イーキャンパー  キャンプをもっと楽しもう!

インフォメーション

この記事は 2022年03月31日 に以下のカテゴリに投稿されました その他.

この記事のタグ

, , , , , , , , ,


この3年間のアウトドアスポーツ実施率は25% 人気は、「釣り」「サイクリング」「登山・トレイルランニング」

陽気も暖かくなりつつあって、蔓延防止措置も全面解除ですものね。

さぁ、お出かけだ!って方も多いかも。

でも、お家にこもっていて、いきなりだと何してよいか?って迷ってしまうかも。

どうやら最近のトレンドは、こんな感じのようですよ。

この3年間のアウトドアスポーツ実施率は25% 人気は、「釣り」「サイクリング」「登山・トレイルランニング」
-アウトドアに関する調査(2022年)アウトドアスポーツ編-
株式会社クロス・マーケティング

株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、全国47都道府県に在住する20~69歳の男女5,000人を対象に「アウトドアに関する調査(2022年)」を実施しました。今回はアウトドアスポーツの種類別に、実施率、実施目的や理由、頻度、今後の意向などを聴取し、分析しました。

アウトドアに関する調査(2022年)アウトドアスポーツ編

アウトドアに関する調査(2022年)アウトドアスポーツ編

■調査結果

【アウトドアスポーツ実施率】
アウトドアスポーツの実施経験者は59%、直近3年以内は25%、1年以内は19%である。直近3年以内の実施率のTOP5は、「釣り」「サイクリング」「登山・トレイルランニング」「トレッキング・ハイキング」「スキー」。温暖化の影響もありウインタースポーツ人口の減少はかねてよりみられていたが、「スキー」の経験者は38%から、直近1年以内の実施が2%と減少が顕著であった。いずれもアウトドアスポーツ実施率は男性で高い。年代別のアウトドアスポーツ直近3年以内実施率のTOPは、20代で「スノーボード」、30~50代は「釣り」、60代は「トレッキング・ハイキング」。<図1>

アウトドアに関する調査(2022年)アウトドアスポーツ編

アウトドアに関する調査(2022年)アウトドアスポーツ編

【実施理由と実施して良かったこと】
3年以内に実施したアウトドアスポーツの種別ごとに実施理由や実施して良かったことを聴取した。実施理由は「自然の中で過ごす」「気分転換」「健康」が全般的に高い。特に「自然の中で過ごす」は、トレッキング・ハイキング、登山・トレイルランニング、釣りの実施者、「健康」はサイクリング実施者で高い傾向にある。実施して良かったことは、全種別で「気分転換ができた」が最も高く、次いで釣りを除く種類で「体力がついた」であった。<図2、3>

アウトドアに関する調査(2022年)アウトドアスポーツ編

アウトドアに関する調査(2022年)アウトドアスポーツ編

アウトドアに関する調査(2022年)アウトドアスポーツ編

アウトドアに関する調査(2022年)アウトドアスポーツ編

【実施頻度と意向・情報収集源】
実施頻度が最も多いのは「サイクリング」であり、”月に1回以上の実施者”は6割を占める。次いで多いのは「釣り」「トレッキング・ハイキング」。”今後増やしていきたい”アウトドアスポーツは、「トレッキング・ハイキング」「サイクリング」「スノーボード」において4割を超える。<図4>

アウトドアに関する調査(2022年)アウトドアスポーツ編

アウトドアに関する調査(2022年)アウトドアスポーツ編

情報収集源は、「友人・知人」「インターネット上の記事」「お店やメーカーのHP」「アウトドア用品店の店員」「SNS、ブログ」「インターネット上の口コミ」が上位である。<図5>

アウトドアに関する調査(2022年)アウトドアスポーツ編

アウトドアに関する調査(2022年)アウトドアスポーツ編

■レポート項目一覧
□ 属性設問 (性別/年齢/未既婚/同居家族/居住地/職業)

▼調査結果詳細
□アウトドアスポーツ経験(過去/直近3年/直近1年)
□アウトドアスポーツ実施頻度
□アウトドアスポーツ一緒に行う人□アウトドアスポーツを始めた時期
□アウトドアスポーツをする理由
□アウトドアスポーツをして良かったこと
□アウトドアスポーツに年間にかける金額
□アウトドアスポーツの今後の実施頻度
□アウトドアスポーツをする際の交通手段
□アウトドアスポーツ・キャンプに関する参考情報

◆レポートのダウンロードはこちらから
https://www.cross-m.co.jp/report/sports/20220318outdoor/

■調査概要
調査手法 :インターネットリサーチ
調査地域 :全国47都道府県
調査対象 :20~69歳の男女
調査期間 :2022年3月8日(火)~3月14日(月)
有効回答数:本調査5,000サンプル
※調査結果は、端数処理のため構成比が100%にならない場合があります

アウトドアスポーツの種別は、厚生労働省のホームページを参考として聴取
・海(マリンスポーツ)
・水上(カヌー・カヤック・釣り・水泳・ラフティングなど)
・雪上(スキー・スノーボード・ノルディックスキー・スノーモービルなど)
・屋外全般(サイクリング・ランニング・ハイキング・モトクロスなど)
・山(登山・トレッキング・ロッククライミング・フリークライミングなど)
・空中(スカイダイビング・パラグライダー・グライダーなど)

■会社概要
会社名 : 株式会社クロス・マーケティング http://www.cross-m.co.jp/
所在地 : 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー24F
設立 : 2003年4月1日
代表者 : 代表取締役社長兼CEO 五十嵐 幹
事業内容: マーケティングリサーチ事業

以上

なんとなく予想の通りという感じもしますね。

釣りは時々やるのだけれど、釣り公園とかも、激混みだし。

ヨーロッパ諸国ではオミクロンの BA2 が猛威をふるい始めているということで、どうやら規制緩和が早すぎたという意見もあるみたい。

日本も同じようにならないように感染対策は厳重にしてお出かけしてくださいね。


コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。