヤマレコ」
https://www.yamareco.com/yamarecomap/
ヤマレコ「Apple Watch」使い方マニュアル
https://www.yamareco.com/guide/guide_watch/
ヤマレコ使い方マニュアル コンプリケーションについて(文字盤モデルパターン)
https://www.yamareco.com/guide/guide_watch/complication/

■参考プレスリリース
【日本初!】Apple Watch 対応の登山地図アプリ「ヤマレコMAP」をリリース!
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000012267.html 
手動でも、自動でもルートが簡単に引け、時間も自動計算で分かる!
新しい登山計画機能「らくルート」を公開
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000011.000012267.html

■本プレスリリースのダウンロード
https://prtimes.jp/a/?f=d12267-20210103-4983.pdf

【会社概要】
社名: 株式会社ヤマレコ
代表者 : 的場 一峰
設立 : 2013年7月
本社 : 〒390-0828 長野県松本市庄内1-8-12
事業内容: 登山専用SNSサイト運営
URL : https://yamareco.co.jp/

以上

非常に強力な感じがしますね。

ただし iPhone と Apple Watch の組み合わせでないと使えない。

持っている人には非常に良いアプリだと思うのですが、その点は非常に残念です。


コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。