イーキャンパー  キャンプをもっと楽しもう!

インフォメーション

この記事は 2022年10月17日 に以下のカテゴリに投稿されました アパレル.

この記事のタグ

, , , , , , , ,


「ティッシュペーパー並みの極薄生地から生まれた最軽量級レインコート」の販売について

ゴアテックス買っとけば、問題ない。

って、今でもそうではあるのだけれど、繊維もねぇ。

色々と進化しているみたいですよ。

こちらは、ユニチカが開発したという、高性能登山用のレインウエアに相当する機能を実現した、超薄い繊維で作られたレインコートだそうです。

やっぱりお高いのでしょうねぇと思ってみていたら、まずまずって感じであるんだけど、ちょい高めって感じでしょうか?

「ティッシュペーパー並みの極薄生地から生まれた最軽量級レインコート」の販売について
ユニチカ株式会社

ユニチカトレーディング株式会社(以下 ユニチカトレーディング)は、2022年10月7日(金)より日本最大級の応援購入サービス「Makuake(マクアケ)」にて「ティッシュペーパー並みの極薄生地から生まれた最軽量級レインコート」プロジェクトを公開し、オリジナルレインコートの先行販売を開始します。
ユニチカトレーディング独自の極薄撥水素材「Celtech」を使用することで、スマートフォンよりも軽く、折り畳み傘並のコンパクトサイズに収納できるオリジナルレインコートが完成しました。

ティッシュペーパー並みの極薄生地から生まれた最軽量級レインコート

ティッシュペーパー並みの極薄生地から生まれた最軽量級レインコート

1. レインコートの特長
(1)透けるような薄さと軽さ。限界を追求した「最軽量級素材」
髪の毛の約1/6という細い糸を使用した透けるような薄く軽い生地に、透湿防水フィルムを貼り合わせることで、薄さ0.15mmの極薄撥水生地の製造が実現しました。
このような生地を作ることができる工場は、日本に数えるほどしかありません。技術を結集させることにより、重量170gという軽量レインコートを完成させることができました。

(2)高機能登山用レインウエアに匹敵。高レベルの「防水・透湿性能」
軽やかな着用感ながら耐水圧は20,000mm、これは長時間の激しい雨に耐えられる高性能登山用レインウエアに匹敵する性能です。
さらに透湿性は30,000g/㎡/24h※を実現しました。外からの水の侵入は抑え内側からの湿気(ムレ)はしっかりと外に放出します。軽さだけでなく、高い機能性も兼ね備えたレインコートです。
※JIS L 1099 B-1法

(3)折り畳み傘並のコンパクトサイズに。持ち運びやすい「スマート収納」
専用ポーチにさっと収納が可能です。ポーチサイズは8cm×23cm×5cmと折りたたみ傘並のコンパクトさで携帯性にも優れています。より軽く・よりコンパクトなレインコートで、持ち運びのストレスを軽減します。

ティッシュペーパー並みの極薄生地から生まれた最軽量級レインコート

ティッシュペーパー並みの極薄生地から生まれた最軽量級レインコート

2. 「Makuake」プロジェクトのスケジュール
(1)プロジェクト期間:2022年10月7日~2022年11月29日
(2)プロジェクト目標金額:9,405,000円
(3)プロジェクトペーURL:https://www.makuake.com/project/celtech/
(4)商品発送:2023年5月より順次発送予定
(5)製品仕様
「ティッシュペーパー並みの極薄生地から生まれた最軽量級レインコート」
・カラー 1色(グレー)
・サイズ S・M・L
・素材 生地:ナイロン100% ラミネートフィルム:ポリエステル100%
・価格 22,000円(税込)

3.今後の展開について
ユニチカトレーディングは、今後も繊維メーカーとして特色ある素材を使った新しい価値ある商品開発を行い、クラウドファンディングと自社ECサイトを活用して提供していきます。

ティッシュペーパー並みの極薄生地から生まれた最軽量級レインコート

ティッシュペーパー並みの極薄生地から生まれた最軽量級レインコート

以上

クラウドファンディングで支援を募っていますけれど、目標金額が高く設定されているので、どうかなぁな感じですねぇ。

すごく良さそうとは思うのだけれど、やっぱり見た感じだけだと難しいかも。

どちらかというと、それこそレインウエアじゃぁダメだったのでしょうかねぇ?

良さがみんなに知れ渡らないと、難しいかもしれませんね。


コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。